ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

カメラ非搭載のビジネスユーザー向けスリムモデル「P-05A」

「P-05A」

 パナソニック モバイルコミュニケーションズ製の「P-05A」は、同時発表された「P-04A」からカメラを省いたモデル。P-04Aと同じく「docomo SMART series」の1つにラインナップされる。2009年2〜3月にかけて発売予定。

 厚さ9.8mmの薄型ボディでGSMによる国際ローミングに対応するなど、主要な特徴はP-04Aとほぼ同様だが、最大の違いはカメラを非搭載としている点。カメラ機能が不要なビジネスユーザーの利用を想定している。

 カメラ非搭載によって、P-04Aと比較しての重量は2gほど軽量化され、約103gになった。方向キーの右下には、カメラボタンの代わりにボイスレコーダーボタンが用意されている。またP-05Aでは本体背面のLED部横に通話やメールを示すアイコンが付記されているが、P-04Aでは表記が省略されている。

 表面パネルにおけるステンレス素材の採用や、ワンプッシュオープンボタンはP-04Aと同様。海外通話サービス「WORLD WING」は3GとGSMが利用可能で、世界時計や単位・外貨換算ツール、国番号一覧など海外旅行者向けのアプリもプリインストールされている。

 ディスプレイは3.0インチ、フルワイドQVGA(240×427ドット)、26万2144色表示のTFT液晶。サブディスプレイは非搭載だが、背面にある3つのLEDで通話やメールの着信状況を確認できる。このほか最大16GBまでのmicroSDHCカードを利用できる。

 ワンセグ機能も利用可能で、アンテナは本体式。高画質化技術として、フレーム数を通常の2倍にあたる30フレーム表示にする「モバイルWスピード」を搭載。よりなめらかな映像が楽しめるという。

 新サービスは「iコンシェル」に対応。しかし「iウィジェット」および「iアプリオンライン」は未サポートとなっている。このほかの主要機能としてはおサイフケータイ、2in1、受信速度最大7.2MbpsのHSDPA(FOMAハイスピート)をサポートする。Word、Excel、PowerPoint、PDFファイルを表示するためのドキュメントビューアおよびPDFビューアも搭載する。なおGPS機能は非搭載。

 本体サイズは110×50×9.8mmで、重さは約103g。3G時の連続待受時間は約440時間(静止時)、連続通話時間が約150分。GSM時は連続待受時間が約190時間(静止時)、連続通話時間が180分。ボディカラーはSolid Blackの1色。

■フォトギャラリー



URL
  ニュースリリース
  http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/page/081105_01_3.html


(太田 亮三, 森田秀一)
2008/11/05 14:34


ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.