ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

スタイリッシュな背面パネルのパナソニック製「P001」

P001

 「P001」は、印象的な背面パネルを採用したパナソニック モバイルコミュニケーションズ製のCDMA 1X WIN端末。2月下旬の発売を予定している。オープン価格の製品だが、シンプルコース契約時の新規購入価格は4万円台後半になる見込みという。

 一般的な折りたたみ型端末だが、風合いの異なる4種類の部材を組み合わせた「クワッドフェイスデザイン」の背面パネルを採用した点が大きな特徴。各部にはハーフミラー処理蒸着、金属調パーツ蒸着、高光沢塗装仕上げなどが施され、カラーリングもそれぞれ異なる。また厚さ13.3mmの薄型モデルとなっており、ワンプッシュオープンボタンといったパナソニックらしい特徴も備えている。なお20〜30歳代の男性社会人をおもなユーザー層として想定しているという。

 薄さを重視した本体デザイン、シート状のキーに凹凸をつけた「レリーフキー」などからW62Pの後継機種であることを伺わせるが、P001ではパナソニックとして初めて「KCP+」の開発プラットフォームを導入。内部的には大きく変更されている。メインディスプレイは約3.1インチ、26万色、フルワイドVGA(480×854ドット)表示のTFT液晶。やはりパナソニック製品としては初採用という「高色再現性液晶」で、バックライトや液晶パネルの改善によってNTSC比(色再現性)を高めた。W62Pと比較して「約1.8倍の色再現性」と説明されている。このほかグローパルパスポートCDMA、Bluetoothへの対応も大きな変更点になっている。

 なおメインディスプレイ最下部の帯状の領域は「インフォメーションエリア」で、時刻やスケジュールを随時表示しておける。サブディスプレイは約0.4インチ、56×12ドット表示の白色有機EL。約324万画素のオートフォーカス対応CMOSカメラを内蔵する。データフォルダ容量は750MB(うちEZアプリ領域5OMB)、外部メモリとして2GBまでのmicroSDカードをサポートする。

 ワンセグ(アンテナ内蔵式)やau one ガジェット、おサイフケータイ、Bluetooth、赤外線通信などに対応する。新サービスとしては着うたフルブラス、EZナビウォーク(シンプルモードおよびフルモード対応)をサポートする。デコレーションアニメには非対応。

 本体サイズは約50×112×13.3mm(最厚部17.1mm)で、重さは約117g。連続待受時間は約270時間、連続通話時間は約230分(いずれも国内使用時)。ボディカラーはキャンティレッド、エボニーブラック、グラシアホワイト。


キャンティレッド エボニーブラック
キャンティレッド
エボニーブラック

グラシアホワイト 側面
グラシアホワイト
側面

閉じたところ 背面

■フォトギャラリー



URL
  ニュースリリース
  http://www.kddi.com/corporate/news_release/2009/0129/
  製品情報(au)
  http://www.au.kddi.com/seihin/ichiran/kishu/p001/
  製品情報(パナソニック)
  http://panasonic.jp/mobile/au/p001/

関連記事
au、製品型番を刷新した春モデル発表


(津田 啓夢, 森田秀一)
2009/01/29 11:03


ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.