ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

沢尻エリカがソニー・エリクソン「W53S」を101番目の衣装でPR

W53Sをアピールする、石塚常務と沢尻エリカ

W53Sのポスター
 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズは25日、東京ミッドタウンのガレリアにて、10月上旬に発売予定のauの新端末「W53S」のプロモーションキャンペーンを開催した。イベント会場には、イメージキャラクターを勤める沢尻エリカが清楚な白いワンピースに身を包んで登場。ガレリアに訪れた一般客が見守る中、笑顔で新端末をアピールした。

 「W53S」は約2.7インチのフルワイド液晶画面に、画像や動画が鮮やかに楽しめる高画質エンジン「RealityMAX」や、操作キーに新開発の「+JOG(プラスジョグ)」などを搭載したCDMA 1X WIN端末。着せ替え可能なStyle-Upパネルが100種類以上用意されている点も特徴だ。

 冒頭、ソニー・エリクソンの常務取締役 石塚宏一氏が、さりげなくW53Sカラーでコーディネートしたスーツ姿で登壇。新端末「W53S」について、「今回のコンセプトは、“あなたを彩る100のケータイ”。最近のさまざまなライフスタイルやファッションに応えるため、“ディズニー”、“東京コレクション”、“World Creators”、“ソニー・エリクソン”の4つのカテゴリーで、合計100種類ののStyle-Upパネルを用意した。さらに、ユーザビリティの部分にもこだわり、ジョグダイヤルを復活させた。これは従来のジョグダイヤルを進化させ、十字キーを融合した新開発のジョグで、非常にスピーディでスムーズな操作が可能。ジョグの回転速度に対応して、スクロールのスピードを調整できるようにも工夫している。この100のStyle-Upパネルと、究極のユーザビリティである“+JOG”、この2つを融合させたものがW53Sである」と語り、端末の特徴を熱烈にアピールした。

 ステージに登場した沢尻エリカは、石塚常務とともに自身が100変化した巨大パネルの除幕を行ない、新CM撮影時のエピソードなどを披露。新CMでは「あなたを彩る100のケータイ」をコンセプトに、ウェディングドレスや女子高校生、サーファー、ピエロ、男役などに扮したが、「100種類の衣装に着替えているというわけではなく、100種類のキャラクタを演じわけた。狼など、人間ではないもの、抽象的なものが難しかった。撮影は今朝の5時ごろまでかかって撮り切った」と語った。

 あまりにキャラクタがありすぎたせいか、はたまた撮影の疲れのためか、「ズバリ、一番のお気に入りは?」との問いに「いや〜1番はないですねぇ。どれも」と若干微妙なコメントも。「+JOG」の機能については、「使いやすい」と太鼓判を押していた。

 購入者特典として用意された「沢尻エリカデザインパネル」や、100種類の待受画面の紹介も行なわれ、自身がデザインしたパネルについては「2人が出会うケータイ、ということで“LOVE PHONE”がコンセプト。デザインが片方ずつちょっとずつ違っているので、ペアで、恋人同士で持ってもらいたい」と語った。今朝まで撮影が続いていたにもかかわらず、フォトセッションでは取材陣の要望に笑顔で応えていた。

 なお、新CMは9月28日(金)から放送予定。また、プロモーションキャンペーンとして、本日より9月30日(日)まで、東京ミッドタウン内ガレリア・アトリウムにて、100人の沢尻エリカパネルのほか、Sytle-Upパネル100種類が展示され、W53Sを実際に操作できるタッチ&トライイベントも実施される。


ステージに登場するや、フラッシュの嵐を受けていた、イメージキャラクターの沢尻エリカ 101番目の衣装といわれる白いワンピースに身を包んだ沢尻エリカ 「ぜひ楽しんで欲しい」とニッコリ

石塚常務とともに、100変化の巨大パネルを除幕。パネルが現れるや、本人も思わずびっくり パネルの前で、石塚常務から「前回の15変化だけでも相当大変だったのに……」と労をねぎらわれ、笑顔をみせる

自身がデザインしたプレミアムパネルを紹介 会場内に展示されているW53Sとコラボレーションパネル

「ディズニー」コラボレーションパネル 「東京コレクション」コラボレーションパネル

「World Creators」とのコラボレーションパネル 「ソニー・エリクソン」のデザイナーによるパネル


URL
  製品情報(ソニー・エリクソン)
  http://www.sonyericsson.co.jp/product/au/w53s/
  製品情報(KDDI)
  http://www.au.kddi.com/seihin/kinobetsu/seihin/w53s/

関連記事
「W52S」のテレビCM、沢尻エリカがカンフーに挑戦
「W51S」の女性向けキャンペーン、沢尻エリカがアピール
進化したジョグダイヤル搭載で着せかえ対応の「W53S」


(すずまり)
2007/09/25 17:33

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.