ケータイ Watch
SHOWCASE
バックナンバー
ソフトバンク iPhone 3GS
[2009/06/26]

au G’zOne CA002
[2009/06/24]

NTTドコモ T-01A
[2009/06/19]

ソフトバンク 933SH
[2009/06/12]

ソフトバンク 831SH
[2009/04/28]

au G9
[2009/04/21]

NTTドコモ F-04A
[2009/04/17]

NTTドコモ F-03A
[2009/04/16]

NTTドコモ N-04A
[2009/03/31]

NTTドコモ P-02A
[2009/03/26]

au T001
[2009/03/25]

au S001
[2009/03/24]

au K001
[2009/03/23]

au NS02
[2009/03/19]

au NS01
[2009/03/18]

au SH001
[2009/03/17]

NTTドコモ P-03A
[2009/01/22]

NTTドコモ SH-02A
[2009/01/21]

NTTドコモ L-01A
[2009/01/20]

NTTドコモ N03A
[2009/01/07]

au W63CA
[2009/01/07]

NEW PANTONE 830SH
[2008/10/31]

SH706iw(White)
[2008/09/30]

NTTドコモ L706ie
[2008/08/31]

NTTドコモ N706ie
[2008/08/31]

NTTドコモ らくらくホンV
[2008/08/31]

P706ie(Silver)
[2008/08/31]

ソフトバンク 824SH
[2008/08/08]

ソフトバンク 923SH
[2008/07/31]

W62H(レーザーブルー)
[2008/07/31]

NTTドコモ SO706i
[2008/07/31]

ソフトバンク 825SH
[2008/07/31]

W62SH(ロイヤルパープル)
[2008/07/31]

au G’zOne W62CA
[2008/07/29]

ソフトバンク 824P
[2008/07/26]

ソフトバンク iPhone 3G
[2008/07/16]

ソフトバンク 823P
[2008/07/09]

NTTドコモ F706i
[2008/07/02]

NTTドコモ SH906iTV
[2008/06/30]

NTTドコモ F906i
[2008/06/30]

NTTドコモ HT1100
[2008/06/30]

W63K(マジェスティックブラック)
[2008/06/30]

NTTドコモ N906iL onefone
[2008/06/30]

ウィルコム WILLCOM 03
[2008/06/27]

au Sportio
[2008/06/24]

NTTドコモ PRADA Phone by LG
[2008/06/11]

NTTドコモ SH906i
[2008/06/11]

イー・モバイル S11HT
[2008/05/21]

NTTドコモ らくらくホン プレミアム
[2008/05/07]

ソフトバンク 922SH
[2008/04/24]


バックナンバー
ケータイ新製品SHOW CASE
A5305K(フォーミュラレッド)
2003年5月16日発売

写真で見るA5305K



ディスプレイ側ボディが180度回転する「ターンタイプ」 オープンすると、ディスプレイ側にやや角度がつく

キー配列
ディスプレイ側ボディの背面

ヒンジ部そばの光センサー
スピーカーは2個装備。こちらはオープン時に用いる

一見するとヒンジだけだが、クローズ時に用いるスピーカーはここになる マイクはわずかなボディの切れ目に位置する

本体左サイド。クローズ時における操作ボタンやイヤホンジャックが配されている
接続コネクタ

レンズカバーを備えた33万画素カメラ カメラはヒンジ部近く

クローズ時のカメラ利用はこのようなスタイル。シャッター側にレンズがあるため、指がかぶりやすいかもしれない オープン時は折りたたみ端末と同様なスタイルで利用できる。こちらも指がかぶらないように注意したほうが良いだろう

