ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

3型フルワイドVGA液晶でFMトランスミッターも「W62SH」

 シャープ製の「W62SH」は、約3インチのフルワイドVGA液晶を搭載し、BluetoothやFMトランスミッターをサポートするCDMA 1X WIN端末。

 「W62SH」は、ディスプレイに約3インチ、フルワイドVGA(854×480ドット)の「New モバイル ASV液晶」を搭載し、高画質化エンジン「SVエンジン+」の装備など映像系の機能が充実したモデル。液晶パネルと保護パネルを一体化する技術によって、余計な光の反射が抑える「リフレクトバリアパネル」を採用し、屋外での視認性の向上が図られている。また、ディスプレイには高演色バックライトを採用し、コントラストの高い表現が可能になっているという。

 なお、液晶には覗き見防止機能として「新ベールビュー」機能を搭載。従来までのプライベートフィルターは、ハードウェアでのぞき見防止機能を提供していた。新ベールビューではソフトウェア処理で実現しており、左右からディスプレイを覗いた場合の柄パターンに、アニメーションするものなども用意されている。

 「LISMO Video」に対応し、ハリウッド映画「スパイダーマン2」のダイジェスト映像がプリセットされる。回転2軸機構を採用し、ワンセグや動画を横画面でも楽しめる。ただし、展示端末にプリセットされていたダイジェスト映像は、横画面では表示できなかった。通常の「LISMO Video」のコンテンツは、横画面表示も可能という。こうした「LISMO Video」やワンセグの映像は16:9のフルサイズで楽しめる。

 FMトランスミッター機能が搭載され、LISMO再生中にFMトランスミッター機能のON/OFFが行なえる。Bluetoothもサポートされており、ワイヤレスで音楽が楽しめるほか、ワンセグの音声もBluetoothヘッドセットで受けられる。

 カメラはオートフォーカス、手ぶれ補正対応の320万画素カメラを搭載し、外部メモリはmicroSDカード(最大2GB)となる。

 端末は「W52SH」を思わせる薄型モデルで、厚さは15.8mmとなる。端末の側面を縁取るようにローレット加工、つまり、ギザギザした処理が施されており、輝きを演出している。また、ボディ塗装には光の当たり方で表情を変化させる「ガラスフレーク塗装」を採用する。ボディ背面のWINロゴはホログラム加工され、着信イルミネーションにもなっている。メインのターゲットは20〜30代の女性。

 おサイフケータイやGPS機能、フルブラウザ、赤外線通信(IrSS)、オープンアプリプレーヤーなど、auの標準的な機能をサポートするほか、au Smart Sports「Run&Walk」やオーディオ機器連携なども利用できる。新たに「ケータイde PCメール」がサポートされるほか、メニューなどを店頭でカスタマイズできる新サービス「ナカチェン」が利用できる。

 端末プラットフォームに「KCP+」を採用し、EV-DO Rev.Aや「au one ガジェット」「マルチプレイウィンドウ」「テレビ電話」などに対応する。文字の予測変換機能は「ケータイShoin6」を採用する。

 連続待受時間は約260時間、連続通話時間は約250分。大きさは約50×110×15.8mm(最薄部)で、重さは約128g。ボディカラーはロイヤルパープル、パールホワイト、アンティークゴールドの3色。




■フォトギャラリー



URL
  ニュースリリース
  http://www.kddi.com/corporate/news_release/2008/0603/
  ニュースリリース(シャープ)
  http://www.sharp.co.jp/corporate/news/080603-a.html

関連記事
au、2008年夏モデル12機種を発表


(津田 啓夢, 太田 亮三)
2008/06/03 11:24


ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.