ケータイ Watch
SHOWCASE
バックナンバー
ソフトバンク iPhone 3GS
[2009/06/26]

au G’zOne CA002
[2009/06/24]

NTTドコモ T-01A
[2009/06/19]

ソフトバンク 933SH
[2009/06/12]

ソフトバンク 831SH
[2009/04/28]

au G9
[2009/04/21]

NTTドコモ F-04A
[2009/04/17]

NTTドコモ F-03A
[2009/04/16]

NTTドコモ N-04A
[2009/03/31]

NTTドコモ P-02A
[2009/03/26]

au T001
[2009/03/25]

au S001
[2009/03/24]

au K001
[2009/03/23]

au NS02
[2009/03/19]

au NS01
[2009/03/18]

au SH001
[2009/03/17]

NTTドコモ P-03A
[2009/01/22]

NTTドコモ SH-02A
[2009/01/21]

NTTドコモ L-01A
[2009/01/20]

NTTドコモ N03A
[2009/01/07]

au W63CA
[2009/01/07]

NEW PANTONE 830SH
[2008/10/31]

SH706iw(White)
[2008/09/30]

NTTドコモ L706ie
[2008/08/31]

NTTドコモ N706ie
[2008/08/31]

NTTドコモ らくらくホンV
[2008/08/31]

P706ie(Silver)
[2008/08/31]

ソフトバンク 824SH
[2008/08/08]

ソフトバンク 923SH
[2008/07/31]

W62H(レーザーブルー)
[2008/07/31]

NTTドコモ SO706i
[2008/07/31]

ソフトバンク 825SH
[2008/07/31]

W62SH(ロイヤルパープル)
[2008/07/31]

au G’zOne W62CA
[2008/07/29]

ソフトバンク 824P
[2008/07/26]

ソフトバンク iPhone 3G
[2008/07/16]

ソフトバンク 823P
[2008/07/09]

NTTドコモ F706i
[2008/07/02]

NTTドコモ SH906iTV
[2008/06/30]

NTTドコモ F906i
[2008/06/30]

NTTドコモ HT1100
[2008/06/30]

W63K(マジェスティックブラック)
[2008/06/30]

NTTドコモ N906iL onefone
[2008/06/30]

ウィルコム WILLCOM 03
[2008/06/27]

au Sportio
[2008/06/24]

NTTドコモ PRADA Phone by LG
[2008/06/11]

NTTドコモ SH906i
[2008/06/11]

イー・モバイル S11HT
[2008/05/21]

NTTドコモ らくらくホン プレミアム
[2008/05/07]

ソフトバンク 922SH
[2008/04/24]


