ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

3D表示対応の日立製Woooケータイ「H001」

H001

 Woooケータイ「H001」は、3D表示に対応した日立製作所製のCDMA 1X WIN端末。2月上旬以降に発売される。オープン価格の製品だが、シンプルコース契約時の新規購入価格は5万円台前半となる見込み。

 約3.1インチ、フルワイドVGA(480×854ドット)のIPS液晶を搭載。3D表示は、右目と左目の視差を利用したハードウェア3D処理で、 LISMO Videoやワンセグ映像、写真などを立体的に見られる。数字ボタン下部に用意された3Dボタンでワンタッチで2Dと3Dが切り替えられ、テレビ電話と着信時の表示以外の、ほぼすべての場面で3D表示にできる。

 ディスプレイによる表示段階で3D表示の処理を行うため、撮影した写真や動画など、端末内で扱うコンテンツ・データそのものは従来の端末と同様の形式で保存されている。メーカーサイトなど一部では3D表示で見た場合に最適化されたコンテンツを配信する予定で、これらのコンテンツは表示するとディスプレイが自動的に3D表示モードに切り替わる。3D表示は飛び出す具合や、奥行きの具合などを設定で変更できるようになっている。

 なお、左右の視差を利用して立体的に見せる表示のため、見え方には個人差がある。とくに左右の目で視力が大きく異なっている場合は、立体的に見えづらい場合があるという。基本的には、ディスプレイの正面で30〜50cm離れた距離が、最適な距離とのことだった。

 端末は縦にも横にも開く2WAYオープンスタイルを採用する。メインディスプレイの映像処理エンジン「Picture Master for Mobile」には新たに「ダブルトーンオプティマイザ」を搭載し、メリハリの映像を表示できる。ワンセグは30fpsで表示するなめらかモードに対応している。

 AF/手ブレ補正付きの500万画素カメラを搭載し、最大2GBまでのmicroSDカードに対応する。サブディスプレイは5×15ドットのLED。グローバルパスポートCDMAに対応する。Bluetoothや赤外線通信に対応。PCドキュメントビューアはWord、Excelファイルの編集にも対応している。

 主なサービスでは、着うたフルプラス、ワンセグ、おサイフケータイ、デコレーションアニメ、EZナビウォークなどが利用できる。

 連続待受時間は最大約260時間、連続通話時間は約220分。大きさは約51×111×18.6mm(最厚部19.2mm)で、重さは約145g。ボディカラーはフレイムレッド、ソリッドシルバー、ネオンパープル。


フレイムレッド 開いたところ
フレイムレッド
開いたところ

ソリッドシルバー 開いたところ
ソリッドシルバー
開いたところ

ネオンパープル 開いたところ
ネオンパープル
開いたところ

背面 閉じたところ

開いたところ(斜め)
■ フォトギャラリー



URL
  ニュースリリース
  http://www.kddi.com/corporate/news_release/2009/0129/

関連記事
au、製品型番を刷新した春モデル発表


(津田 啓夢, 太田 亮三)
2009/01/29 10:42


ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.