ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

au春モデルのパンフレット? 一部販売店で配布される

2月号と銘打ったカタログと、au春モデルと見られる各機種のパンフレット

2月号と銘打ったカタログと、au春モデルと見られる各機種のパンフレット

カタログでは、春モデルとして各機種を紹介している

カタログでは、春モデルとして各機種を紹介している
 auの新機種と見られる携帯電話のパンフレットが都内の一部販売店で配布されていた。編集部でも各機種のパンフレットとカタログの2月号を入手した。

 国内の携帯電話では、新機種が開発・発表されるたびに、その機種の特徴を紹介するパンフレットが作成され、店頭で配布されている。また各キャリアでは、自社の携帯電話や料金、各種サービスを紹介するカタログを毎月発行している。

 今回、編集部では、auの2009年春モデルと見られる各機種のパンフレットと、2月号と銘打ったauのカタログと見られる冊子を入手した。いずれも関係者から極秘裏に調達したものではなく、携帯電話を販売する店舗で、その他のパンフレットやカタログとともに配布されていたもの。いずれの機種も公式に発表はされておらず、店頭でこういったパンフレット・カタログが配布されているのは異例。また店頭では、一部モデルのモックアップも並んでいた。

 配布されていたパンフレットは、3D液晶搭載の「H001」、800万画素カメラ搭載の「SH001」、ベルト付きという携帯電話「NS01」、子供向けの「K001」、タッチパネル搭載の「CA001」で、2月号カタログという冊子には折りたたみ型の「Walkman Phone, Premier3」なども紹介されている。

 各機種の名称は、従来のau端末で採用されているルールとは異なっており、それだけではau端末と判断できないが、カタログ上に「au by KDDI」というロゴマークが印刷されているほか、auの各種サービスに対応することなどが案内されており、au向けの携帯電話と推察できる。なお毎年の1月下旬〜2月上旬は、春商戦向けの携帯電話新機種が発表されるシーズンとなっている。

 KDDIでは「現時点でそういった資料を配布したという事実は確認できていない。もしそういったことがあれば、販売店が事前納品したものを誤って配布した可能性はある。今後、店舗に対して指導を徹底したい」としている。



URL
  au
  http://www.au.kddi.com/


(関口 聖)
2009/01/27 20:02


ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.