ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

ドコモ、メニューリストの一部を入札式広告として販売

 NTTドコモは、「iMenu」の一部を6月23日から広告として提供する。コンテンツプロバイダーは競争入札で自社サイトの表示場所を購入することになる。

 「iMenu」から「メニューリスト」に遷移すると、「天気/ニュース/ビジネス」「ショッピング/チケット」といったように大きくジャンル分けされており、ジャンルをさらに先に進むと中カテゴリ、小カテゴリへ分類されている。ドコモでは現在、中カテゴリおよび小カテゴリにおいて、利用者の多いサイト順、つまり人気のあるサイト順に各コンテンツへのリンクを掲載している。

 6月から広告商品となるのは、FOMAで表示されるメニューリストの「働く/住む/学ぶ」、「着うたフル」、「着うた/着モーション」、「着信メロディ/カラオケ」、「メロディコール」「待受画面/フレーム」、「ゲーム」、「占い/診断」、「コミック/書籍」、「デコメール」の10ジャンル。この10の項目の中にある、中カテゴリが広告として入札形式で販売される。

 例えばメニューリストの「ゲーム」の中カテゴリは、「ゲームパック」「ミニゲーム」などと複数に分類され、各項目で人気のあるサイトが3〜4つ表示されている。ここに表示されるサイトがいずれも広告となるわけだ。小カテゴリについてはこれまで通りの利用者順となる。

 NTTドコモでは、中カテゴリを広告スペースとする理由として、ここ1年間、6月から広告スペースとなる10ジャンルの中カテゴリの順位に変動がない点を挙げている。入札制度を導入すると活性化され、コンテンツプロバイダーがより良いものを作れるようになるという。なお、広告スペースは、iモードの広告商品を販売しているディーツー コミュニケーションズを通じて販売される。入札は毎月実施される。ドコモの新たな収益源になりそうだ。

 通常、広告スペースには「PR」や「広告」といったように、広告であることが明示される。広報部によれば、中カテゴリに「スポンサーサイト」と表示するかどうか検討するとしている。

 なお、4月に開催されたケータイFlashサイトコンテストの審査会において、NTTドコモ執行役員の夏野剛氏は、「iモードは、古くからやっているサイトは常に客が来る状態。今後は他のサイトももっと伸びる。辞めてしまうが、さらに良くなっていく仕掛けは残す」と話していた。



URL
  NTTドコモ
  http://www.nttdocomo.co.jp/

関連記事
夏野氏、NTTドコモ退社へ


(津田 啓夢)
2008/05/12 21:04


ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.