ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

モバゲータウンがゲームポータル化、スクエニなどが配信

左からハムスター社長の濱田倫氏、スクウェア・エニックス/タイトー社長の和田洋一氏、DeNA社長の南場智子氏、ORSO社長の坂本義親氏、ワークジャム社長の山口孝氏

左からハムスター社長の濱田倫氏、スクウェア・エニックス/タイトー社長の和田洋一氏、DeNA社長の南場智子氏、ORSO社長の坂本義親氏、ワークジャム社長の山口孝氏

アイテム課金制などのゲームを配信するポータルに

アイテム課金制などのゲームを配信するポータルに
 ORSO(オルソ)、スクウェア・エニックス、タイトー、ディー・エヌ・エー(DeNA)、ハドソン、ハムスター、ワークジャムの7社は、DeNA運営の携帯電話向けサイト「モバゲータウン」で、アイテム課金制度などを取り入れたゲームコンテンツを配信する。

 16日は都内で7社による報道関係者向け説明会が開催された。会見には、DeNA代表取締役社長の南場智子氏や、スクウェア・エニックス/タイトー代表取締役社長の和田洋一氏らが出席した。

 今回の取り組みは、無料ゲームとコミュニティ機能を特徴としていた「モバゲータウン」をゲームコンテンツが集う“ゲームポータル”にして、新たな事業として展開しようというもの。4月末からは、専用通貨「モバコイン」でプレイできるゲームが配信されるようになる。現時点で配信が予定されているゲームは、RPGやシミュレーションゲーム、家庭用ゲーム機の移植版などとなっている。個々のコンテンツは、基本使用料は無料とされているが、ゲーム内で使える武器や道具などのアイテムはモバコインで購入することになる。

 「モバコイン」は、DeNAがモバゲータウン内で販売する。決済手段は電子マネーやクレジットカードなど。一度購入したモバコインの払い戻しはできない。また、DeNAの南場社長によれば、モバコインは貨幣的価値を持たせたものであり、モバゲータウン内で使えるポイント「モバゴールド」とは別の物として取り扱われる。そのため、モバゴールドとモバコインは交換できない。モバコインの販売によって発生する収益は、参加各社とDeNAの間で分配される。


各社の提供コンテンツ

 タイトーが提供するコンテンツは、FlashベースのRPG「ロードクエスト」となる。登場キャラクターは力を抜いた、ゆるいデザインでストーリーも笑いを追求したものと、シリアスな世界観が多いRPGの中では一風変わったテイストを採用している。専用通貨の「モバコイン」で、ゲーム中の武器や防具などを購入できる。購入したアイテムは、モバゲータウン内のアバター向けアイテムとして使える。


タイトーの「ロードクエスト」 笑えるRPGになるという
タイトーの「ロードクエスト」 笑えるRPGになるという

スクウェア・エニックスの「エルアーク」

スクウェア・エニックスの「エルアーク」
 スクウェア・エニックスのコンテンツは、メールを使って遊ぶRPG「エルアーク(ELLARK)」という名称になる。16日の会見では、ビジュアルイメージや世界観を伝える文章が公開された。機能面での特徴としては、基本利用料は無料であること、メールを使ってプレイすること、モバゲータウンのコミュニケーション機能を使うことが明らかにされた。配信開始は6月になる予定。


世界観とストーリー 特徴は3つ
世界観とストーリー 特徴は3つ

 ハドソンから“モバゲーエディション”として配信される「エレメンタルモンスター」は、対戦カードゲーム。ニンテンドーDS版やiアプリ版などと異なる内容で、大会での勝利を目指すストーリーモードや、他のモバゲーユーザーと対戦できる機能、ランキング機能などが用意される。ただし、開始時期の5月下旬に配信されるのはiアプリ版のみ。


エレメンタルモンスターのモバゲーエディション ストーリーモードなどが用意される
エレメンタルモンスターのモバゲーエディション ストーリーモードなどが用意される

釣りを題材にした「釣りゲータウン」

釣りを題材にした「釣りゲータウン」
 携帯ゲームを手掛けるORSOは、釣りを題材にした「釣りゲータウン」を提供する。6月上旬配信予定で、手軽に遊べる形態を採用しながら、モバコインで釣り具を購入して大物に挑むなど、繰り返し遊ぶための要素も用意されている。


