ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

3.1インチ・ワイドVGA有機EL搭載のWoooケータイ「W63H」

ガーネットオレンジ

ガーネットオレンジ
 「W63H」は、3.1インチ、ワイドVGA(480×800ドット)の有機ELディスプレイを搭載した折りたたみ型の日立製作所製CDMA 1X WIN端末。12月上旬発売予定。

 日立のテレビブランドの名称から、「Woooケータイ」の名を冠した「W63H」。ディスプレイは約3.1インチ、WVGAサイズ(480×800ドット)の有機ELを搭載。CEATEC JAPAN 2008のKDDIブースで展示された「Visual WVGA有機ELディスプレイ」を採用したモデルとなり、240×800ドットの中に4色の発光素子を組み込むことで、480×800ドットを実現している。

 端末は回転2軸ヒンジを採用したシンプルな外観となり、「W53H」で採用した「Cutting edge Design」がベースとなる。無駄をそぎ落とし、エッジを効かせたデザインを狙ったもの。ターゲットは20〜30代の社会人(男女)となる。

 ボディカラーはガーネットオレンジ、サファイアブラック、オパールホワイトの3色。ヒンジ部はメタリック調のカラーがアクセントになっており、白色および橙色系ボディカラーにはゴールド、ミッドナイトブルー系のボディカラーにはシルバーのカラーを採用する。なお、ボディカラーのサファイアブラックには、見る角度で色が変化して見える偏光性塗料が採用されている。日本ペイントのマジョーラカラーと呼ばれるもので、レースカーやデモンストレーションカーなどで採用されている。

 3.1インチ、WVGAサイズの有機ELディスプレイを活かした美しい映像が特徴となる。従来のWoooケータイに採用されていた「光センサー連動γ補正」「リアルタイムγ補正」「彩度補正」といった映像技術に加えて、新たに「エッジエンハンサ」機能が搭載された、画像の輪郭を強調し、シャープな映像が得られるため、映像中の文字も視認しやすいという。


サファイアブラック オパールホワイト
サファイアブラック オパールホワイト

 ワンセグ関連では、「W62H」から引き続き、通常15fpsの映像を最大30fpsにする「なめらかモード」が用意されている。LISMO Videoの全画面表示や録画予約、1.3倍速の音声付き時短再生、タイムシフト再生といった機能も用意される。音声技術として、ダイマジックの「DBEX」を採用する。録画時間は本体メモリが最長約3時間20分、2GBのmicroSDカードの場合は最長約10時間40分記録できる。Bluetoothに対応しており、対応するヘッドフォンを利用すれば、音楽のほかにLISMO Videoやワンセグも楽しめる。

 発表会時点での印象ではあるが、ワンセグの元映像は240×320ドットの15fpsとなるためか、きれいな映像というところまでの強いインパクトは感じられなかった。ただし、プリセットされていたLISMO Videoの映像は、黒色がひきしまった画質で、有機ELらしさを強く感じられた。

 カメラ機能は500万画素のオートフォーカス付きとなる。手ぶれ補正機能やグリッド表示撮影にも対応する。microSDカードスロットを搭載しており、最大2GBのメモリカードに対応する。

 PCドキュメントビューアーも進化した。前モデルとなる「W62H」では、Word、Excelファイルの編集に対応し、PowerPointやPDF、mht形式のファイルの表示をサポートしていた。「W63H」では、メール添付サイズが2MBに拡張されており、編集したWord、Excelファイルをメール添付して送信できるようになった。

 また、メール添付サイズの拡張によって、撮影したカメラ画像もより大きなファイルサイズのものが添付できるようになる。5メガカメラの最大サイズで撮影した場合、画質「FINE」に設定にしてもファイルサイズは2MB程度、会場スタッフはおおむね添付送信できると語っていた。

 OCR機能を利用した辞書機能も用意され、単語や文章を撮影して言葉の意味が調べられるほか、音声で英単語や英熟語の確認も可能。IrSimpleの赤外線通信のほかBluetooth通信に対応。Bluetoothを使った近距離対戦ゲームも楽しめる。モバイルデータ通信定額に対応しており、USB接続やBluetooth接続でパソコンを使ったインターネットにも活用できる。

 端末プラットフォームは「KCP+」を採用する。国際ローミングサービス「グローバルパスポート CDMA」がサポートされる。データフォルダ容量は約600MB。

 GPS機能に対応し、EZナビウォークや安心ナビがが利用可能。おサイフケータイも利用可能で、ディスプレイの背面側にFeliCaのアンテナがある。主なサービスでは、フルブラウザやau Smart Sports、LISMO Video、au BOX、ケータイ de PCメール、EZアプリ Full Game!、オープンアプリプレイヤーなどに対応する。

 なお、「W62H」に引き続き、日立製エアコンのキャラクター「白くま君」の待受画像やメニュー画面がプリセットされている。説明スタッフの話によれば、「かわいらしいキャラクターが非常に人気で、男性からも高い支持を得た」とのこと。

 大きさは約50×110×17.4(最厚部21)mmで、重さは約123g。連続待受時間は約270時間(国内モード時)、連続通話時間は約230分。



■ フォトギャラリー



URL
  ニュースリリース
  http://www.kddi.com/corporate/news_release/2008/1027/

関連記事
au、映像にこだわった秋冬モデル7機種を発表


(津田 啓夢, 太田 亮三)
2008/10/27 11:11


ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.