ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

ドコモ、iアプリの新バージョン「Star」導入

対応機種であるF-01A(11/19発売)

対応機種であるF-01A(11/19発売)
 NTTドコモは、iアプリの新たな仕様として、「Star」と名付けたプロファイルを2008年冬〜2009年春モデルで導入する。

 ドコモのiアプリは、プログラム技術言語の携帯機器版であるJ2ME(Java 2 Micro Edition)のCLDC(Connected Limited Device Configuration)をベースに独自仕様を加えた「DoJaプロファイル」という仕様に基づいていた。今回導入される「Starプロファイル」はDoJaの後継とされており、CLDCで規程されたAPIのほか、iアプリ独自のAPIを利用する。

 ただし、StarとDoJaには、ソースコードレベルで互換性がなく、待受アプリ機能などDoJaの一部機能はStarで廃止されていることから、Star対応の携帯電話には、Starの実行環境とは別にDoJaの実行環境が用意される。たとえば、11日時点で「Star」対応機種として公開されている「F-01A」では、DoJa5.1互換機能が用意される。なお、ドコモによれば、iウィジェット対応機種は全てStar対応機種になるという。

 ドコモでは新シリーズの導入にあわせ、シンプルなアクセサリーツールを利用しやすくするサービス「iウィジェット」を導入する。Starプロファイルの技術資料では、小さなiアプリを複数同時実行できる環境を「WidgetView」と呼んでいる。WidgetView上で動作するアプリは「ミニアプリ(ウィジェットアプリ)」と呼ばれ、最大9個まで同時実行できる。

 iアプリとしては、従来型のアプリであるフルアプリや、iウィジェット向けのミニアプリ、1つのJARファイルにフルとミニをまとめたフル+ミニアプリとなる。ミニアプリからはカメラや電話帳、ブックマークなどは利用できないといった制限はあるが、ミニアプリ上でシンプルな機能を提供し、フルアプリに切り替えて全ての機能を利用できる、という見せ方ができる。

 ファイルサイズは、フルアプリがJARファイルとスクラッチパッド合計で2MB、ミニアプリがJARファイル50KB、スクラッチパッド200KBとなる。フル+ミニアプリはJARファイルとスクラッチパッド合計で2MBとなり、フルとミニでスクラッチパッドを共有できるが、ミニアプリ側からアクセスできるスクラッチパッドに制限がある。

 このほか、携帯本体と外部メモリ間で、iアプリを移動できるオプション機能も用意される。本体メモリのiアプリを外部メモリに移すと、本体からアプリは削除され、本体に戻す時や実行時には、アプリをダウンロードした時のFOMAカード(UIMカード)を本体に装着しておく必要がある。

 ドコモでは開発者向けサイト「作ろうiモードコンテンツ」で、Starプロファイルの技術資料を公開している。



URL
  Starプロファイル向け技術資料
  http://www.nttdocomo.co.jp/service/imode/make/content/iappli/technical_data/star/

関連記事
時計や株価、検索などでカスタマイズ「iウィジェット」
リアルタイムに通信対戦、「iアプリオンライン」


(関口 聖)
2008/11/11 15:13


ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.