ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

ドコモ、2年契約の「ファミ割MAX」「ひとりでも割引」

 NTTドコモは、2年間の継続契約を前提にした新たな割引サービス「ファミ割MAX」「ひとりでも割引」を発表した。どちらも8月22日から受付を開始する。


 「ファミ割MAX」は、家族向け割引サービスの「ファミリー割引」を利用するユーザーに対して提供される2年契約の新割引サービス。ファミリー割引グループ内で最も利用期間が長いユーザーの割引率が適用される。

 たとえば、家族内で父親が11年目、母親が6年目、子供が1年目の場合、ファミリー割引の割引率は一律25%だが、利用期間によって「いちねん割引」や「(新)いちねん割引」の割引率が異なり、新いちねん割引の場合で計算すると「父親は50%割引、母親は43%割引、子供は35%割引」という形になっていた。今回発表された「ファミ割MAX」を契約すると、2年間の継続利用が条件となる一方、子供や母親の割引率が父親と同じ50%として計算される。



 ファミ割MAXの契約は、1人1人が行なう形となり、先述したケースでは子供が申し込み、母親自身が手続きしていなければ、ファミ割MAXの適用は子供の回線のみになる。代表者などが一括手続きすることはできない。また、最も契約期間が長い父親はファミ割MAXに申し込めない。なお、Webサイト「My DoCoMo」から9月30日までに申し込むと、ドコモポイントが100ポイント付与される。

 ファミリー割引グループ内で最も利用期間が長い人と同様に、ファミ割MAXの適用対象外となるのは、契約期間が10年以上のユーザー、中学生以下と60歳以上のユーザーやハーティ割引対象者に提供している料金プラン「ファミリーワイド」「ファミリーワイドリミット」のユーザー。また法人名義の回線も対象外。割引サービスのうち、「いちねん割引」「(新)いちねん割引」「継続利用割引」「ハーティ割引」とは重複契約できない。またドコモに契約して1年目のユーザーだけで構成されるファミリー割引グループの場合は、ファミ割MAXに申し込めない。


ファミ割MAXの割引率そのものは、従来のファミリー割引と同じ
ファミ割MAXの割引率そのものは、従来のファミリー割引と同じ

 契約期間が2年間となっているが、契約期間満了後は自動更新となる。更新したくない場合は、契約期間満了の翌月中に解約手続きを行なわなければならない。また、途中で解約すると、解約金9,975円が必要となる。なお、「(新)いちねん割引」などから乗り換える場合は、「(新)いちねん割引」の解約料は発生しない。逆に「ファミ割MAX」から「(新)いちねん割引」に乗り換える場合は解約金が発生する。

 8月22日からファミ割MAXの申込受付が開始され、9月1日から提供が開始される。請求書には「ファミリー割引 25%」「ファミ割MAX 25%」という形で、割引率が表記される。

 同社によれば、ファミリー割引の利用者は同社ユーザーの7割を超えており、ファミ割MAXのようなサービスが提供されるのは国内初という。


ひとりでも割引

 同時に発表された「ひとりでも割引」は、その名の通り、2年契約することで1人契約のユーザーでも「ファミリー割引+(新)いちねん割引」と同等以上の割引が適用されるサービス。同様のサービスは、auが「My割」として提供している。

 これまで、ドコモの割引サービスでは、ファミリー割引非適用のユーザーの場合、最大25%割引となっていたが、「ひとりでも割引」を契約すれば37%〜50%という割引率が適用されることになる。「ファミリー割引+(新)いちねん割引」という組み合わせと比較すると、1年目〜3年目のユーザーは「ひとりでも割引」のほうが1%割引率が高くなる。4年目以降は同等の割引率となる。

 FOMAおよびムーバの新料金プランを利用するユーザーが対象となる。「いちねん割引」「(新)いちねん割引」「継続利用割引」「ハーティ割引」とは重複契約できない。また、法人名義の回線や、ファミリー割引ユーザーも利用できない。契約期間満了後は自動更新となっており、解約する場合は契約期間満了の翌月中に手続きを行なう。途中で解約すると、解約金9,975円が必要となる。


ひとりでも割引の割引率
ひとりでも割引の割引率

いちねん割引の解約手続き時期も変更、キャンペーンも実施

 「ファミ割MAX」と「ひとりでも割引」が開始されることにあわせ、「(新)いちねん割引」「いちねん割引」の解約金適用期間が変更される。従来は、1年間の契約が満了した月とその翌月中に手続きを行なえば解約金は発生しなかったが、9月からはその期間が1カ月短くなり、契約満了月の翌月中の手続きのみ解約金が発生しないという形になる。

 ドコモでは、8月31日までの期間限定キャンペーン「探しておトク!キャンペーン★」を実施する。期間中にクイズに回答すると、抽選で海外旅行などがプレゼントされる。



URL
  ニュースリリース
  http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/page/070626_00.html
  重要なお知らせ
  http://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/070626_00.html


(関口 聖)
2007/06/26 16:29

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.