ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

日本通信、ドコモ網利用の「b-mobile3G」8月7日発売

 日本通信は、NTTドコモとの相互接続による新たなデータ通信サービス「b-mobile3G(ビーモバイル・スリージー)」を8月7日に発売する。価格は3万9900円で、利用期間は480日間(約16カ月)、150時間分となる。

 これまで同社では、「b-mobile」というブランド名で、PHSデータ通信や無線LANが利用できるプリペイド型パッケージを提供してきた。今回発売される「b-mobile3G」は、NTTドコモのネットワークを利用したデータ通信サービスとなる。第1弾として150時間まで分単位で利用できる「b-mobile3G hours150(アワーズ150)」を発売する。同社のラインナップにおいて、使い放題の定額パッケージはヘビーユーザー向けとされる一方、「hours」シリーズは分単位ということもあって、ライトユーザー向けの製品という位置付けになっており、同社では「週に数回、1回あたり1〜2時間程度、データ通信を利用するユーザー向け」としている。

 パッケージには、USB型データ通信端末と専用ソフトを収録したCD-ROMが同梱され、購入後に専用ソフトをインストールしてデータ通信端末をパソコンに接続すれば、そのままデータ通信できる。USB型データ通信端末は、同社が独自調達した中国のZTE製。下り最大3.6Mbpsでデータ通信できる。また、最大4GBまでのmicroSDカード対応のリーダーライター機能も搭載する。大きさは約26.5×12×69mm、重さは約30g。通信用のアンテナは内蔵されている。利用する周波数帯は2100MHz/800MHzとなる。

 480日経過後、あるいは150時間を使用した場合の更新ライセンスは、2008年秋にリリースされる予定。




URL
  ニュースリリース
  http://www.j-com.co.jp/news/release/0818.html
  製品情報
  http://www.bmobile.ne.jp/personal/3g/

関連記事
日本通信がZTE製データ端末調達、ドコモ3G網によるMVNO提供
ドコモと日本通信、相互接続の基本事項で合意


(関口 聖)
2008/07/03 21:23


ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.