ケータイ Watch
SHOWCASE
バックナンバー
ソフトバンク iPhone 3GS
[2009/06/26]

au G’zOne CA002
[2009/06/24]

NTTドコモ T-01A
[2009/06/19]

ソフトバンク 933SH
[2009/06/12]

ソフトバンク 831SH
[2009/04/28]

au G9
[2009/04/21]

NTTドコモ F-04A
[2009/04/17]

NTTドコモ F-03A
[2009/04/16]

NTTドコモ N-04A
[2009/03/31]

NTTドコモ P-02A
[2009/03/26]

au T001
[2009/03/25]

au S001
[2009/03/24]

au K001
[2009/03/23]

au NS02
[2009/03/19]

au NS01
[2009/03/18]

au SH001
[2009/03/17]

NTTドコモ P-03A
[2009/01/22]

NTTドコモ SH-02A
[2009/01/21]

NTTドコモ L-01A
[2009/01/20]

NTTドコモ N03A
[2009/01/07]

au W63CA
[2009/01/07]

NEW PANTONE 830SH
[2008/10/31]

SH706iw(White)
[2008/09/30]

NTTドコモ L706ie
[2008/08/31]

NTTドコモ N706ie
[2008/08/31]

NTTドコモ らくらくホンV
[2008/08/31]

P706ie(Silver)
[2008/08/31]

ソフトバンク 824SH
[2008/08/08]

ソフトバンク 923SH
[2008/07/31]

W62H(レーザーブルー)
[2008/07/31]

NTTドコモ SO706i
[2008/07/31]

ソフトバンク 825SH
[2008/07/31]

W62SH(ロイヤルパープル)
[2008/07/31]

au G’zOne W62CA
[2008/07/29]

ソフトバンク 824P
[2008/07/26]

ソフトバンク iPhone 3G
[2008/07/16]

ソフトバンク 823P
[2008/07/09]

NTTドコモ F706i
[2008/07/02]

NTTドコモ SH906iTV
[2008/06/30]

NTTドコモ F906i
[2008/06/30]

NTTドコモ HT1100
[2008/06/30]

W63K(マジェスティックブラック)
[2008/06/30]

NTTドコモ N906iL onefone
[2008/06/30]

ウィルコム WILLCOM 03
[2008/06/27]

au Sportio
[2008/06/24]

NTTドコモ PRADA Phone by LG
[2008/06/11]

NTTドコモ SH906i
[2008/06/11]

イー・モバイル S11HT
[2008/05/21]

NTTドコモ らくらくホン プレミアム
[2008/05/07]

ソフトバンク 922SH
[2008/04/24]


バックナンバー
ケータイ新製品SHOW CASE
N900i(オレンジ)
2004年2月22日発売



ボタン配置。NECのFOMA端末風で、movaの50Xの「決定ボタンがカーソル上」ではない 左側面にスクロールボタンに使えるボタンが配置されている

アウトカメラ。マクロ切り替えはカメラを動かす。背面液晶は最近のケータイとしては小さく、細長いタイプ インカメラはメイン液晶上に配置。TV電話や低解像度の自分撮りに使える

ストラップ穴はボタン側の下端側面、左右両方についている 液晶部上端には赤外線通信ポートを装備

左からオレンジ、ブラック、シルバー 外側はつや消し気味の塗装

メインメニュー第1階層はアイコンランチャー表示。 メインメニューの第2階層以降はオーソドックスなリスト表示 カスタマイズ可能なオリジナルメニュー

デスクトップには連絡先などのショートカットを配置可能 機能設定メニューの第3階層は標準では一覧性の低い詳細表示となっている 機能設定メニューの第3階層はリスト表示にも切り替えられる

ニューロポインターは速度などの設定が可能 USBでパソコンに接続したときにminiSDカードリーダーとしても使える 複数の機能を同時に起動させた場合「MULTI」のボタンでタスクを切り替える

