ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

「ディズニー・モバイル」、3月1日スタート

 ウォルト・ディズニー・ジャパンは、ソフトバンクモバイルと協力して、携帯電話端末と独自サービスを提供する「ディズニー・モバイル」を3月1日より開始する。ソフトバンクモバイルの携帯電話網を借り受ける形になる。


サービス概要

DM001SH(Glitter Gold)

DM001SH(Glitter Gold)
 ディズニー・モバイルは、オリジナルの携帯電話とコンテンツサービスを提供するというもの。ユーザーはウォルト・ディズニー・ジャパンと契約して、携帯電話サービスを利用することになり、いわゆるMVNO(仮想移動体通信事業者)とも言える形態だが、ディズニー側は「ソフトバンクモバイルとのコラボレーションで提供するサービス」と説明し、MVNOという立場を否定している。通信事業者としての届け出は、昨年11月に総務省に対して行なわれている。

 独自サービスとしては、オリジナルの携帯電話「DM001SH」、「 @disney.ne.jp 」ドメインのメールアドレス、Yahoo!ケータイをベースにしたポータルサイト「Disney Web」、待受画像や着信音などのコンテンツ、ポイントプログラム「ディズニー・マジックポイント・クラブ」が提供される。また、ディズニー提供の携帯向けコンテンツのうち、23のサービスが無料で利用できる。

 このうち、ポイントプログラムは、利用額100円ごとに1ポイントが付与されるほか、キャンペーンや契約期間に応じて貯めることもできる。貯まったポイントは、オンラインで確認でき、グッズとの交換や付属品・オプションとの交換もできる。今後は、他のポイントプログラムとの連携も検討していく。開始時点では、貯まったポイントを端末購入代金として使うことはできないが、今後検討される。


メインメニューもディズニー Y!ボタンならぬ「Dボタン」を押すと、Yahoo!ケータイを元にしたディズニー独自のポータルサイト
メインメニューもディズニー
Y!ボタンならぬ「Dボタン」を押すと、Yahoo!ケータイを元にしたディズニー独自のポータルサイト

disney.ne.jpというドメインのメールアドレスになる サービスは、コミュニケーション/カスタマイズ/エンターテイメントが3本柱
disney.ne.jpというドメインのメールアドレスになる サービスは、コミュニケーション/カスタマイズ/エンターテイメントが3本柱

料金や取扱店舗

ソフトバンクモバイルの料金プランを利用する。ディズニー・モバイルのサイトではホワイトプラン中心の案内

ソフトバンクモバイルの料金プランを利用する。ディズニー・モバイルのサイトではホワイトプラン中心の案内
 料金面は、ソフトバンクモバイルに準じ、ホワイトプランやパケットし放題などが利用できる。ホワイトプランでは1時〜21時の通話定額サービスやメール定額サービスが提供されているが、今後はソフトバンク間に加えて、ディズニー・モバイルユーザーもその対象に加わる。また、家族割引内のホワイトプランユーザーは、「ホワイト家族24」によって24時間通話定額ということになる。

 取扱店舗は、ソフトバンクショップや家電量販店、ディズニーのオンラインショップとなる。故障受付などの問い合わせ窓口は、専用ダイヤルのほか、実店舗はソフトバンクショップで応対する。

 端末購入は、新スーパーボーナスが利用できる。


オリジナル端末「DM001SH」

ミッキーマウスのシルエットがモノグラムに

ミッキーマウスのシルエットがモノグラムに
 DM001SHは、シャープ製のW-CDMA(HSDPA)対応の折りたたみ型端末。ソフトバンクモバイルのシャープ製端末「821SH」をベースにしているが、ディスプレイ側ボディの背面には、ミッキーマウスのシルエットがモノグラムとしてあしらわれている。また方向決定キーの上には半円が2つ描かれ、方向決定キーとあわせて、ミッキーマウスのシルエットになっている。左右やキー側ボディ背面などは「821SH」と同様だが、オリジナルのポータルサイトが提供されることもあり、ソフトバンクモバイル端末に搭載されている「Y!ボタン」ではなく、「Dボタン」が右上のソフトキーに配されている。さらに、ボディカラーはShiny Silver、Glitter Gold、Sparkle Pinkの3色で、「DM001SH」だけのカラーということになる。

 スペックは「821SH」と同等。メインディスプレイは2.6インチ、ワイドQVGA、26万色表示のモバイルASV液晶で、サブディスプレイは60×32ドットの有機ELとなる。「DM001SH」のサブディスプレイには、ディズニーキャラクターのシルエットが登場することもある。

 200万画素CMOSカメラを搭載し、microSDカードスロットを装備する。ワンセグ視聴・録画(最大5件)機能を備え、側面にアンテナが用意されている。このほか、音楽再生機能(WMA/SD-Audio)、Bluetooth、シンプルモードにも対応する。大きさは49×101.5×12.9mm、重さは約101g。連続通話時間は約220分、連続待受時間は約300時間。


