ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

3.5型液晶やフルキーボード搭載の横開き端末「922SH」

インターネットマシン 922SH

ブロンズゴールド
 「922SH」は、電子辞書のような横開きスタイルを採用したシャープ製折りたたみ型端末。3月末発売予定。

 「インターネットマシン」と名付けらた「922SH」。端末は電子辞書のようなスタイルで、開くとをフルキーボードが現われる。3.5インチ、480×854ドット、最大26万色表示のNewモバイルASV液晶を搭載し、メールやブラウジング、ワンセグ視聴などに注力したモデルとなる。

 ソフトバンクのスマートフォンは「X」シリーズとなるが、「922SH」は通常ラインナップに属し、Yahoo!ケータイなどのソフトバンクの各サービスが利用できる。「X」シリーズはWindowsとの連携など、パソコン連携に重点が置かれたモデルとなるが、「922SH」は一般的な携帯電話からの派生モデルとなる。

 このため、QWERTY配列のフルキーボードを搭載したモデルながら、タッチパネル式のディスプレイではなく、方向キーによって操作する。キーボードの右側に配された方向キーの上部左右には、画面の左ソフトキーと右ソフトキーに割り当てられたボタンがある。横長の大型液晶となるため、とくに左ソフトキーが示す位置と割り当てられたボタンの位置には大きな差があり、発表会の短い時間では慣れるまでには至らなかった。

 なお、「922SH」では、フルブラウザ「PCサイトブラウザ」のページ読み込み容量が1MBに拡大されている。通常の携帯電話シリーズとなるため、パケット定額サービスを利用した場合、フルブラウザを利用しても月額1,029円〜5,980円となる。

 横画面を活かしたメールの3ペイン表示などに対応し、絵文字などもサポートする。携帯電話でパソコン宛のメール送受信が行なえる新サービス「PCメール」も利用できる。


 また、ワンセグを視聴しながらブラウジングするなど、2つの機能を同時に起動して2画面表示が行なえる。テレビ電話機能を利用した場合、相手側の映像と自分の映像がちょうど半分ずつ表示されるため視認性が非常に高い印象だ。端末を開いた側にステレオスピーカーも搭載されている。

 このほか、キーボードには辞書ボタンが用意されており、国語・英和・和英の各辞書がワンタッチで呼び出せる。辞書コンテンツの追加は行なえない。

 端末の背面にはセンサーキーを搭載。センサーキーを操作して、端末を閉じたままで電話の発着信などが行なえる。サブディスプレイは1.18インチ、128×64ドット、白1色表示の有機ELを装備する。メインカメラは、有効画素数200万画素のCMOS、サブカメラは11万素CMOSとなる。最大4GBのmicroSDHCカードに対応する。

 ワンセグ、3Gハイスピード、フルブラウザ、国際ローミング、赤外線、Bluetoothなど、ソフトバンクの各サービスに対応する。ただし、おサイフケータイやGPS機能は非対応となる。

 大きさは56×116×17mm、重さは約132g。通話時間および待受時間、ワンセグの視聴時間はについては測定中としている。ボディカラーは、パールホワイト、メタリックブラック、ブロンズゴールド、パールピンクの4色。

 なお、「922SH」はソフトバンクの孫氏自身が自ら企画したモデルだという。孫氏は「922SH」について、「これだけ大画面だと寝転がりながらベッドルームでテレビを見るのに便利。フルキーボードは使い慣れるととテンキーよりも2〜3倍速く文章が打てる」とアピール。同氏は、「X」シリーズで提供しているWindows Mobile端末について、「電話としての機能は使いにくい面もある」などと語っていた。


メタリックブラック

パールホワイト

パールピンク

閉じたままで電話の発着信および通話が行なえる タッチセンサーで操作

サブディスプレイ アドレス帳などが呼び出せる

側面部 背面部

イヤホン端子 ワンセグ用のアンテナが収納されている

開いたところ 端末を開いた際の側面

操作キーなどの各種ボタンが並ぶため変則的ではあるが、QWERTY配列のフルキーボードを搭載する ボタン部はほぼフラット

ワンセグ対応 背景でワンセグを表示しつつ、番組情報を確認

ワンセグとブラウザを同時に起動 テレビ電話機能「TVコール」の画面

フルブラウザ。左ソフトキーに対応するボタンは操作キーの左にあるメールボタン メニュー画面

カメラ機能 撮影画面

カメラの案内画面 メール機能

辞書機能 検索結果

言葉の意味を表示


URL
  プレスリリース
  http://www.softbankmobile.co.jp/corporate/news/press/2007/20080128_09/003.html

関連記事
ソフトバンク、2008年春モデル14機種を発表


(津田 啓夢)
2008/01/28 17:56


ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.