他社と配信形態が異なる、ワークジャムの「テレジア」

他社と配信形態が異なる、ワークジャムの「テレジア」
 ワークジャムからは、アドベンチャーゲーム「テレジア」が配信される。こちらは、モバコインを使わず、最初の第1話を無料提供し、気に入れば第2話以降をワークジャム運営のサイトでダウンロードするという形になる。無料の第1話は、お試し版という性格のものではなく、クリアまで2〜3時間かかる程度のボリュームがあるという。


 ハムスターがマスターピース、DeNAとともに提供する「ザ・コンビニ ネットバトル」は家庭用ゲーム機向けタイトルとして人気のある経営シミュレーションゲームの携帯版。1つの街に最大16人のプレイヤーが参加し、店舗運営して売上を競う。プレイ期間は2週間で、その間、店舗の拡大を図っていくが、モバコインを使って店舗をアピールする看板などを購入したりできる。また、実在する企業から広告を募り、同ゲーム内に広告として商品を登場させる。たとえばお菓子メーカーからの広告が入れば、実在する商品をゲーム内のコンビニ用商材アイテムとして販売できるようになる。広告として登場する商材アイテムは、一般的な商材アイテムより売上が伸びるようになっている。開始日は2008年冬の予定。


1つの街に16人のプレイヤーが参加して競い合う「ザ・コンビニ ネットバトル」 法人向けにゲーム内広告を募る
1つの街に16人のプレイヤーが参加して競い合う「ザ・コンビニ ネットバトル」 法人向けにゲーム内広告を募る

ゲームポータル事業の戦略、CP各社の狙い

南場氏はゲームコンテンツの強化で、ユーザー層の拡大を図ると説明した

南場氏はゲームコンテンツの強化で、ユーザー層の拡大を図ると説明した

モバコインの収益を各社で分配

モバコインの収益を各社で分配
 DeNAの南場氏は、今回の事業展開について「より幅広い層に楽しんでもらうことが目的」と端的に説明した。

 同氏が掲げたモバゲータウンユーザー層のデータによると、1,000万人規模に達した2008年4月時点では、10代と20代が40%ずつ、30代以上が20%を占めている。約1年半前の2006年11月時点では、10代が69%、20代が25%、30代が6%となり、若年層ユーザーの割合が低下しつつある。

 当初は無料ゲームとコミュニティ機能で出発したモバゲータウンは、年齢層の拡大にあわせて、乗換案内や天気予報、ニュースなどのサービスも投入し、ポータルサイト化を進めてきた。

 今回のゲームポータル事業は、モバゲータウンという舞台の上で、DeNAとゲーム会社が協力して運営していくことになるが、DeNAにとってはゲーム専業の企業によるコンテンツを投入する、つまり本格的なゲームの配信でコアなゲームユーザーに訴求し、従来よりもユーザー層の拡大を目指す。


和田氏からは、従来型の携帯向け事業との違いが説明された

和田氏からは、従来型の携帯向け事業との違いが説明された
 一方、CP各社にとって、携帯電話向けゲームという市場は、キャリア運営の公式メニュー/公式サイトが主戦場と見られていた。今回、モバゲータウンというサイトを1つのプラットフォームとして事業展開する理由について、スクウェア・エニックス/タイトー社長の和田氏は「DeNAはスピーディに事業展開しており、何かリリースされるたびに“やられたなぁ”と思っていた。いろいろと考えるのは面倒くさいから、勝ち馬に乗ることにした」とおどけた調子で語る一方、「CPがコンテンツを出す場所を選ぶ際、判断基準は2つある。1つは人がどれだけ集まる環境か。もう1つは柔軟性。勝ち馬に乗るというのは、前者の理由そのもの。後者はどういうアプリを提供できるか、というところ」と述べた。

 また、ゲームプラットフォームとして携帯電話を見た場合の可能性について和田氏は「可能性は大きいと思っているが、現状ネックになっているのは柔軟性。ビジネスモデルのやり方によって、コンテンツの設計は変わってくる。今回の事業は、多様かつ柔軟にできるということで、飛躍する契機になり得る」と説明した。



URL
  DeNA プレスリリース
  http://blog.dena.ne.jp/press/archives/2008/04/post_33.html
  ORSO
  http://www.orso.jp/
  スクウェア・エニックス
  http://www.square-enix.com/jp/
  タイトー
  http://www.taito.co.jp/
  ハドソン
  http://www.hudson.co.jp/
  ハムスター
  http://www.hamster.co.jp/


(関口 聖)
2008/04/16 18:47


ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.