ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

WWDC基調講演で明らかになった「iPhone 3G」のスペック

発表されたiPhone 3Gを販売するキャリア。Jobs氏の足下にSoftbankのロゴが見える

発表されたiPhone 3Gを販売するキャリア。Jobs氏の足下にSoftbankのロゴが見える
 かねてから噂されていた3G対応のiPhoneがついに発表された。Appleの開発者向けイベントである「WWDC」のキーノートスピーチにおいて、同社のSteve Jobs CEOが明らかにした。発表された名称は「iPhone 3G」で、8GBモデルと16GBモデルの2種類がある。発売は7月11日で、日本を含む世界22カ国での同時発売となる予定だ。また、年内に70カ国での発売を見込んでいる。

 気になる価格は、米国で8GBモデルが199ドル、16GBモデルが299ドル。世界各国での価格、特に日本での価格は未定だが、Jobs氏は世界共通価格であり、これを超えることはないと述べており、上記の米国価格を適切な為替レートで換算したものになるのではないかと思われる。現時点でスペックは発表されていない。外観上の大きな違いはバックプレートが磨きだしの金属から樹脂製に変わったこと。8GBモデルは黒のみだが、16GBモデルは白と黒の2色が用意される。


価格は衝撃の199ドル(8GBモデル) キーノートスピーチを行うJobs氏
価格は衝撃の199ドル(8GBモデル) キーノートスピーチを行うJobs氏

iPhone 3Gの背面。りんごのロゴの左上にカメラが設けられた 薄くなったiPhone 3G
iPhone 3Gの背面。りんごのロゴの左上にカメラが設けられている iPhone 3Gの側面

 新しくiPhoneに内蔵されるデバイスは、GPS。カメラにGPSデータ(ジオタグ)を埋め込んだり、地図上に現在地を表示したりするだけでなく、トラッキングすることも可能だ。この位置情報を元に、半径10マイル以内の友人のリストといったように、他のアプリケーションから利用することもできる。

 電話機としての新機能は、なんと言っても3Gに対応したことで、Safariによるブラウジングスピード、メールダウンロード速度等が大幅に改善する見込みだが、2G電話網(GSM/EDGE)との互換性も保たれる。バッテリ駆動時間は連続待ち受けが300時間、3G網を使った通話が5時間。さらにワイヤレス接続でのWebブラウジングが5〜6時間、動画再生7時間、音楽再生24時間となっている。

 ソフトウェア的にもiPhone Software 2.0へアップデートされ、iWorkのデータやMicrosoft Officeのデータを見ることが可能になる。さらにMacOS X上のiCal、アドレスブックに加え、Windows ServerのExchangeとの同期、Windows上のOutlookとの同期(ワイヤレス)がサポートされる。


.Macに代わるMobileMeを利用することで、複数システム間でデータの同期が可能になる。

.Macに代わるMobileMeを利用することで、複数システム間でデータの同期が可能になる。WindowsのOutlookとMacのiCalを同期することも可能
 Exchangeを利用しない個人ユーザーに、その代わりとして提供されるのが「MobileMe(モバイル・ミー)」と呼ばれるサービスだ。「.Mac」の後継となる有償のサービスで、20GBのストレージスペースとともに年間99ドルで提供される。「MobileMe」を利用することで、メール、お気に入り、カレンダ、アドレスブックなどのデータをMac、iPhone、Windowsマシン(Outlook)と同期できるようになる。カレンダーやアドレスブックなどのデータは、プッシュされるため、ユーザーが同期を意識しなくて済むのもMobileMeのメリットだ。

 日本のユーザーにうれしいのは、日本語入力に新たな方式が加わったこと。片手で操作可能な10キーライクな入力が追加され、電車の中などでも利用しやすくなる。中国語入力のデモでは手書き入力も行われており、これを日本語でも利用できる可能性がある。

 ほかにも関数電卓のサポートなど新たな機能の加わったiPhone Software 2.0だが、現行のiPhoneユーザーには無償で提供される。また、iPod touchのユーザーには$9.95で提供される。iPhone Software 2.0の提供時期は7月を予定している。


iPhone 3Gによる日本語入力。テンキーライクな入力モードをサポートする 中国語入力モードのデモでは、手書き入力の例も示された
iPhone 3Gによる日本語入力。テンキーライクな入力モードをサポートする 中国語入力モードのデモでは、手書き入力の例も示された

iPhone 3Gの5つの特徴 iPhone 3Gのバッテリ駆動時間
iPhone 3Gの5つの特徴 iPhone 3Gのバッテリ駆動時間


URL
  アップル プレスリリース(iPhone 3G)
  http://www.apple.com/jp/news/2008/jun/10iphone.html
  アップル プレスリリース(日本での発売)
  http://www.apple.com/jp/news/2008/jun/10iphone.html
  アップル プレスリリース(MobileMe)
  http://www.apple.com/jp/news/2008/jun/10mobileme.html

関連記事
アップル、「iPhone 3G」発表


(元麻布 春男)
2008/06/10 11:32


ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.