15字×13行表示 12字×11行表示 10字×9行表示

ワンタッチ入力から単語を推測する「T9」 通常の頭出し型の予測変換機能も搭載 デコメール作成機能。文字装飾はサブメニューから呼び出して指定する形式

カメラ撮影画面。高解像度の横長画像も普通のケータイを構えるように縦に構える ムービー撮影時画面 撮影画像のサムネイルは4件表示

名作ロールプレイングゲーム「ドラゴンクエスト1」をプリインストールしている
(C)ARMOR PROJECT / BIRD STUDIO / CHUNSOFT / SQUARE ENIX ALL Rights Reserved.
ドラゴンクエスト1はオリジナルのファミコン版に比べて大幅にグラフィックが綺麗になっている ドラゴンクエスト1はマニュアルの付属しないiアプリ版ならではのヘルプ機能を搭載する

最大解像度(1616×1212)での撮影画像サンプル。リンク先は無加工画像(373KB) 352×288の撮影画像サンプル。リンク先は無加工画像(25KB)

仕様で見るN900i

 NEC製のFOMA端末。900iシリーズはTV電話やiモーションメールなどのこれまでのFOMAの機能に加え、装飾付きメールを送受信する「デコメール」やTV電話に自分の顔の代わりにCGキャラクタを映し出す「キャラ電」などの新機能に対応。iアプリの容量も向上し、Flash再生にも対応するなど505iシリーズで取り入れられた機能を持つ。N900iは900iシリーズ中最軽量のコンパクトデザインで、スタイリッシュなデザインを採用している。

 アウトカメラには記録画素数200万画素のスーパーCCDハニカムを搭載。ムービーの撮影時には撮影停止した時点から約15秒さかのぼって保存するチャンスキャプチャ機能や、切り出しやテロップ、アフレコ編集機能も搭載し、iモーションメールの作成にも利用できる。インカメラには11万画素のCCDを搭載。TV電話などに利用できる。マクロ撮影に対応し、バーコードリーダーや英数字のURL読取機能も搭載する。対応メモリカードはminiSD。USBでパソコンに接続した際には、N900iをカードリーダーとして使うことも可能。

 人気ロールプレイングゲームのドラゴンクエスト1のiアプリ移植版がプリインストールされている。日本語入力には一般的な頭出し型の予測変換機能に加えてワンタッチの入力から単語を予測するT9を搭載。カーソルキー中央の決定キーは、自由方向に操作できるポインティングデバイス「ニューロポインター」機能もある。

【おもな仕様】
サイズ
(高×幅×厚)
102×48×26mm
重量 約115g
連続通話時間 約140分
連続待受時間 約430時間
充電時間 約120分
ディスプレイ 6万色表示TFTカラー液晶
240×320ドット
表示文字数 15字×13行、12字×11行、10字×9行
メモリダイヤル 700件
データ通信速度 最大下り384kbps(パケット通信時)、最大下り64kbps(回線交換時)
ボディカラー シルバー、オレンジ、ブラック

【iアプリ】
iアプリ件数 10〜200件
登録済みiアプリ Dimo i絵文字メール、ドラゴンクエスト1、ミニゲームアイランド、TVリモコン

【インターネットメール】
サービス名 iモードメール
利用料 料金プランに依存(パケットパックにより1パケット0.02〜0.2円)
メール受信機能 最大全角5000文字
メール送信機能 最大全角5000文字
メール保存件数 受信:21〜1000件
送信:40〜400件

【着信メロディ】
和音数 最大50和音(着うた、着モーション対応)
着信音 ・パターン:11種類
・登録済みメロディ:10曲
・ダウンロードメロディ:最大22〜162件
登録メロディ曲名 序曲/ドラゴンクエスト
Technopolis
交響曲第9番「新世界」
ノクターン
さくらさくら
G線上のアリア
アルプス一万尺
スカボロフェアー
木星
シュトゥヴ

【カメラ(静止画)】
撮影可能フォーマット JPEG
撮影可能解像度 1616×1212、1280×960、640×480、352×288、待受画面用(240×269)、メール大(176×144)、メール小(128×96)
撮影可能容量 内蔵メモリに3〜200枚。miniSDカードも利用可能

【カメラ(動画) 】
撮影可能フォーマット MP4形式
撮影可能画質 128×96、176×144
撮影可能容量 内蔵メモリに5〜100件。miniSDカードも利用可能


