ケータイ Watch
SHOWCASE
バックナンバー
ソフトバンク iPhone 3GS
[2009/06/26]

au G’zOne CA002
[2009/06/24]

NTTドコモ T-01A
[2009/06/19]

ソフトバンク 933SH
[2009/06/12]

ソフトバンク 831SH
[2009/04/28]

au G9
[2009/04/21]

NTTドコモ F-04A
[2009/04/17]

NTTドコモ F-03A
[2009/04/16]

NTTドコモ N-04A
[2009/03/31]

NTTドコモ P-02A
[2009/03/26]

au T001
[2009/03/25]

au S001
[2009/03/24]

au K001
[2009/03/23]

au NS02
[2009/03/19]

au NS01
[2009/03/18]

au SH001
[2009/03/17]

NTTドコモ P-03A
[2009/01/22]

NTTドコモ SH-02A
[2009/01/21]

NTTドコモ L-01A
[2009/01/20]

NTTドコモ N03A
[2009/01/07]

au W63CA
[2009/01/07]

NEW PANTONE 830SH
[2008/10/31]

SH706iw(White)
[2008/09/30]

NTTドコモ L706ie
[2008/08/31]

NTTドコモ N706ie
[2008/08/31]

NTTドコモ らくらくホンV
[2008/08/31]

P706ie(Silver)
[2008/08/31]

ソフトバンク 824SH
[2008/08/08]

ソフトバンク 923SH
[2008/07/31]

W62H(レーザーブルー)
[2008/07/31]

NTTドコモ SO706i
[2008/07/31]

ソフトバンク 825SH
[2008/07/31]

W62SH(ロイヤルパープル)
[2008/07/31]

au G’zOne W62CA
[2008/07/29]

ソフトバンク 824P
[2008/07/26]

ソフトバンク iPhone 3G
[2008/07/16]

ソフトバンク 823P
[2008/07/09]

NTTドコモ F706i
[2008/07/02]

NTTドコモ SH906iTV
[2008/06/30]

NTTドコモ F906i
[2008/06/30]

NTTドコモ HT1100
[2008/06/30]

W63K(マジェスティックブラック)
[2008/06/30]

NTTドコモ N906iL onefone
[2008/06/30]

ウィルコム WILLCOM 03
[2008/06/27]

au Sportio
[2008/06/24]

NTTドコモ PRADA Phone by LG
[2008/06/11]

NTTドコモ SH906i
[2008/06/11]

イー・モバイル S11HT
[2008/05/21]

NTTドコモ らくらくホン プレミアム
[2008/05/07]

ソフトバンク 922SH
[2008/04/24]


バックナンバー
ケータイ新製品SHOW CASE
D505iS(エアリーホワイト)
2003年10月23日発売

写真で見るD505iS



デザインはD505iを踏襲 シャッターボタンなどカメラ関連のボタンは右側面

メモリースティックDuoスロットは左側面 左側面にはイヤホンジャックも

デジカメスタイル撮影時のカメラ部アップ マクロモードへの切り替えスイッチはヒンジ部

サブディスプレイ オープンスタイル時のカメラ部アップ

キー配列 卓上ホルダは縦置きスタイル

D505iとの比較。左がD505iS 赤外線ポートの大きさが異なる

D505iにはマクロモードへの切替スイッチがない シャッターボタンの配置はほぼ同じ

イヤホンジャックの形が異なる 両方とも外側はホワイト系のカラーだが、開くとD505iSはシルバー系のカラーリングが施されている

待受画面 第一階層のメニューはアイコン式 第2階層はテキストベース

画面関連の設定項目が豊富 ジャンプメニュー アクセサリメニュー

操作の確認などに現れるキャラクターはD505iに引き続きチョコボ チョコボのほかにも2つのキャラクターが用意される

背景のカラー変更も可能。こちらは初期設定のベーシック アバンギャルド ファンシーポップ

ミッドナイト レトロモダン

文字タイプも3種類から選べる 手書き風フォント 明朝風のフォント

極小(20字×13行) 小(15字×13行)

