ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

au初のスマートフォン「E30HT」の提供条件が明らかに

 KDDI、沖縄セルラー電話は、Windows Mobile搭載のKDDI初のスマートフォン「E30HT」を5月より発売する。今回提供条件が明らかにされた。

 「E30HT」は、Windows Mobile 6.1 Professional Editionを搭載したHTC製のスマートフォン。端末を横にスライドさせるとハードウェアキーボードが現われる。ディスプレイはタッチ式で、約2.8インチ、480×640ドットのTFT液晶を搭載する。3.2メガカメラなどを装備する。大きさは約52×106×18.8mmで、重さは約154g。連続通話時間は約260分、連続待受時間は約330時間。

 法人向けモデルを示す「E」シリーズの端末だが、量販店などでも購入できる。端末はauのSIMカード「au ICカード」に対応し、通常の音声端末と同様、SIMカードを差し替えた場合はauショップでのアクティベーションが必要となる。

 CDMA2000 1xEV-DO Rev.Aをサポートし、下り最大3.1Mbps、上り最大1.8Mbpsのデータ通信に対応する。平均の通信速度は都心部で700kbps〜1Mbps程度になるという。auの通常料金プランが適用され、パケット定額オプション「ダブル定額」「ダブル定額ライト」といった割日サービスも適用できる。

 ただし、Cメールを除いて、EZwebのメールやネット、着うたなどは利用できない。フルブラウザやメーラーアプリを利用した国内のパケット通信は、1パケットあたり0.21円となり、前述のパケット定額オプションの適用対応となる。E30HT単独での通信の上限額は5985円。E30HTをデータ通信モデムとして利用し、パソコンやPDA側でデータ通信を行った場合、上限額は1万3650円となる。

 インターネット接続には、「au.NET」のほか、PacketWIN対応プロバイダーが利用できる。「au.NET」の利用料は月額945円となるが、法人ユーザー向けには割引サービスが提供され、同一名義で30回線以上利用すると、「au.NET」の利用額は1台あたり月額315円になる。

 「E30HT」はグローバルパスポートCDMAに対応し、海外での通信は、1パケットあたり0.2円で利用できる。海外ではパケット割引サービスは適用されない。また、インターネット接続は「au.NET」のみ対応する。



 このほか、「E30HT」を無線LANルーターとして活用できるアプリ「WALKINGHOTSPOT」がプリセットされる。パソコンやPDA端末など最大5台の無線LAN対応機器が接続可能で、「E30HT」1台でインターネット接続環境を用意できる。パソコン(PDA)と「E30HT」の間は無線LANかBluetooth、インターネットにはCDMA2000 1xEV-DO Rev.Aで通信する。この場合もパケット割引サービスを適用すると、パケット上限額は月額1万3650円となる。

 さらに、携帯電話向けに提供中の「scanR」アプリがプリセットされる。月額制のアプリだが、「E30HT」ではパケット通信料のみで利用できる。このアプリは、印刷された文書などをカメラで撮影すると、画像データがサーバー側でPDF形式やvCARD形式に変換され保存できる。保存されたデジタルデータをメールやFAX送信も可能となっている。

 auでは、法人向けセキュリティサービスとして、従来、端末内データを削除する「ビジネス便利パック」を提供している。今回新たに「スマートフォンリモートデータ削除サービス」が導入され、「E30HT」の端末内データを遠隔操作で削除できる機能が用意される。夏頃に試験サービスとして提供される。

 KDDIでは、「E30HT」で利用可能なアプリケーションなどを紹介するアプリポータル「Business App NAVI」をオープンする予定。アプリは基本的に無償提供されるが、将来的には課金代行による有料アプリの配信なども検討しているという。





URL
  スマートフォン「E30HT」の提供条件について
  http://www.kddi.com/corporate/news_release/2009/0317a/index.html
  au.NETビジネス割引について
  http://www.kddi.com/corporate/news_release/2009/0317/index.html

関連記事
au、法人向けスマートフォン「E30HT」
携帯をFAX・スキャナ代わりに使える「scanR」、au公式サービスに
カメラ付き携帯がスキャナーやFAXになる新サービス
KDDI、「au.NET」を割引する法人向け「au.NETビジネス割引」
KDDI、「E30HT」や「.net by au」のデモ披露


(津田 啓夢)
2009/03/17 14:13


ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.