バックナンバー
ケータイ新製品SHOW CASE
W11H(ブルーラグーン)
2003年11月28日発売

写真で見るW11H



ヒンジ部のカメラ サイドキーとクイック起動キー

気配りスイッチが側面にある アンテナを伸ばしたところ

カメラを内側に回転 キー配列

充電台は立てるタイプ 側面にコネクタがある

miniSDカードジャケットを装着 ジャケット裏側にカードを挿入する

普通の電池カバーとの比較 ルミナスシェル

待受画面 メニュー画面 アイコンカスタマイズも可能

第2階層はテキストメニュー 画面下部にはメニューの解説が表示される スケジューラ

メールやEZweb、EZチャンネルなどインターネット関係はひとつのメニューにすっきりまとまっている EZチャンネルの更新情報もここから閲覧可能

EZwebへのアクセスも可能 EZムービー専用サイトへも簡単にアクセスできる

予測変換は、確定後の文章からの推測も可能なため、1文字も入れなくても候補が表示される 顔文字ライブラリも用意されている 送信オプションも豊富

19文字×17行 11文字×10行 9文字×9行

静止画撮影画面 動画撮影画面 画像編集メニュー

絵画調のフィルターをかけてみた 既存の撮影画像からフレーム作成が可能 サムネイル表示

EZチャンネル番組一覧 番組例 「クイズ!知ってど〜する!?」

VGAサイズで撮影。リンク先無補正 VGAサイズで撮影。リンク先無補正

VGAサイズで撮影。リンク先無補正 VGAサイズで撮影。リンク先無補正

VGAサイズで撮影。リンク先無補正 QVGAサイズで撮影

仕様で見るW11H

 W11Hは、動画配信サービス「EZチャンネル」、拡張されたムービーメール、ストリーミングなどのCDMA 1X WINの各サービスが利用できる日立製作所製のEZweb端末。月額4,200円で端末単体でのインターネットサービスが使い放題となるパケット割引プラン「EZフラット」も利用できる。EZアプリ(Java)をサポートし、BREWやEZナビウォークには対応しない。

 ヒンジ部分に「A5303H」のような31万画素のカメラを搭載し、6LEDのハイパワーツインライトを装備する。ディスプレイは、メインに2.2インチ、QVGA(240×320ドット)表示の高精細液晶、サブに1.3インチ、QQVGA(120×160ドット)表示の液晶が搭載され、いずれも最大26万色表示が可能となっている。

 本体には20MBの内蔵データフォルダが用意され、さらにminiSDカードにも対応する。miniSDカードは、端末底面のバッテリーカバーを外して、miniSDカード用のジャケット「miniSDジャケット」を装着して利用する。

 通話時やメール発信時などにぼんやりと光る「ルミナスシェル」を搭載するほか、側面のスイッチでマナーモードや壁紙、システムカラーなどを簡単に切り替えられる「新気くばりスイッチ」や、着うた・着ムービーに音質を変更できるエフェクト機能も利用可能。日本語変換には「ATOK」と推測変換の「APOT」を採用する。

【おもな仕様】
サイズ
(高×幅×厚)
約50×100×28(幅×高×厚)mm
重量 約125g
連続通話時間 約180分
連続待受時間 約180時間
充電時間 約120分
ディスプレイ メイン:2.2インチ 26万色 QVGA表示TFTカラー液晶
サブ:1.3インチ 26万色 QQVGA(120×160ドット)表示TFTカラー液晶
表示文字数 19文字×17行、11文字×10行、9文字×9行
メモリダイヤル 500件
リダイヤル・着信履歴 各20件
データ通信速度 最大下り2.4Mbps、上り144kbps
(パソコンと接続してデータ通信を行なう場合は下り最大144kbpsとなる)
ボディカラー ブルーラグーン、シルバーシェル

【インターネットメール】
サービス名 eメール
利用料 EZ WINに含まれ、月額300円
通信料0.2円/128バイト
メール受信機能 最大全角5,000文字
メール送信機能 最大全角5,000文字
メール保存件数 受信:約512KBまたは500件
送信:約200KBまたは200件
添付制限 1通のメールにつき5データ(最大100KB)まで。ファイルはデータフォルダに保存

【着信メロディ】
和音数 最大40和音(FM音源32和音+PCM音源8和音)
着信音 ・パターン:3種類
・効果音:15種類
・登録済みメロディ:5曲
・登録済み着うた:1種類
・自作メロディ/ダウンロードメロディ:データフォルダに保存
登録メロディ曲名 Complicated/Avril Lavigne(着ムービー)
世界・ふしぎ発見!
ウィリアム・テル序曲
Je te veux
グリーンリーブス
展覧会の絵
和音着メロダウンロード 対応。「データフォルダ」内に保存

【データフォルダ】
データフォルダ容量 20MB(または1,000件)

【Javaアプリ】
登録済み
Javaアプリ
Team Factory、EZ@NAVI

【カメラ(静止画)】
撮影可能解像度 ケータイモード(132×176ドット)、壁紙モード(240×320ドット)、PCモード(640×480ドット)
撮影可能容量 データフォルダ

【カメラ(動画) 】
撮影可能フォーマット MP4(MPEG-4+QCELP)、3GP
撮影可能画質 96×80ドット、128×96ドット、176×144ドット(最大15秒)
撮影可能容量 データフォルダに保存

