ケータイ Watch
SHOWCASE
バックナンバー
ソフトバンク iPhone 3GS
[2009/06/26]

au G’zOne CA002
[2009/06/24]

NTTドコモ T-01A
[2009/06/19]

ソフトバンク 933SH
[2009/06/12]

ソフトバンク 831SH
[2009/04/28]

au G9
[2009/04/21]

NTTドコモ F-04A
[2009/04/17]

NTTドコモ F-03A
[2009/04/16]

NTTドコモ N-04A
[2009/03/31]

NTTドコモ P-02A
[2009/03/26]

au T001
[2009/03/25]

au S001
[2009/03/24]

au K001
[2009/03/23]

au NS02
[2009/03/19]

au NS01
[2009/03/18]

au SH001
[2009/03/17]

NTTドコモ P-03A
[2009/01/22]

NTTドコモ SH-02A
[2009/01/21]

NTTドコモ L-01A
[2009/01/20]

NTTドコモ N03A
[2009/01/07]

au W63CA
[2009/01/07]

NEW PANTONE 830SH
[2008/10/31]

SH706iw(White)
[2008/09/30]

NTTドコモ L706ie
[2008/08/31]

NTTドコモ N706ie
[2008/08/31]

NTTドコモ らくらくホンV
[2008/08/31]

P706ie(Silver)
[2008/08/31]

ソフトバンク 824SH
[2008/08/08]

ソフトバンク 923SH
[2008/07/31]

W62H(レーザーブルー)
[2008/07/31]

NTTドコモ SO706i
[2008/07/31]

ソフトバンク 825SH
[2008/07/31]

W62SH(ロイヤルパープル)
[2008/07/31]

au G’zOne W62CA
[2008/07/29]

ソフトバンク 824P
[2008/07/26]

ソフトバンク iPhone 3G
[2008/07/16]

ソフトバンク 823P
[2008/07/09]

NTTドコモ F706i
[2008/07/02]

NTTドコモ SH906iTV
[2008/06/30]

NTTドコモ F906i
[2008/06/30]

NTTドコモ HT1100
[2008/06/30]

W63K(マジェスティックブラック)
[2008/06/30]

NTTドコモ N906iL onefone
[2008/06/30]

ウィルコム WILLCOM 03
[2008/06/27]

au Sportio
[2008/06/24]

NTTドコモ PRADA Phone by LG
[2008/06/11]

NTTドコモ SH906i
[2008/06/11]

イー・モバイル S11HT
[2008/05/21]

NTTドコモ らくらくホン プレミアム
[2008/05/07]

ソフトバンク 922SH
[2008/04/24]


バックナンバー
ケータイ新製品SHOW CASE
P505i 阪神タイガース優勝バージョン
2003年10月4日発売

写真で見るP505i 阪神タイガース優勝バージョン



帽子ロゴと方向キー 縦縞模様と、背面液晶用に用意された星野監督の画像

2003年セントラルリーグ優勝記念ロゴ 通常のP505iとの相違点をまとめたものと、付属の背番号シール

待受画像用のセントラルリーグ優勝記念ロゴ 選手の顔写真のメニューアイコン。2パターン用意されている

星野監督画像 Never Never Never Surrenderロゴ

上から3曲が通常モデルより変更されている着信メロディ iメロディには選手9人分のヒッティングマーチ

登録済みiアプリ「P-Face 2.0」にもオリジナルフェイスが用意されている

仕様で見るP505i 阪神タイガース優勝バージョン


 P505iの阪神タイガース優勝バージョン。仕様・機能は通常のP505iと同様。変更点は、縦縞模様や優勝ロゴがデザインされたオリジナルカラーのボディ、2パターン合計18人の選手の顔写真がアイコンになったメニュー画面、着信メロディにあらかじめ登録されている阪神タイガースの応援歌「六甲おろし」、スタメン選手のヒッティングマーチを収めた着信音など。

 待受画像も、星野監督の画像や球団ロゴなどがメイン液晶、背面液晶用にそれぞれ収録されている。登録済みiアプリの「P-Face 2.0」にはタイガースをイメージしたフェイスが付属する。背番号シールが2枚付属し、お気に入りの選手の背番号を好きなところに貼ることができる。

【おもな仕様】
サイズ
(高×幅×厚)
100×50×19.9mm
重量 約115g
連続通話時間 約140分
連続待受時間 約450時間
充電時間 約110分
ディスプレイ 65,536色表示2.2型TFTカラー液晶
240×320ドット
表示文字数 14字×14行、10字×9行、8字×8行
メモリダイヤル 800件
データ通信速度 最大28.8kbps(iモード時)
ボディカラー 阪神タイガース優勝バージョン
備考 大小2種類の背番号シール同梱

【iアプリ】
iアプリ件数 15〜200件
登録済みiアプリ i絵文字メール、遊んで!いぬともP、P-Face 2.0、くるくるフォトフィール、パロディウスだ!、IrRemoteControlA

【インターネットメール】
サービス名 iモードメール
利用料 送信・受信ともに全角20文字程度で0.9円
メール受信機能 最大全角250文字
メール送信機能 最大全角250文字
メール保存件数 受信:200件
送信:100件