Shiny Silver Sparkle Pink
Shiny Silver Sparkle Pink

左側面 右側面 サブディスプレイ周辺
左側面 右側面 サブディスプレイ周辺

右上のソフトキーは「Dボタン」 メインメニューもカスタマイズできる 女性ユーザー向けに手軽に遊べるゲームがプリセット
右上のソフトキーは「Dボタン」 メインメニューもカスタマイズできる 女性ユーザー向けに手軽に遊べるゲームがプリセット

カスタマイズ用コンテンツもプリセットされる こちらもプリセットのカスタマイズコンテンツ アレンジメールのテンプレート
カスタマイズ用コンテンツもプリセット こちらもプリセットのカスタマイズコンテンツ アレンジメールのテンプレート

絵文字画像もオリジナル ソフトバンクモバイルのサービスにも対応 おサイフケータイ対応
絵文字画像もオリジナル ソフトバンクモバイルのサービスにも対応 おサイフケータイ対応

ソフトバンクのサービスにも対応

ディズニー・モバイルとソフトバンクモバイルのユーザーは、ホワイトプランであれば、1〜21時は通話定額

ディズニー・モバイルとソフトバンクモバイルのユーザーは、ホワイトプランであれば、1〜21時は通話定額
 ソフトバンクモバイルとディズニー・モバイルは別々のキャリア、という形になっており、ソフトバンクモバイルを含め、他社からディズニー・モバイルに乗り換える場合はMNP(携帯電話番号ポータビリティ)を利用する。その一方で、ソフトバンクモバイルのネットワークを利用するため、多くのソフトバンクのサービスがディズニー・モバイルでも利用可能で、ディズニー・モバイルユーザーもソフトバンクモバイルの「家族割引」の対象に追加できる。

 サービス面では、S!アプリやアレンジメール(2月1日よりデコレメールに改称)、S!FeliCa(おサイフケータイ)、電子コミック、S!ミュージックコネクト、S!ともだち状況、S!一斉トーク、S!電話帳バックアップ、着うた/着うたフルが利用できる。S!FeliCaなどはソフトバンク提供のサービスとなる。アクセス制限サービスも利用できる。


ターゲットは20代女性、端末は年3回

ターゲット層は20代の女性

ターゲット層は20代の女性

キャンドランド氏

キャンドランド氏
 22日には、都内で報道関係者向け発表会が開催された。ウォルト・ディズニー・ジャパン代表取締役社長ポール・キャンドランド氏やソフトバンクモバイル代表取締役社長の孫 正義氏らが出席し、サービス概要などが紹介された。

 キャンドランド氏は、「携帯電話分野では、既に88のサイトがあり、約350万のユーザーが存在し、コンテンツプロバイダとしてもリーダー的存在だ。今回、ソフトバンクモバイルの協力がなければ、ディズニー・モバイルは実現できなかっただろう」と述べた。

 孫氏は、「これまでの携帯電話はカメラや液晶画面、通信速度などハード中心だった。その流れは今後もより激しく大きくなるのは間違いないだろうが、その一方で、コンテンツや端末メニュー、メールなども進化してきている。今回のサービスは、ディズニーの世界観が細かなところまで表現できたのではないか。ディズニー側には『ソフトバンクと組んで良かった』と思えるよう、今後も頑張りたい」と語っていた。

 サービスの概要を説明したウォルト・ディズニー・ジャパン ディズニー・モバイルヴァイスプレジデントのデービッド・ミルスタイン氏は、同社提供の携帯コンテンツユーザーのうち、約75%が20歳以上の女性であることを紹介するとともに、今回、ディズニー・モバイルのメインターゲット層にしたという。

 同氏は、メールアドレスやオリジナルの絵文字がターゲット層に対して魅力的な特徴になるとの予測を示し、「端末は、1年間に春・夏・秋冬の3回リリースする。コンテンツもヤフーと協力して(ポータルの)Disney Webを提供し、別料金なしでディズニーコンテンツを使ってもらえる。ユーザーを便利で楽しい世界へ連れて行きます」と意気込みを見せた。

 米国では、MVNOとして登場したディズニーのサービスがうまくいかず、2007年一杯で終了している。同社では、単独で事業展開した米国と異なり、日本ではソフトバンクモバイルと協業していることなど、ビジネスモデルが異なると説明。また、プレゼンの内容はサービス概要や端末紹介が中心となり、個人情報や約款の取り扱いなど、通信事業者として基本的な情報の説明・開示は行なわれなかった。


孫氏も駆けつけた サービスの概要を説明したミルスタイン氏
孫氏も駆けつけた サービスの概要を説明したミルスタイン氏


URL
  ディズニー・モバイル
  http://www.disneymobile.jp/

関連記事
ソフトバンクとディズニー、携帯電話サービスを来春開始
米Disney、MVNO方式の携帯電話サービスを年内終了へ
米ディズニー、家族向けの“ディズニー携帯”発表
400万会員を擁するディズニーの携帯ビジネス


(関口 聖)
2008/01/22 14:18

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.