通常(10字×9行) 大(8字×7行)

プリセットのiアプリ。「どこでもチョコボ2 前編」 珍さんのTVリモコン iメロディダウンローダー

撮影画像の一覧 撮影画像を表示 カメラ設定画面

最大サイズで静物撮影(2Mピクセルモード 1224×1632) ポートレイト撮影(2Mピクセルモード 1224×1632)

2Mピクセルモード 1224×1632で撮影 風景撮影(2Mピクセルモード 1224×1632)

風景撮影(2Mピクセルモード 1224×1632) 20連写モードで撮影(640×480ドット)

iショットSサイズで撮影 iショットSで10倍ズーム時 iショットSで20倍ズーム撮影

仕様で見るD505iS

 D505iSは、有効画素数100万画素のスーパーCCDハニカムを搭載した三菱電機製のiモード端末。505iSシリーズの共通仕様として、動画撮影・再生機能やバーコード・QRコード認識機能、メニューアイコンのダウンロード、チャットメール機能をサポートしている。
 「D505iS」は、有効画素数が100万画素で、記録画素数が200万画素となるスーパーCCDハニカムカメラを搭載した三菱電機製端末。メインディスプレイは、約2.2インチ、240×320ドット(QVGAサイズ)で262,144色表示が可能なTFD液晶で、背面のサブディスプレイは、約1.1インチで65,536色表示のTFD液晶を搭載している。外部メモリカードとしてメモリースティックDuoを採用しているほか、赤外線ポートをメインディスプレイ側ボディの先端に備えている。
 撮影機能として、最大20倍まで無段階で拡大できる「デジタルリニアズーム」機能のほか、夜景やスポーツなど、それぞれの撮影シーンに適した撮影モードが22種類用意されている。また、最大15秒で、フレームレートが5fpsの動画を撮影することもできる。こちらの機能で撮影した動画は、160×160ドットで、MPJ形式(Motion JPEG)となり、メモリースティックDuoへ保存される。

【おもな仕様】
サイズ
(高×幅×厚)
106×49×26mm(高×幅×厚)
重量 約113g
連続通話時間 約135分
連続待受時間 約520時間
充電時間 約110分
ディスプレイ "メイン:26万2,144色 QVGA(240×320ドット)クリスタルファイン液晶
サブ:6万5,536色 120×160ドット クリスタルファイン液晶"
表示文字数 大(8字×7行)、通常(10字×9行)、小(15字×13行)、極小(20字×13行)
メモリダイヤル 1,000件
リダイヤル・着信履歴 各30件
データ通信速度 最大28.8kbps
ボディカラー スカイグレー、エアリーホワイト、トワイライトブルー
備考 メモリースティックDuoスロットを搭載(16MBのメモリースティックDuoおよびノーマルサイズのメモリースティックへの変換アダプタが同梱)

【iアプリ】
iアプリ件数 18〜200件
登録済みiアプリ i絵文字メール
どこでもチョコボ2 前編
珍さんのTVリモコン
iアニメっちゃメーラーDX
iメロディダウンローダー

【インターネットメール】
サービス名 iモードメール
利用料 送信・受信ともに全角20文字程度で0.9円
メール受信機能 最大全角250文字
(分割受信機能を使えば最大2,000文字まで可能)
メール送信機能 最大全角250文字
メール保存件数 受信メール 最大2,000件
送信メール 200件
メールアドレス保存件数 最大1,000件/1,000アドレス

【着信メロディ】
和音数 PCM音源/48和音(ADPCM対応)
着信音 11曲 効果音・パターン19種
登録メロディ曲名 主よ人の望みの喜びよ
カノン
ジムノペディ第1番
凱旋行進曲
おもちゃの兵隊のマーチ(「キューピー3分クッキング」のテーマ)
森のくまさん
SAKURAドロップス
島唄
ルパン三世のテーマ
CARTOON HEROES
パルプ・フィクションのテーマ(MISIRLOU)
和音着メロダウンロード 最大500曲