【ezplus】
保存件数 データフォルダに保存

■コメント

コメント
湯野  メールやEZwebのヘビーユーザーには注目の定額制の割引プラン「EZフラット」に初めて対応したのがこのW11Hだ。もちろん、「CDMA 1X WIN」という下り最大2.4Mbpsという通信速度の速さも魅力の1つだ。
 外見は「A5303H」に似ているが、アンテナが内蔵式+補助用ホイップだったものから、よく見かけるタイプのものになったり、カメラ部が完全に隠せるようになったり、微妙に変更されている部分もある。
 面白いのは電池のフタと交換し、miniSDカードを使えるようにした「miniSDジャケット」の存在だ。1X WINやEZフラットに注目が集まり、意外と忘れられがちだが、この「miniSDジャケット」の存在は、今後の携帯電話の進化を考えると非常に大きな意味を持つのかもしれない。
 ジャケット型というと、iPAQなどのPDAが思い浮かぶが、携帯電話のこの部分にこういう形でI/Oのインターフェイスを持ってきたということは、すなわち、今後キャリアやメーカーがやる気になれば、いろんな拡張が可能になるということだ。例えば、非接触型ICのリーダーライター、さらにはテレビチューナーやラジオチューナーなどなど、ユーザー自身の判断で携帯電話に機能を追加できるようになる可能性があるわけだ。
 端末としては、カメラが30万画素クラスで、BREWやEZナビウォーク非対応ということで、何かこう「もう一声!」という物足りなさが無いでもない。とはいえ、やはり1X WINとEZフラットという構成は魅力的で、例えば、頻繁に通信をするようなメッセンジャーのようなアプリケーションは、通信費の問題もあり、こうした仕組みの上でないと、なかなか実現が難しい。現在のところ、「EZチャンネル」という枠の中で1X WIN向けのコンテンツが提供されているわけだが、それ以外にも1X WINとEZフラットのメリットを活かしたサービスが登場することに期待したい。
 もちろん、調子こいて使いまくっていると、あっという間に電池が無くなって困ることになるのだが……。
伊藤  いよいよ来ましたモバイル定額通信が! このW11Hに関してはメガピクセルカメラやBREWに対応していないため、当然のように高速通信やEZチャンネルに関心が集まるわけだが、まずEZwebのスピードではこれまでとは違う次元のスピードだ。回線自体のポテンシャルもさることながら、ベースバンドチップやブラウザのバージョンの違いも効いているような気がする。EZチャンネル利用時でも、1MBを平気でオーバーするコンテンツを、Javaゲームでも落とすような感覚でダウンロードできる。だが、夜中に自動ダウンロードする設定にしている場合は注意が必要だ。充電台の上に置いておかないと、電池残量次第では朝起きてケータイ持って出勤したら電池切れ、なんてことになりかねない。
 操作感はこれまでの日立製端末を踏襲するもの。個人的には日立製端末はフォントが美しくなかったので敬遠していたのだが、W11HではQVGA化にあたってしっかりとそのあたりも改良してきたようだ。ATOKとAPOTの組み合わせは良好。1文字も入力しなくても予測を出してくるあたり、ようやくPOBoxに肩を並べるレベルまで来たな、という感じだ。
 W11HのJavaは150KBまでのプログラムサイズに対応したPhase3に対応している。とはいえ、せっかく定額通信に対応しているんだからBREW対応はして欲しかった。カメラについても同じことが言えるが、この端末をゲットするような層は当然、ヘビーユーザーやマニア層なわけで、スペックはもうちょっと磨いてもよかったのではと思ってしまう。私はやはり本命はEZフラット+BREW+EZナビウォークだと思っているので取りあえず次に期待、といったところだろうか。



URL
  ニュースリリース(au)
  http://www.kddi.com/corporate/news_release/2003/1022/
  製品情報(au)
  http://au.kddi.com/seihin/kinobetsu/seihin/w11h/index.html

関連記事
au、高速通信と定額制を実現した新サービス「CDMA 1X WIN」
au、CDMA 1X WIN対応の3モデルを発表
第158回:CDMA 1X WIN とは



2003/12/10 13:58

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2003 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.