スタッフが見たN900i

コメント
湯野  曲線的なフォルムが特徴のN900i。特にこのオレンジというボディカラーが印象的だ。側面をよく見るとわかるが、miniSDカードスロットや外部出力端子のパーツも2色構成となっており、かなり凝ったデザインだ。
 実際に使ってみた感じだと、メニューまわりなど、ベースの部分はN2102Vとほとんど同じだが、細かな部分で進化しているように思える。例えば、「ランダムメロディ」という機能。これまでも「この人にこの曲」といった風に着メロを割り当てることはできたが、N900iでは「この人にこのフォルダ」という割り当てが可能となっている。つまり、「A君からかかってきたらビートルズの着メロ」というようなことができるわけだ。ダウンロードしまくった着メロの有効活用方法としてオススメの機能だ。
 また、動画の撮影機能についても、ずっと撮り続けていて終了するタイミングでボタンを押せば、そこから15秒さかのぼって保存してくれる「チャンスキャプチャ」という機能が搭載された。この機能があれば、気合いを入れてカメラを構えていたが、一番面白い部分を時間制限で撮り逃した、なんていうことは無くなるだろう。
 “ドコモのN”というスタンダードな部分を残しつつ、細かなところをブラッシュアップしてきたN900i。これまでFOMAにあったズッシリ・ボッテリという感じはなく、幅48mmで手にすっきり収まるコンパクトさなので、女性ユーザーにオススメしたい端末だ。
白根  NEC製のFOMA端末、最新の900iシリーズの2機種目。これまでの4桁型番のFOMAというとmovaの50Xシリーズにカメラ機能などで劣っていて真のハイエンドとはいいがたい端末ばかりだった。しかし900iシリーズはメガピクセルカメラを搭載したりFlashにも対応しているなど、真のハイエンドと呼ぶにふさわしいスペックを持っている。N900iはその900iシリーズ中最軽量というスペックで登場する機種。NECはmovaのN505iSやN505iでは2.4インチ液晶を搭載しているのに、N900iでは2.2インチ液晶を積んだ。背面液晶を小さな縦型のものにするなど、どちらかというと900iシリーズ中にあってハイスペック志向ではないスタンダード機という位置づけだと思われる。
 使い勝手はこれまでのNEC製FOMA端末とほぼ同じ。デスクトップにアドレスやカメラ機能のショートカットを設定できるなど、movaのN505iSなどとも使い勝手は似ている。NEC製端末の使い勝手は比較的オーソドックスなので、メーカーの乗り換えも悪くないと思う。N2102Vなどと同様にアナログ風のカーソル操作ができるニューロポインターを搭載しているが、このニューロポインターは無効にすることもできる。日本語入力もT9に慣れることができればかなり便利。しかしT9を使わずに普通の予測変換を使うとなると、Advanced WnnやATOK+APOT(どちらの900iシリーズには搭載されないようだが)などに比べると弱い印象も受ける。
 画像関連の機能はシャープ製端末の優秀さにはかなわない印象なので、そのあたりを重視する人はSH900iを選ぶべき。900iの新機能であるデコメールの編集機能は「サブメニューから選ぶ」というオーソドックスな形式。これもちょっと工夫が足りない印象なので、デコメールを使いこなしたい人にはつらいかもしれない。
 N900iは決してハイスペックではないスタンダード機だと思う。900iの購入を検討していて、カメラなどのスペックを求めるならばSH900iがオススメだ。しかし現在movaを使っている人にとっては、どの900iシリーズでもメール容量は増えるしパケ代は安くなるしiアプリは強化されるし、とにかく利点が多い。その900iシリーズの中にあって、N900iは軽く、デザインもカッコイイ(個人の好みの問題だが)。ハイスペックへのこだわりがそれほどなく、カメラやデコメールの機能を追求しないならば、大きさ的にmovaとの差が少ないN900iは悪くない選択肢だ。



URL
  ニュースリリース(NTTドコモ)
  http://www.nttdocomo.co.jp/new/contents/03/whatnew1218.html
  製品情報(NTTドコモ)
  http://900i.nttdocomo.co.jp/n900i/catalog.html
  製品情報(NEC)
  http://www.n-keitai.com/lineup/n900i/flash_d.html

関連記事
アークラインが印象的なNEC製端末「N900i」
デザイン重視の「N900i」、miniSDのUSBリーダーにも
ドコモ、“ドラクエ”プリセットの「N900i」を2月22日に発売



2004/02/23 12:31

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2004 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.