同梱される充電器

クローズ時のメインメニュー クローズ時のメールメニュー オープン時は画面を9等分したアイコンメニュー

メニュー第2階層
メニュー第3階層
好みの機能を割り当てられるショートカットメニュー

オープン時からアクセスした場合のメールメニュー メールボックス 日本語入力補助としてATOK for auを搭載。推測変換や学習機能を備える

8字×8行表示
10字×10行表示
例文表示

カメラメニュー
静止画撮影画面。ワンボタンで動画撮影モードに変更可能
クローズ時の撮影画面

静止画撮影時のサブメニュー フレーム撮影ももちろん可能 内蔵フレームは14種類

動画撮影画面
動画撮影時のサブメニュー

最大5倍のズームを搭載。これは標準時
ズーム1段階目
ズーム2段階目

ズーム3段階目
最大ズーム

クローズ状態で撮影したPCモードの画像。リンク先は補正などは行なっていない画像になる

アクセサリーメニュー
メディアプレイヤー。充電時も動作可能

仕様で見るA5305K

 ディスプレイ側ボディが180度回転する「ターンタイプ」を採用した京セラ製CDMA2000 1x端末。同様のスタイルは、NTTドコモの「SO505i」が先だって発表されていたが、いち早く店頭に登場した「A5305K」が日本初の「ターンタイプ」端末となる。回転させるとわずかにディスプレイ側ボディに角度が付き、通常の折りたたみ端末に近い形状となる。着信時にオープンにすると通話可能になったり、受信したメールを閲覧している際にオープンにすると返信メールの作成画面になったりするなどの工夫が凝らされており、京セラでは、その独特の形状と操作体系を「REVOLVER(リボルバー)」スタイルと呼称している。

 ディスプレイは、2.1インチで132×176ドット、26万色表示が可能なCrystal Fine液晶。ヒンジ部近くに33万画素高感度カメラを内蔵し、レンズカバーを開くだけでカメラモードに移行可能。2002年12月に発売されたA5303H同様にアプリケーションプロセッサ「SH-mobile」を採用しており、ezplusやezmovieなどをより高速に実行できる。キー側ボディ左サイドに決定ボタンも兼ねたサイドレバーが、ディスプレ側ボディ左サイドに“戻る”などの機能が割り当てられたボタンがそれぞれ配されており、クローズ時でもメールやEZwebの閲覧がスムーズに行なえる。

 日本語入力としてATOK for auを搭載し、推測変換や学習機能を備えている。着うたやムービーメールに対応している。

【おもな仕様】
サイズ
(高×幅×厚)
100×50×22mm
重量 約108g
連続通話時間 約160分
連続待受時間 約190時間
充電時間 約120分
ディスプレイ 26万色表示Crystal Fine液晶
2.1インチ(132×176ドット)
表示文字数 8字×8行、10字×10行
メモリダイヤル 500件
(メモリダイヤル1件につき2つのメールアドレス、住所などが登録可能)
リダイヤル・着信履歴 各20件
データ通信速度 最大下り144kbps、上り64kbps(パケット通信時)
ボディカラー フォーミュラレッド、チタニウムゴールド、スーパーホワイト

【インターネットメール】
サービス名 Eメール
利用料 EZwebmultiに含まれ、月額300円
通信料0.27円/128バイト
メール受信機能 最大全角5,000文字
メール送信機能 最大全角5,000文字
メール保存件数 受信:約256KBまたは500件
送信:約100KBまたは200件
添付制限 1通のメールにつき5データ(最大100KB)まで。ファイルはデータフォルダに保存

【着信メロディ】
和音数 最大40和音(FM音源32和音+PCM音源8和音)
着信音 ・パターン:3種類
・効果音:7種類
・登録済みメロディ:13曲
・自作メロディ/ダウンロードメロディ:データフォルダに保存
登録メロディ曲名 JUST SWINGIN
TUMBLER
RIDERS ON ROAD
COME ON BOUNCE
TAKE ME AWAY
FEEL
くるみ割り人形
イタリア協奏曲
悲愴
アルルの女
ジムノペティ

あなたがほしい
和音着メロダウンロード 対応。「データフォルダ」内に保存
登録効果音 電話です
メールです
時間です
効果音1〜4

【データフォルダ】
データフォルダ容量 5MB(または460件)
保存/閲覧が可能な
ファイルの種類
・ezplus(KJX)
・メロディ/メロディ&アニメ/テキスト&メロディ/アニメ&テキスト&メロディ(MMF)
・ボイス(QCP)
・ピクチャー/アニメ(PNG/GIF/JPG/BMP/MMF)
・ezmovie(AMC)
・PIM情報(vCard/vCalendar)

