ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

ドコモの新シリーズ、型番の意味は?

4つのシリーズに分類して型番を一新した

4つのシリーズに分類して型番を一新した
 NTTドコモは5日、新モデル21機種を発表した。これまでと異なり、コンセプトごとにシリーズ分けされており、あわせて新たな型番が採用されている。

 これまでドコモの携帯電話は、「N906i」「F705i」「P506i」といった型番が使われてきた。これは最初のアルファベットが製造メーカー名、3桁の数字は高機能端末などを示すシリーズ番号、最後にiモード対応ということで「i」が付いていた。

 ところが今回発表された2008年冬〜2009春モデルでは、これまでの型番を一新し、「SH-01A」「N-01A」「P-02A」という表記に変更された。新型番は「メーカー名(SHなど)」「通し番号」「登場年度」という意味がある。メーカー名は従来通りだが、通し番号は、冬モデルからはじまって、次の春モデル、夏モデルまで続く。

 登場年度については、一般的な「年度」が4月〜翌年3月末を示すのに対し、ドコモでは冬モデル〜翌夏モデルまでを1つの区切りとしており、2008年冬モデル〜2009年夏モデルまでは「A」、次の冬モデル〜翌夏モデルは「B」になると見られる。

 たとえば、これから1年間の間に登場するNEC製端末は「N-01A」「N-02A」「N-03A」「N-04A」と表記され、その次の年度(2009年冬〜2010年夏)に登場するパナソニック製のモデルは、「P-01B」「P-02B」「P-03B」などと表記されることになる。

 またラインナップは、ハイエンド志向の「PRIME」シリーズ、ファッション性を追求した「STYLE」シリーズ、ビジネス層を意識した「SMART」、スマートフォン風の機種を揃える「PRO」シリーズに区分されることになったが、機種名とシリーズ分類は必ずしも一致しない。

 NEC製の「N-03A」やパナソニック製の「P-03A」はSTYLEシリーズの1つだが、富士通製の「F-03A」やシャープ製の「SH-03A」はPRIMEシリーズとなっており、「03」という型番だけでは、機能やコンセプトが推定できない。同じような型番の割り当て方は、auでも採用されている。



URL
  NTTドコモ
  http://www.nttdocomo.co.jp/

関連記事
ドコモ、新モデル21機種発表〜シリーズを一新


(関口 聖)
2008/11/05 21:03


ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.