ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

GSM対応で薄さ9.8mmのスリムワンセグ「P-04A」

「P-04A」RED

 パナソニック モバイルコミュニケーションズ製の「P-04A」は、GSMの国際ローミングが可能な厚さ9.8mmのワンセグ対応端末。NTTドコモが新たに発表した「docomo SMART series」の1つで、「Extreme Slimワンセグケータイ」という愛称も付けられている。2009年2〜3月にかけて発売される予定。

 最大の特徴は、「世界最薄(パナソニック調べ)」という厚さ9.8mm(最厚部13.6mm)の折りたたみ型ボディでGSMによる国際ローミング通信を実現した点。すでに発売されているP706iμと厚さは同等だが、GSMはP-04Aで新たに対応した。これにより海外通話サービス「WORLD WING」は3G、GSM両対応となった。なお世界時計や単位・外貨換算ツール、国番号一覧といった海外で利用するのに便利なアプリ類もプリインストールされる。

 表面パネルには高級感の実現と強度確保の観点からステンレス素材を採用。また本体カラーバリエーションごとに表面加工も異なる。内部の回路基板は、基板全体を樹脂で覆って落下衝撃などによる部品脱落を防ぐ「ボードモールド」と呼ばれる処理が施されている。強度確保だけでなく、薄型化にも貢献しているという。

 キー入力部は「レリーフキー」と呼ばれるシート状のキーを採用する。またパナソニック端末ではおなじみのワンプッシュオープンボタンをヒンジ部に搭載する。

 ディスプレイは3.0インチ、フルワイドQVGA(240×427ドット)、26万2144色表示のTFT液晶。薄型化のためにサブディスプレイは省かれているが、通話やメールの着信状況を知らせるLEDが背面に3つ搭載されている。またオートフォーカス対応の有効画素数約320万画素(記録画素数320万画素)のCMOSカメラを内蔵する。テレビ電話用の内側カメラは非搭載。最大16GBまでのmicroSDHCカードを外部メモリとして利用できる。

 ワンセグ機能も利用可能で、アンテナは本体に内蔵済み。イヤホンマイクなどを接続してアンテナ代わりにする機能はないが、部品の進化によって内蔵アンテナでも十分な感度を得られるようになったため、あえて省略されているという。画質面では、フレーム数を通常の2倍にあたる30フレーム表示にする「モバイルWスピード」に対応、なめらかな動きを表現できる。

 新サービスとしては「iコンシェル」に対応。一方で「iウィジェット」および「iアプリオンライン」には非対応となっている。このほかの主要機能としてはおサイフケータイ、2in1、受信速度最大7.2MbpsのHSDPA(FOMAハイスピート)をサポートする。GPS機能は非搭載。

 本体サイズは110×50×9.8mmで、重さは約105g。3G時の連続待受時間は約440時間(静止時)、連続通話時間が約150分。GSM時は連続待受時間が約190時間(静止時)、連続通話時間が180分。ボディカラーはRED、BLACK、SILVERの3色。


BLACK

SILVER

■フォトギャラリー



URL
  ニュースリリース
  http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/page/081105_01_3.html


(太田 亮三, 森田秀一)
2008/11/05 14:32


ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.