ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

ドコモ、iモードメールをパソコンから利用できる「iモード.net」

iモード.netの画面
 NTTドコモは、iモードメールをパソコンで送受信できるWebメールサービス「iモード.net」を11日より開始する。利用料は月額210円で、初回申し込みから1カ月間は無料。店頭やドコモeサイトから申し込める。

 今回提供が開始される「iモード.net」は、iモードのメールアドレスをパソコンのブラウザ上で利用できるサービス。「iモード.net」上では、ユーザーの利用機種に関わらず、2MBまでのファイルを添付できる「大容量メール」や「デコメール」、iモードの絵文字などが使える。利用には「My DoCoMo」サービスの「DoCoMo ID」と「パスワード」が必要。

 アドレス帳は「電話帳お預かりサービス」と連動可能。同サービスを利用するユーザーは携帯電話で使っているアドレス帳と同じ内容を参照でき、「iモード.net」で登録したアドレスは携帯電話側にも自動的に反映される。

 セキュリティ機能として、「ワンタイムパスワード」機能、もしくは「ログイン通知メール」機能を利用できる。「ワンタイムパスワード」機能は、一定時間だけ有効になるパスワードが携帯電話に送信され、これを使って「iモード.net」にログインするというもの。「ログイン通知メール」機能では、「DoCoMo ID」と「パスワード」でログインした日時が携帯電話に通知される。

 「iモード.net」で閲覧できるメールの最大容量は、受信メールが10MBもしくは1,000通まで。送信メールは4MBまで。容量を超過すると古いメールから削除される。

 なお、1通のメールの受信に対し、携帯電話に配信されるiモードメールと「iモード.net」の2つにメールが届くしくみで、iモードと「iモード.net」との間で既読・未読などステータスの連動は行なわれない。また、「iモード.net」上でメールを削除しても、携帯電話に配信されるメールは削除されない。

 ドコモはこのほか、「iモード.net」のサービス開始に伴い、14日19時より仮想空間「セカンドライフ」内の「ドコモSIM」にてサービス紹介を行なう予定。


デコメールの送受信に対応 コンパクトに表示するモードも備える


URL
  ニュースリリース
  http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/page/080310_02.html
  iモード.net(11日〜)
  http://imode.net/
  セカンドライフ ドコモSIMへのURL
  http://slurl.com/secondlife/NTT%20DoCoMo/127/158/130/?title=NTT%20DoCoMo


(太田 亮三)
2008/03/10 16:58


ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.