ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

イー・モバイル、音声サービス開始

千本氏(左)と代表取締役社長兼COOのエリック・ガン氏
 イー・モバイルは、3月28日から音声サービスの提供を開始した。これに伴って、本社で報道関係者向けにイベントが行なわれ、イー・モバイルの代表取締役会長兼CEOの千本倖生氏より挨拶があった。量販店などの店頭では販売が開始されている。

 挨拶を行なった千本氏は、「いよいよ、イーモバイルは本日をもって、全国で新しい電話サービスを開始した。我々は実に13年ぶりの携帯市場への新規参入となる。データパケットサービスによって完全定額制を実現し、世界でも珍しいモバイルブロードバンドサービスを日本で初めて本格的に導入した。通信速度は、当初の3.6Mbpsから7.2Mbpsにスピードを上げ、世界でもトップクラスのデータパケットサービスを展開している。ユーザーの圧倒的な支持を得ており、我々が目標としてきた数値よりも多くの加入者を獲得している」と語った。

 通信エリアについても言及し、自社ネットワークの人口カバー率も計画を上回る70%を達成したと語った。6月にも75%に達する見込みで、東名阪などの大都市圏についてはほぼ95%を超えているとした。

 音声サービスについてアピールする中で、千本氏は「イー・モバイルは業界で初めて毎月の電話基本料を一切無料とし、イー・モバイル同士であれば24時間無料、他社宛通話料も業界最安値と、やっと世界一級レベルのスピードと無料、料金を提供することができた。また、音声の品質は既存の携帯電話よりもはるかに優れている。期待していた以上に明瞭だ」と語っていた。たしかに電話基本料については特定の条件によって0円とすることが可能だが、データ通信料などが基本的にかかる。イー・モバイルは“データ・オリエンテッド”な携帯電話サービスを展開する方針。

 このほか、「本日をもって電話サービスを含めた総合携帯通信会社になった。一部のビジネスユーザーや若い人たちだけでなく、全ての消費者に携帯電話サービスを提供できるようになった。今後もこれまでにない画期的なサービスを、今までの業界の古い慣習を打ち破るようなサービスを、グローバルに通用するようなサービスを提供し、日本が世界No.1と誇れる携帯大国となるよう、全力で努力したい」とアピールした。


EMONSTER(S11HT) H11T

あの猿は「はやはやくん」

はやはやくんと通話する千本氏
 イベントでは、通話のデモンストレーションなども行なわれた。イー・モバイルのテレビCMに登場する「速い、速い」と手を動かす猿と、千本氏が通話を行なうというもので、今回、CMの猿が「はやはやくん」という名前であることがわかった。

 「はやはやくん」が音声サービス開始を「おめでとう」と祝うと、千本氏は「すごくよく聞こえる」と音質の良さをアピール。千本氏は「はやはやくん」に、テレビCMが好評で、千本氏の友人やVIPの客から「お宅の『はやはやくん』はすごいと言われる」と伝えたほか、「これからもモバイルブロードバンドの分野で新しいありえないサービスを提案するから、ありえない、ありえない、ありえないサービスをいっしょにPRしてくださいね」と話していた。電話越しの「はやはやくん」は感極まってCM同様に泣いてしまった。

 寸劇が終わると、千本氏は再び音質の良さをアピールし、「イー・モバイルのケータイは単にスピードが速いだけでなく、耳の悪い老人にも明確にクリアに聞いてもらえる、世界でもトップクラスの電話サービスだと確認いただけたと思う」と語った。千本氏によれば、音声サービス開始にあたって、イー・モバイルのスタッフは前日からほぼ徹夜の状態で頑張ってきたという。


イー・モバイルに爆破予告

 ところが、そんな最中、「2ちゃんねる」において、イー・モバイルに対して爆破予告する書き込みがなされた。

 イー・モバイルによれば、27日、警察より掲示板に同社に対する爆破予告の書き込みがあったことが伝えられたという。これを受けてイー・モバイル側でも事実を確認し、あらためて赤坂警察署に調査を依頼した。

 27日と28日、社内は厳重な警戒態勢が敷かれているという。実は、イベント会場をあとにする千本氏にもボディガードがつけられており、事態を重く受け止めていることがわかる。広報部では、こうした事態に「創業1年を迎えた大切な時期、にスタッフ一同非常に心外だ」とコメントしている。


アッカやウィルコムについて言及

 イベント終了後の囲み取材において、千本氏は終始上機嫌だった。さまざまな質問に回答する中で、筆頭株主となっているアッカ・ネットワークスについて、アッカの社外取締役となっている三井物産のメンバーにインサイダー取引の疑いがあると話した。アッカの株主総会でも機会があれば取り上げていきたいとした。

 また、ウィルコムが今後展開する予定の次世代PHSについては、「スピードが上がると言われているが、果たして本当に実現するのか疑問。次世代PHSをやるとすれば、ものすごく金がかかる。推測だが、おそらく数百億円ではできないだろう。しかも次世代PHSを展開するのは世界でただ1社だ。それでは有力なメーカーが誰も開発しない、PDCの失敗と同じ」と話した。

 また、イー・モバイルが2年で3,600億円を集めたことを語りながら、ウィルコムの資金調達の難しさについて触れ、「サブプライムのせいで世界的に資金調達が厳しくなっている。我々は2年前だったため、非常にラッキーだった。正直言って今集められる自信はない。しかも株主のカーライルも痛んでいる状況だ」と述べた。


量販店は静かな出足だが、担当者はえびす顔

売り場には「ありえない!?」のPOP
 28日、量販店の様子も取材した。秋葉原にある「ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba」では、平日の午前中ということもあってか、売り場全体の客足が鈍い印象を受けた。

 イー・モバイルの売り場担当者に話を聞くと、開店から1時間程度たったが、音声端末の契約は二ケタに届いていない状況だという。また、給料日後の金曜日ということも手伝って、会社帰りの客も多くは見込めないのではないかと話していた。売り場の忙しさが本格化するのは週末以降になりそうだ。

 こうした状況ではあるが、担当者はイー・モバイルの販売状況を好調と認識していた。理由を聞くと、サービス開始時点で約500件の予約注文を得ているためだという。予約注文の数だけ見れば、同社のデータ通信サービス開始時の4〜5倍の注文件数になると話していた。


通話基本料無料とアピール 使用感を確かめるユーザーをちらほら見かけた

店頭の入り口のイベントスペースには特設ブースも設けられていた


URL
  イー・モバイル
  http://emobile.jp/

関連記事
イー・モバイル、音声通話サービスを3月28日開始
イー・モバイルの音声サービスを検証する
イー・モバイル、フィルタリングや絵文字互換サービスなど
イー・モバイル、EM・ONEと「S11HT」のセット利用キャンペーン


(津田 啓夢)
2008/03/28 12:11


ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.