【カメラ(静止画)】
撮影可能解像度 iショット(S)(120×120)
iショット(L)(288×352)
壁紙(QVGA)(240×320)
VGA(480×640)
SXGA(960×1280)
UXGA(1200×1600)
2Mピクセル(1224×1632)
撮影可能容量 データフォルダもしくはメモリースティックDuoに保存

【カメラ(動画) 】
撮影可能フォーマット MPJ形式(Motion JPEG)、音声付きで最大15秒/件、音声なしで最大30秒/件
撮影可能画質 160×160ドット
撮影可能容量 メモリースティックDuoに保存

■スタッフが見たD505iS

コメント
湯野  505iSシリーズ第1弾となる「D505iS」。505iシリーズの発表の時と比べると華々しさはさほどではないものの、全機種メガピクセルカメラ搭載で、着実に進化していることを感じさせるとともに、メニューアイコンのカスタマイズ機能やチャットメールをサポートするなど、使って楽しくなるような機能が盛り込まれている。さらに、QRコード読み取りや動画の録画・再生といった機能があり、「カメラの次に何が来るのか」を感じさせるような仕様となっている。
 さて、D505iSの最大の特徴といえば、やはり有効画素数100万画素、記録画素数200万画素のスーパーCCDハニカムカメラだろう。最大1,224×1,632ドットの静止画が撮影できるので、パソコンやダイレクトプリント対応のプリンタを持っているユーザーにとっては嬉しい機能アップだ。しかし、このサイズとUXGA(1,200×1,600ドット)の画像はリサイズできないので、将来的にiショットメールにして送ろうと思っているなら、SXGA(960×1,280ドット)で撮影しておこう。もっとも、最大サイズで撮影すると、あっという間にメモリカードの空き容量が無くなってしまうのだが。
伊藤  いよいよやってきました505iSシリーズ。505iの時と同じく、先陣を切って出たのがこのD505iSだ。今回の大きな変更点はなんといってもiモード端末で初めて記録画素数で200万画素に達したこと。「ExilimやCybershot Uクラスと同じ」と考える人もいるとは思うが、さすがにそこまで期待するのは難しい。同じ画素数であっても、ひとつひとつの画素のクオリティがやはり専用機にはかなわない。とはいえ、撮影画像の画質もD505iのSHOWCASEと比べれば、格段、とまではいわないものの、順当な進化を遂げている。
 デジカメスタイルもさまざまな意見があるが、両手でホールドして手ぶれを押さえやすいので私はアリだと思っている。ただ、やはりカメラは回転してほしかったなぁと思う。自分撮りだけではなく、メインディスプレイをファインダーとして使用しながらほかのものも撮影したいからだ。
 カメラ機能をのぞいては、正直なところD505iから、大きく変わったという印象は受けない。メール編集時にサイドキーでコピー&ペーストができるところなど、便利な機能ももちろんそのままだ。使い勝手に関しても現在の端末としては標準的。メニュー構造も最近の端末のスタンダードとも言える、第一階層アイコン、第二階層テキストの形式だ。使い慣れていないせいもあると思うが、やはり真ん中のキーは電話帳よりもメニューの呼び出しの方が自然な気がする。試用中も幾度となく間違えてセンターキーを押してしまい、電話帳を呼び出すハメになった。
 505iユーザーが乗り換える価値があるかというと、よほど200万画素にこだわらない人でない限り……という話になってしまうが、504i以前からの乗り換えならばら十分満足できるのではないだろうか。505i用のコンテンツも出そろい、ある意味で乗り換えるにはいい時期かもしれない。



URL
  製品情報(NTTドコモ)
  http://505i.nttdocomo.co.jp/product/d505is/lite_index.html
  製品情報(三菱電機)
  http://www.mitsubishielectric.co.jp/mobile/mova/d505is/

関連記事
ドコモ、記録画素数200万画素の「D505iS」



2003/10/27 19:34

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2003 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.