ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

ドコモ、最大10,500円でPC向けの定額データプラン

ロゴ

ロゴ
 NTTドコモは、月額4,200円〜10,500円で、下り最大3.6Mbpsという通信速度でのデータ通信が利用できる新料金プラン「定額データプランHIGH-SPEED」を10月22日に開始する。同社では従来のPHS定額データ通信「@FreeD」の代替となる64kbpsの定額データ通信サービスも同日より提供する。


HSDPA方式で下り最大3.6Mbps

 「定額データプランHIGH-SPEED」は、下り最大3.6Mbps、上り最大384kbpsという通信速度で利用できるデータ通信サービス。HSDPA方式での通信ができ、パソコンに接続した状態で通信しても月額利用料は最大10,500円となる。

 オプションではなく、新たな料金プランとなっており、iモードサービスや音声通話、テレビ電話は利用できない。従って、HSDPA対応の音声端末で新プランを利用する場合は、音声端末用プランに加えて、もう1回線分契約するか、データ通信端末を別途購入することになる。また国際通信やSMS、プッシュトークなどは定額対象外。ファミリー割引などの基本使用料割引や、無料通信分の共有も定額対象外となっている。「ひとりでも割50」「いちねん割引」などの割引サービスと一緒に契約することもできない。

 利用時には、メール送受信やWebブラウジングは可能だが、SkypeのようなVoIPサービス、FTP、Peer to Peer(P2P)、オンラインゲーム、Windows Media Playerは利用できない。映像ストリーミングについては、Flashによる動画配信は利用できるという。

 定額対象となるのは、専用アプリ経由で定額対応アクセスポイントに接続した場合のみ。専用アプリの対応OSは、Windows 2000 SP4以降。Mac OSなど他のOSは非対応となっており、今後の対応スケジュールは未定。

 同社では、定額対応アクセスポイントを利用できるインターネット接続サービス「mopera U U定額HIGH-SPEEDプラン」(月額840円)と、「ビジネスmoperaインターネット(HIGH-SPEED)」(月額630円)を新設する。今回の定額サービスを利用するには、どちらかを契約する必要があり、他のISPについては「今後検討していきたい」としている。

 対象機種は、A2502 HIGH-SPEED、M2501 HIGH-SPEEDのデータ通信専用端末に加えて、N904iなどのHSDPA対応音声端末も含まれる。発表済みで未発売の機種では、L704iやF1100、HT1100でも利用できる。

 このほか、ソニーや富士通から発売されるHSDPA通信モジュール内蔵のパソコン(計4機種)でも利用できる。


定額データプランHIGH-SPEEDの料金

ドコモ初の変動制プラン

ドコモ初の変動制プラン
 料金体系は、ドコモとして初めて変動制が採用された。最低利用料は月額4,200円となっており、50万パケットまでは4,200円で利用できる。50万〜100万パケットは月額4,200円+1パケット0.0126円、100万パケット以上使った場合は、上限の月額10,500円となる。

 たとえば月間の通信量が70万パケットであれば、そのうち50万パケット分は4,200円、残り20万パケットが従量課金となり、200,000パケット×0.0126円で2,520円となる。つまり、70万パケットでは利用料が6,720円かかることになる。

 ちなみに「mopera U」では、画像圧縮などで通信量を抑える「Web圧縮」機能が用意されている。

 同社では、サービス開始にあわせて、より多くのユーザーに利用してもらうことを目的としたキャンペーンを実施する。提供期間は2007年10月22日〜2008年1月31日。期間中は、月額利用料の上限が最大4,200円となる。

 HSDPAでの定額データ通信を提供する理由について、ドコモでは「PHSの代替サービスは提供する予定だったが、高速かつ安心した定額サービスへの要望もあり、新たな顧客獲得やデータ通信の普及といった点から、定額データプランHIGH-SPEEDの導入を決めた」と説明している。ドコモ初の変動制プランとなったが、その理由については「収益性と通信量のコントロールを考慮した。最終的に、わかりやすい金額ということで変動制になった」としている。


64Kサービスも10月22日スタート

 今回、あわせて上り下りともに64kbpsという通信プラン「定額データプラン64K」の概要も発表された。

 同プランは、来年1月にPHSサービスが終了することに伴い、定額制PHSデータ通信サービス「@FreeD」の代替として、4月に概要が発表されており、月額利用料が4,200円で、1パケット0.021円になることなどが判明していたが、今回、サービス開始時期や名称、対応ISPが明らかにされた。

 サービス開始時期は10月22日で、対応ISPとして、「mopera U U定額64Kプラン」(月額525円)「ビジネスmoperaインターネット(64K)URL制限タイプ」(月額315円)が新設される。対象機種は、「定額データプランHIGH-SPEED」と同じ。また割引サービスとは重畳契約できないこと、SMS通信などが適用対象外となることなども、「定額データプランHIGH-SPEED」と同じ形となっている。



URL
  ニュースリリース
  http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/page/070913_01.html

関連記事
ドコモ、月額4,200円のデータ通信サービス
ドコモ、FOMA向けデータ通信プランを改定


(関口 聖)
2007/09/13 16:31

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.