【カメラ(静止画)】
撮影可能フォーマット JPEG
撮影可能解像度 ケータイモード(120×160ドット)、PCモード(640×480ドット)
撮影可能容量 データフォルダに依存

【カメラ(動画) 】
撮影可能フォーマット MP4(MPEG-4+QCELP)
撮影可能画質 96×80ドット(5/10/15秒)
撮影可能容量 データフォルダに保存

【ezplus】
保存件数 データフォルダに保存

【ezmovie】
保存件数 データフォルダに保存
フォーマット AMC
登録済みのムービー 2種類


スタッフが見たA5305K

 

コメント
湯野  これまで京セラというと、堅くて地味な端末を出すメーカーだというイメージがどうしても拭い去れなかったのだが、今回の「A5305K」の弾け具合は一体何なんだろうか? この色、この形。良い意味で京セラらしからぬデザインに仕上がっている。
 しかし、実はこの端末の優れたところは、そんな奇抜な外見にあるのではなく、最近のユーザーのケータイの使い方を心得たソフトウェアの作り込みにある。例えば、閉じたスタイルでレンズカバーを開けるとカメラが起動し、そのまま撮影。そして、スライドして開くとメール送信画面に切り替わる。そんな“自然な使い方”にこだわって開発されているという雰囲気が随所に溢れているのがA5305Kなのである。この形にもちゃんと意味が持たせてあるのだ。
 もちろん、今回のA5305Kがこの形の最初のモデルということなので、今後は個々の機能のスペック向上に期待が寄せられる。京セラと言えば、デジタルカメラのメーカーとしても知られるだけに、メガピクセルのモデルにも期待したいところだ。
関口  ターンタイプという形状が圧倒的な印象を与える「A5305K」。京セラ端末としては、昨年秋のA1013K以来の登場となり、同社製として初めての5000番台端末となる。実際に操作してみると、その形状に最適化されたインターフェイスとして設計されていることが良く分かる。特にクローズ時は、左サイドのボタンを利用することで非常に滑らかな操作が可能で、静かに触っているだけで、ざわざわと鳥肌が立つほど心動かされてしまった。
 個人的に好印象だった点を順に挙げてみると、まず気づいたのは、手に取った時のボディ塗装。光沢のある仕上がりで、ミニカーの塗装に似ていると言えばご想像いただけるだろうか。指紋が目立ちにくく、手に取る機会が多い“携帯電話”にピッタリだ。またカメラのレンズカバーは、A1013Kと同様の機構となっており、スマートにカメラを起動できたり、盗撮の疑いをかけられにくいなど、利点だらけの内容。このほか、端末の外観にマッチしたメニューアイコンのデザインも私の好み。先述したクローズ時のスムーズな操作も含めて、本当に良い仕上がりと感嘆するばかりだ。
 ただ一点、ウィークポイントを指摘するならば、やはり33万画素のカメラになるだろうか。デフォルトの設定で撮影した画像はシャープさに欠け、やや暗めの画像で、2003年の春モデル、しかもフラッグシップたる5000番台のモデルとしては少々力不足と思える。また、その位置も実際に使ってみると指がレンズにかぶってしまいがちで、最初は注意を要する。しかしながら、メールやEZwebを中心に利用するユーザーにとって、その操作感は、カメラの力不足を補って余りあるほどで、現時点では最もオススメできる端末だ。



URL
  ニュースリリース
  http://www.kddi.com/corporate/news_release/2003/0422/
  製品情報(au)
  http://www.au.kddi.com/seihin/kinobetsu/seihin/a5305k/
  製品情報(京セラ)
  http://www.kyocera.co.jp/frame/product/telecom/keitai/au/a5305k/

関連記事
au、液晶画面が180度回転するカメラ付きムービーケータイ「A5305K」
京セラ、「A5305K」のイメージキャラクターに中村獅童を起用



2003/05/19 17:23

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2003 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.