ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

鉄道運行情報、携帯向けにJR東日本主要路線の遅延証明書を発行

 ジェイアール東日本企画の子会社、時刻表情報サービスは、携帯電話向けの運行情報サービス「鉄道運行情報」において、6月27日からJR東日本の首都圏主要路線の遅延証明書を発行する。利用料は無料。

 「鉄道運行情報」では、対象となる路線が7時〜9時の間、概ね10分以上遅れた場合に遅延証明書を提供する。証明書は携帯画面上に表示され、印刷用に携帯からメールを転送することも可能。なお、証明書は対象路線の最大遅延時間を証明するもので、当日の9時〜翌々日の24時まで掲載される。個々の列車の遅延状況や、乗車したことを証明するものではない。

 対象となる路線は以下の通り。東海道線(東京〜湯河原)、横須賀線/総武線(大船〜東京〜稲毛)、京浜東北線(大宮〜大船)、相模線(茅ヶ崎〜橋本)、横浜線(東神奈川〜八王子)、南部線(川崎〜立川)、山手線、中央線快速電車/中央本線(東京〜甲府)、中央/総武線各駅停車(三鷹〜千葉)、宇都宮線/高崎線(上野〜那須塩原・神保原)、埼京線/川越線(大崎〜新宿〜武蔵高萩)、常磐線各駅停車(綾瀬〜取手)、常磐線快速電車(上野〜羽鳥)。なお、青梅線、武蔵野線、京葉線については、特定駅の発着時の最大遅延時分を証明する。

 遅延証明書は、iモード、EZweb、Yahoo!ケータイ、ウィルコム端末で利用できる。iモード版が「交通/地図」→「鉄道/バス」から、EZweb版が「地図・交通・旅行」→「鉄道・乗換」から、Yahoo!ケータイ版が「交通・グルメ・旅行」→「鉄道」から、ウィルコム版は「CLUB AIR-EDGE」の「エリア&グルメ」→「乗換案内」からアクセスできる。




URL
  ニュースリリース
  http://www.jeki.co.jp/news/20080618_01.html


(津田 啓夢)
2008/06/18 17:42


ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.