ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

ドコモ、パケット定額490円〜やHSUPAなど満足度向上施策

 NTTドコモは、顧客満足度の向上を目指した取り組みや、CSR(Corporate Social Responsibility)の取り組みを発表した。

 ドコモの顧客満足度の向上を目指した取り組みは以下の6点。

・「パケ・ホーダイ ダブル」「Biz・ホーダイ ダブル」の料金改定
・「ファミリー割引」「オフィス割引」のグループ内メールの無料範囲拡大
・「定額データプラン スタンダード」の追加
・「ケータイてんけん」サービス開始、「電池パック安心サポート」拡充
・FOMA電波調査の対応拡充
・「ドコモ サポートデスク」の新設

 ドコモは2009年度、「変革とチャレンジ」に全力で取り組むとしている。


「パケ・ホーダイ ダブル」「Biz・ホーダイ ダブル」の料金改定

 「パケ・ホーダイ ダブル」および「Biz・ホーダイ ダブル」については、料金設定の下限が改定される。現在の料金設定は、パケ・ホーダイ ダブルが月額1029円〜4410円、Biz・ホーダイ ダブルが月額1029円〜5985円、5月1日より、下限の料金が月額490円〜となる。1パケットあたりの通信料等に変更はない。


「ファミリー割引」「オフィス割引」のグループ内メールの無料範囲拡大

 「ファミリー割引」および「オフィス割引」については、グループ内iモードメールの無料対象範囲が5月1日より拡大される。現行サービスでは、添付ファイルを含めた受信メールのデータ容量が10KB〜100K未満(903i/703iシリーズ以降は無料対象)の場合と、100KB以上の場合は無料の対象外とされている。5月1日からはこの制限が取り払われ、いずれも無料となる。ドコモでは大容量の動画や画像、デコメールも無料になるとしている。

 ただし、mova(ムーバ)端末からのiショット送信や、海外でのメール送受信などは対象外で、これまで通り課金される。


定額データプラン スタンダード

 パソコン向けのデータ通信プラン「定額データプラン」には、7月1日より新たに「定額データプラン スタンダード」が追加される。併せて、2年契約の割引サービス「定額データ スタンダード割」も提供する。

 現行プランでは、「定額データプラン HIGH-SPEED バリュー」が月額3465円〜9765円で、「定額データプラン HIGH-SPEED」が月額4200円〜1万500円、1パケットあたり0.0126円と設定されている。

 新プランでは、「定額データプラン スタンダード バリュー」が月額2000円〜9765円で、「定額データプラン スタンダード」が月額2735円〜1万500円。料金の下限は下がるが、1パケットあたりの通信料は0.042円と高くなる。サービス自体は「定額データプラン HIGH-SPEED バリュー」や「定額データプラン HIGH-SPEED」と同等のものとなる。

 なお、新プランが7月1日より提供されることにともなって、現行の「定額データプラン HIGH-SPEED バリュー」と、「定額データプラン HIGH-SPEED」は新規受付が停止される。サービス自体は継続する。

 新たな割引サービスとなる「定額データ スタンダード割」は、2年間の継続利用を条件に料金が低廉化されるサービス。「定額データプラン スタンダード バリュー」の場合は月額1000円〜5985円、「定額データプラン スタンダード」の場合は月額1735円〜6720円となる。


「ケータイてんけん」と「電池パック安心サポート」

 7月1日より、ドコモショップにおいて「ケータイてんけん」サービスが開始される。これは、ショップスタッフが端末の性能を点検し、軽微な修理までを行うというもの。

 また、ドコモプレミアクラブ向けに提供している「電池パック安心サポート」についても拡充される。現行の電池パックに加えて「補助充電アダプタ01」も選べるようになる。


FOMA電波調査の拡充、サポートデスクの設置

 ドコモでは、ユーザーの要望に対して電波調査を行っている。ユーザーの要望に原則48時間以内に訪問、対応するというもの。2008年10月のサービス開始以来、2009年3月末までに約1万3000件の調査を実施しているという。

 さらに、2009年度上期にはFOMAプラスエリア対応のFOMAレピーターも導入する予定。

 このほか、5月にロンドン、9月にニューヨークで「ドコモ サポートデスク」が設置される。


CSRの取り組み、HSUPAの導入、iコンシェルの拡充など

 ドコモでは、CSRへの取り組みとして、「ケータイ安全教室」の取り組みを強化し、学校などに映像教材を配布することや、2009年4月施行の「青少年インターネット環境整備法」の遵守、災害や環境対策などにも取り組むとしている。

 さらに、2009年下期にも「iコンシェル」サービスを拡充し、位置情報と連動した機能を追加する予定。コンテンツは交通情報や天気に加えて、レストランのクーポン情報や好きなスポーツチームの試合日程、音楽アーティスト情報などが提供される予定。レストランやショッピングの情報は地域に密着したコンテンツを拡充するとしている。

 2009年6月には、上りの通信速度を現行の384kbpsから最大5.7Mbpsに高速化し、HSUPA方式を導入する予定。これによりFOMAの通信速度は下り最大7.2Mbps、上り最大5.7Mbpsとなる。ドコモでは、動画のアップロードや電話帳のバックアップサービスなどが充実するとしている。

 当初の導入エリアは東京都23区内の主要駅周辺となる予定で、2009年12月までに全国の県庁所在地、およびそれに準じた都市の駅周辺がカバーされる方針。料金プランなどの変更は予定されていない。



URL
  ニュースリリース
  http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/page/090428_00.html


(津田 啓夢)
2009/04/28 17:25


ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.