ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

au、携帯プロジェクター「Mobile pico projector」限定発売

Mobile pico projector

 「Mobile pico projector」は、画像やワンセグなどを複数人で共有できる携帯電話向けの小型プロジェクター。「G9」のデザイナー岩崎一郎氏が手がけた3000台限定の製品となる。

 「Mobile pico projector」では、携帯電話で撮影した画像やワンセグ映像、簡単なビジネス文書などが投写できる。「G9」と同時に発売され、「G9」と同時購入の場合は特別価格1万9800円で購入できる。単体購入も可能で、その場合は3万9800円。なお、特別価格での販売はauのオンラインショップのみとなり、販売店での購入は対象外となる。

 対応モデルは、G9のほか、S001、CA001、H001、W63CA、W63H、W62CA、W62H。

 携帯電話から投写できるものは、ワンセグ映像(リアルタイム/録画再生)、動画(EZムービー)や静止画、PCドキュメントビューアーなど。著作権保護されたデータには対応しないため、LISMO Videoなどのコンテンツは再生できない。

 投写画面は6〜63インチで、解像度は480×320ドットのハーフVGAサイズとなる。投写距離は0.25〜2.5mで、光源にはLEDランプを採用する。モノラルスピーカーも装備している。

 充電式リチウムイオン電池で駆動し、連続使用時間は約2時間10分、充電時間は約110分となる。大きさは約50×112×18.3(最厚部19)mmで、重さは約128g。iidaブランドとなるためメーカー名は公表されていないが、製造は東芝が行っている。


側面 利用イメージ

■フォトギャラリー



URL
  ニュースリリース
  http://www.kddi.com/corporate/news_release/2009/0407/

関連記事
KDDI、「iida」ブランド発表


(津田 啓夢)
2009/04/07 11:05


ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.