ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

携帯3キャリア、次世代通信方式で免許申請

 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルは、それぞれ3.9世代(3.9G)の移動通信システムの免許申請を行ったことを明らかにした。

 国内の携帯電話は、アナログの第1世代からスタートし、デジタル化した第2世代に続き、2001年から第3世代(3G)の導入がスタートした。次の世代となる第4世代の携帯電話は、大まかなコンセプトや利用する周波数帯は定まっているものの、標準化された方式はなく、商用化されているサービスは、3Gよりも進化した技術(第3.5世代、3.5G)が利用されている。そして2010年春頃を目処に、3.9Gに位置付けられる通信技術が国内でも導入される見込みで、携帯各社では最終的にLTE(Long Term Evolution)と呼ばれる方式の採用を明らかにしている。

 総務省では、4月3日〜5月7日まで3.9G向けの免許(特定基地局開設計画)申請を受け付けていた。7日には、イー・モバイルから「免許申請した」と発表されたが、他の3キャリアも申請したことを明らかにしている。各社いずれも5月7日付けの申請となった。

 NTTドコモは、利用する周波数帯や周波数幅について「他社との比較審査になる見込みであり、現時点では明らかにできない」としているものの、通信方式はLTEで利用するとのこと。KDDIも1.5GHz帯でLTEを利用する形での申請だが、希望する周波数幅は明らかにしていない。ソフトバンクモバイルの申請では周波数帯が1.5GHz帯、周波数幅が10MHz幅になるという。また利用する通信方式はLTEとDC-HSDPA、HSPA+(HSPA Evolution、eHSPA)としている。



URL
  NTTドコモ
  http://www.nttdocomo.co.jp/
  KDDI
  http://www.kddi.com/
  ソフトバンクモバイル
  http://www.softbankmobile.co.jp/

関連記事
イー・モバイルが3.9Gの免許申請、LTEの業界団体にも加盟
第414回:LTE とは
第406回:DC-HSDPA とは
第330回:HSPA+ とは
「3.9Gはどうなる?」、総務省で公開ヒアリング


(関口 聖)
2009/05/07 18:44


ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.