【着信メロディ】
和音数 48和音
着信音 ・パターン:8種類
・登録済みメロディ:選手ヒッティングマーチ10曲
・ダウンロードメロディ:最大30件
登録メロディ曲名 六甲おろし
I GOT RHYTHM
ケンタッキーの我が家
大きな古時計
闘牛士の歌
ペールギュントより「朝」
天国と地獄
バッヘルベルのカノン
登録効果音 風船が飛ぶ音
バッティング音
ピッティング音
審判
和音着メロダウンロード 対応(20KB対応)

【カメラ(静止画)】
撮影可能フォーマット JPEG
撮影可能解像度 iショットS(120×120)、iショットL(288×352)、待受(240×320)、VGA(480×640)
撮影可能容量 内蔵メモリに約869〜35枚。miniSDカードも利用可能

【カメラ(動画) 】
撮影可能フォーマット ASF形式
128×96
撮影可能容量 1件あたり約10秒。内蔵メモリに約21件


スタッフが見たP505i 阪神タイガース優勝バージョン

コメント
関口  開幕以来、快進撃を続けたプロ野球球団・阪神タイガース。その勢いに乗って、さまざまなジャンルで関連グッズが発表されてきたが、携帯業界ではなかなか盛り上がりを見せていなかった。そして優勝が見えてきた9月上旬に、ようやくこの「P505i 阪神タイガース優勝バージョン」が発表されたわけだが、その瞬間に購入を決意したユーザーは少なくないだろう。その外観は「やり過ぎ」、あるいは「地味」と意見が分かれるかと思うが、ファンであれば普段の生活で使っていても全く問題ないデザインだ。よく見れば、背面液晶周辺とキー側背面の優勝記念ロゴ程度しか目立つ部分はない。一見してタイガースモデルとわかる割には、淡白なデザインではないだろうか。
 ちなみにキー側背面の優勝記念ロゴ、実はかなり注力したようだ。この部分は、頻繁に手が触れることに加えて、ポケットやかばんの中に収納する際に傷つき、塗装が削れてしまう可能性が高い。そこで、ロゴがはがれにくくなるような工夫が凝らされているという。さらに高い技術力が必須となる多層塗りによって、安っぽさが微塵もない仕上がりになっている。とことん突き詰めたパナソニック モバイルコミュニケーションズの担当者もさることながら、安易に妥協しなかった阪神球団の熱意がこの優勝ロゴには詰まっているのだ。
 ユーザーが頻繁に利用するディスプレイを見れば、選手の顔写真によるトップメニューのアイコンや星野監督などの待受画像、タイガース模様に変更できるスケジュール管理アプリ「P-face」など、タイガース一色に染め上げられている。さらに着信メロディとしてプリインストールされている「六甲おろし」は、繰り返し聞いてしまうほどクオリティが高い。
 基本的な仕様は、従来の「P505i」同様となっているため、31万画素CCDカメラなどに不満を抱くかもしれない。また、野球シーズンは間もなく終わりを告げるため、来年のシーズンまでの間が「恥ずかしいんじゃないの?」と思う方もいるだろう。しかしながら、1985年の日本一を目撃し、92年には悔し涙を流し、そして今年の9月15日に号泣してしまったような方であれば、何はともあれ店頭で実機に触れて、購入に踏み切ってしまっても問題ない。むしろ必携モデルと太鼓判を押せるほど、きっちりデザインされた端末と言える。18年前にはあり得なかった心地良さをとことん味わって欲しい。
太田  今年、数多く発売された阪神タイガース関連商品の中でも携帯関連商品においては決定打となった製品。
 ボディは基本的にパーツ単位の塗り分けにとどまっているが、うまく阪神タイガースの雰囲気を出している。白に塗装された部分はすべて縦縞模様だともっと雰囲気がでたのではないだろうか。優勝記念ロゴにはつや消しの塗料が使われているが、周りの白と同じつやの有る塗料でなかったのが残念。方向キー左上の帽子ロゴの塗料の透明度が若干低いのも気になるが、全体的には塗膜もしっかりしていて丁寧な仕上がりになっている。
 オリジナルカラーや着メロの六甲おろし、着信音の各選手のヒッティングマーチはファンにとってうれしい要素。今後も、異業種メーカーとのコラボレーションモデルや限定カラーなど、ユーザーが喜べる特別な魅力を持った製品が多く出てきてほしい。



URL
  ニュースリリース(NTTドコモ)
  http://www.nttdocomo.co.jp/new/contents/03/whatnew1002.html
  ニュースリリース(パナソニックモバイルコミュニケーションズ)
  http://matsushita.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn030905-1/jn030905-1.html
  製品情報(NTTドコモ)
  http://www.nttdocomo.co.jp/p_s/products/keitai/505i/p505i/p505i_h.html
  製品情報(パナソニックモバイルコミュニケーションズ)
  http://panasonic.jp/mobile/p505i/tigers.html

関連記事
ドコモ、タイガースモデルの「P505i」を10月4日発売
P505i(ルミナスレッド)



2003/10/23 16:02

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2003 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.