ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

テーマは“TOUCH”、孫氏「ソフトバンクは攻め一辺倒」

 ソフトバンクモバイルは30日、都内で2008年冬モデル発表会を開催した。製品ラインナップや新サービスは、代表取締役社長の孫正義氏から紹介された。また、会見後半には、同社テレビCMに出演する上戸彩と樋口可南子が登場し、公約通り、1298万円の「823SH Tiffanyモデル」が贈呈された。


今回のテーマは「TOUCH」

 孫氏は、2004年9月に携帯電話事業参入を表明したことを振り返り、「私は当時、携帯電話がインターネットマシン化する、そういう時代がくると感じた。ソフトバンクはパソコン、インターネットの世界で育ってきたため、携帯電話は異なる業界のように捉えていたが、いずれインターネットの中心はパソコンから携帯電話に移行すると考えた。なぜならば、携帯電話のモバイルインターネットのほうがパソコンよりも便利になり、もっと使いやすくなると感じたからだ」と語り出した。

 同氏は、技術革新により、携帯電話クラスの機器でもインターネットを利用するに十分な処理能力が備わったこと、3G網で高速通信環境が整ったこと、そしてネットを利用するに必要なディスプレイサイズが実現されたこと、という3つのポイントにより、「ケータイのインターネットマシン化が実現した」と説明した。

 同氏は、「今回のテーマは“TOUCH(タッチ)”。操作したい部分に触れるタッチパネルインターフェイスは直感的で使いやすい。インターネットにもアクセスしやすく、パソコンよりも便利。私は、iPhoneを使い出してから、1日の間でパソコン経由のインターネット利用が1/10になる一方、インターネットそのものの利用頻度は3倍くらいになった」とタッチパネルの利便性を説明。今回、その魅力を広げるラインナップとして、iPhone、今回の931SH、OMNIA、Touch Diamond、Touch Proの4機種が追加され、これらが孫氏が提唱する「インターネットマシン」とした。


「なぜ当社にカシオがないのか」

 930SHをはじめとする、タッチパネル非対応の携帯電話について「インターネットマシン以外を忘れたわけではない」と紹介をスタート。

 ソフトバンク向けで、初めて登場したカシオ製の「830CA」について同氏は「我々はユーザーアンケートなどで、他社の携帯電話についても調査している。au端末の中で、カシオの携帯電話は、持ちやすさ・使いやすさで常に顧客満足度トップだ。カシオの端末がなぜソフトバンクにないのか、と当社のエンジニアに言い続けてきたが、今回ついに登場した」と紹介した。

 このほか、プレゼンテーションの途中には、ウォルト・ディズニー・ジャパンのデービット・ミルスタイン氏が登場。29日に発表されたディズニー・モバイルの新機種「DM003SH」とコンテンツサービスの拡充が紹介された。


ウィジェットは世界戦略の一環

左からヤフー喜多埜氏、マイスペース大蘿氏、孫氏、ミクシィ笠原氏、ニワンゴ杉本氏、DeNA南場氏

左からヤフー喜多埜氏、マイスペース大蘿氏、孫氏、ミクシィ笠原氏、ニワンゴ杉本氏、DeNA南場氏
 新サービスの1つである「モバイルウィジェット」は、待受画面上でポータルサイトと連携するツールなどを利用できる機能。孫氏は「“ウィジェット”という言葉は耳慣れない言葉だが、今後、日本のケータイの標準にしたい」と意欲を見せた。

 会見では、ディー・エヌ・エー(DeNA)代表取締役社長の南場智子氏、ニワンゴ代表取締役社長の杉本誠司氏、ミクシィ代表取締役社長の笠原健治氏、マイスペース代表取締役社長の大蘿淳司氏、ヤフー取締役兼COOの喜多埜裕明氏が登壇し、それぞれのサービスを紹介した。

 孫氏は「他社のアプローチよりはるかに本格的で快適に使える。当初は931SHのみだが、続々と搭載される」と述べ、日本のインターネット企業各社と協力して、ともにサービス提供するとともに、ビジネスモデルを構築していくとした。

 質疑応答の際、今後の展開を尋ねられた孫氏は「チャイナモバイル、ボーダフォンとの合弁会社を通じて徐々に世界展開していく。将来的には日本のサービスが世界に進出でき、世界のウィジェットが日本にやってくることになる」とした。


ソフトバンクは攻め一辺倒

 今年度の携帯電話市場は、第2四半期まで前年比で落ち込み、8月の出荷量は半減している。この点について尋ねられた孫氏は「ソフトバンクは攻め一辺倒。新たな端末、新サービスでワクワク感、ドキドキ感を何が何でも広めていく。その一方で端末のロングライフ化を進めていきたい。短期間で陳腐化せず、ファンを開拓する。“何でもありのソフトバンク”にしたい」と述べた。


「ソフトバンクは攻め一辺倒」と積極的な姿勢を示した

「ソフトバンクは攻め一辺倒」と積極的な姿勢を示した
 また、iPhoneについては、新デバイスの外部バッテリー&ワンセグチューナー、無線LANサービスの無料開放などのほか、社内に「iPhoneマスター制度」を創設し、10月から全国の販売店に1万数千名の販売スタッフを配置しはじめたことを明らかにし、サポート体制の拡充をはかる方針を示した。

 OMNIAとともに同社初の下り7.2Mbps対応端末となる「C01SW」も発表されたが、料金プランについては特に紹介されなかった。孫氏は「パソコンでのデータ通信はトラフィックを占有する。モバイルデータ通信のオススメの使い方は、外出先や旅行、街角でメールをさっと使うといった形」と述べた。


 また2006年10月からスタートした新スーパーボーナスについて、2年間の割賦を終了する人が登場する時期にさしかかったことを尋ねられると、前日の決算会見と同じく、「割賦販売は事前のテストケースを実施していた。2年過ぎた人があわてて解約する兆候は見られない」と述べるとともに、2年間の割賦を終了するユーザー向けに特別な施策を別途実施することはなく、従来同様のキャンペーンを今後も実施する考えを示した。


10台限定、1298万円の「Tiffanyモデル」

上戸彩と樋口可南子にプレゼント

上戸彩と樋口可南子にプレゼント
 ソフトバンクでは、今年1月に開催した春モデル発表会において、「ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパンとコラボした価格1000万円の携帯電話」を開発する方針を明らかにしていた。当時は、発表会席上で上戸彩にプレゼントされることになっていたが、6月の夏モデル発表会では樋口可南子にもプレゼントすることになった。

 今回、ダイヤモンド537個(約18.34カラット)の「823SH Tiffanyモデル」が完成し、10台限定で発売されることになった。発表会では上戸彩と樋口可南子が登場し、孫氏から直接、2人に「823SH Tiffanyモデル」が手渡された。

 「823SH Tiffanyモデル」は、本体表面のプラチナパネルにダイヤがあしらわれ、価格は1298万円。ティファニー製のオリジナルケースが同梱され、待受画像やメニュー画面もティファニーオリジナルデザインになる。

 11月1日〜9日には「ソフトバンク 表参道」で、11月1日〜16日には「ティファニー 丸の内東京店」で「823SH Tiffanyモデル」が参考展示される。


価格は1298万円 約18.34カラットのダイヤ
価格は1298万円 約18.34カラットのダイヤ

■ フォトギャラリー



URL
  ソフトバンクモバイル
  http://www.softbankmobile.co.jp/

関連記事
ソフトバンク、2008年冬モデルを発表


(関口 聖)
2008/10/30 19:48


ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.