ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

au、「Hello Messenger」を8月で終了

 KDDIおよび沖縄セルラーは、2005年11月より提供している「Hello Messenger」を、利用者の減少に伴い2009年8月31日で終了すると発表した。最近の利用ユーザー数は月5万人程度。

 「Hello Messenger」は、専用アプリが搭載されたauの携帯電話同士で、チャット感覚のテキストの送受信や、トランシーバーのような音声通話を最大5人でリアルタイムに楽しめるコミュニケーションサービス。2005年当時、同様のトランシーバーのような音声サービスは「Push to Talk」として海外の通信キャリアで展開されており、2005年10月にはNTTドコモが「プッシュトーク」としてサービスを発表。同月にauもHello Messengerを発表した。

 Hello Messengerは2005年11月より発売された「W33SA」「W32T」「A5515K」から対応が開始され、以降auの端末にHello Messengerアプリがプリインストールされてきた。一方で、最近ではプリインストールされない機種も増えていた。

 KDDIでは利用ユーザーに対し、Webサイトや請求書、ダイレクトメールなどでサービス終了を案内していく。


Hello MessengerアプリとW32T(2005年当時)


URL
  お知らせ
  http://www.kddi.com/corporate/news_release/2009/0318/

関連記事
女子高生に聞いた10代後半のケータイ事情
文字・写真・音声をやり取りできる新ツール
Hello Messengerやワンセグ対応端末〜au冬モデルの印象
「Hello Messenger」のターゲットは女子高生
文字や画像、音声サービスをまとめて使える「Hello Messenger」


(太田 亮三)
2009/03/18 14:50


ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.