ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

au、「W54SA」プリセットアプリの不具合解消方法を公表

W54SA

W54SA
 KDDIは、2月8日に明らかにされた「W54SA」の不具合について、事象を解消する方法を公表した。

 「W54SA」は、三洋電機製のスライド型CDMA 1X WIN端末。2007年冬モデルとして発表され、新機能を取り入れた端末プラットフォーム「KCP+」を採用している。2月7日に北海道・北陸・沖縄で発売されたが、翌8日には不具合が発覚し、販売が一時停止されていた。

 8日に明らかにされた不具合は、出荷された端末の一部で、プリセットアプリケーションの表示が「!」となり、利用できない場合があるというもの。7日までに販売された894台のうち、2〜3割の端末に不具合が発生するものと見られている。今回発表された不具合解消手順は、「!」表示のアプリケーションを一旦削除して、再ダウンロードするというもの。再ダウンロード時のパケット通信料は無料となる。もし再ダウンロードできなければ、1週間程度の預かり修理となる。

 一時停止中の店頭販売については、準備が整い次第、各地で再開する予定。ただし、具体的な日程は決定しておらず、KDDIではWebサイトなどを通じて案内していく。なお、「W54SA」の不具合は、13日にも発表されている。8日分の不具合と13日分の不具合は、それぞれ異なる解決方法となっている。



URL
  auからのお知らせ
  http://www.au.kddi.com/news/information/au_info_20080214.html

関連記事
auの「W54SA」に不具合、販売を一時停止
au、「W54SA」「W61K」を7日より順次発売
auのW54S/W54SA/W56Tに複数の不具合、ソフト更新開始


(関口 聖)
2008/02/14 14:20

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.