ケータイ Watch
SHOWCASE
バックナンバー
ソフトバンク iPhone 3GS
[2009/06/26]

au G’zOne CA002
[2009/06/24]

NTTドコモ T-01A
[2009/06/19]

ソフトバンク 933SH
[2009/06/12]

ソフトバンク 831SH
[2009/04/28]

au G9
[2009/04/21]

NTTドコモ F-04A
[2009/04/17]

NTTドコモ F-03A
[2009/04/16]

NTTドコモ N-04A
[2009/03/31]

NTTドコモ P-02A
[2009/03/26]

au T001
[2009/03/25]

au S001
[2009/03/24]

au K001
[2009/03/23]

au NS02
[2009/03/19]

au NS01
[2009/03/18]

au SH001
[2009/03/17]

NTTドコモ P-03A
[2009/01/22]

NTTドコモ SH-02A
[2009/01/21]

NTTドコモ L-01A
[2009/01/20]

NTTドコモ N03A
[2009/01/07]

au W63CA
[2009/01/07]

NEW PANTONE 830SH
[2008/10/31]

SH706iw(White)
[2008/09/30]

NTTドコモ L706ie
[2008/08/31]

NTTドコモ N706ie
[2008/08/31]

NTTドコモ らくらくホンV
[2008/08/31]

P706ie(Silver)
[2008/08/31]

ソフトバンク 824SH
[2008/08/08]

ソフトバンク 923SH
[2008/07/31]

W62H(レーザーブルー)
[2008/07/31]

NTTドコモ SO706i
[2008/07/31]

ソフトバンク 825SH
[2008/07/31]

W62SH(ロイヤルパープル)
[2008/07/31]

au G’zOne W62CA
[2008/07/29]

ソフトバンク 824P
[2008/07/26]

ソフトバンク iPhone 3G
[2008/07/16]

ソフトバンク 823P
[2008/07/09]

NTTドコモ F706i
[2008/07/02]

NTTドコモ SH906iTV
[2008/06/30]

NTTドコモ F906i
[2008/06/30]

NTTドコモ HT1100
[2008/06/30]

W63K(マジェスティックブラック)
[2008/06/30]

NTTドコモ N906iL onefone
[2008/06/30]

ウィルコム WILLCOM 03
[2008/06/27]

au Sportio
[2008/06/24]

NTTドコモ PRADA Phone by LG
[2008/06/11]

NTTドコモ SH906i
[2008/06/11]

イー・モバイル S11HT
[2008/05/21]

NTTドコモ らくらくホン プレミアム
[2008/05/07]

ソフトバンク 922SH
[2008/04/24]


バックナンバー
ケータイ新製品SHOW CASE
D506i(アドリアンブルー)
2004年5月19日発売



ボタンはオーソドックスな配置 右側面にスクロールやシャッター、ヘルプ呼び出しなどに使う複数のボタンを配置

閉じた状態だとヒンジ部背面にカメラが露出する 開いた状態だとヒンジ部のカメラは内側を向く

右側面のボタンは閉じたときのメニュー操作やカメラ操作などに使う 閉じた状態のヒンジ部上端にカメラのマクロ切り替えスイッチがある

標準の待受画面。電波状態などを示すピクト行は画面下、ソフトボタンの役割を示すピクト行の上にある メインメニュー第1階層はアイコンランチャー式 設定メニューなどはリスト表示だが、アイコンなどが使用されグラフィカル

表示される機能を減らし、文字を大きくする「シンプルメニュー」 カスタマイズ可能なメニュー ピクト行に「?」マークが表示されているときは、このような操作ヘルプを呼び出せる

8字×7行表示 10字×9行表示 15字×13行表示

20字×17行表示 予測変換は標準状態でも多くの単語を予測する 直前の入力語から次の語を連想して予測できる

「シンプルモード」での撮影画面(自分撮り時) シーン別設定を内容確認しながら選べる プロモードの撮影画面(自分撮り時)。詳細な設定が可能で、設定内容が画面下に表示される

カメラ撮影時の操作ヘルプ サムネイル表示は12件と多めだが、解像度なども確認できる メニューの各所に画面情報にタブを表示させたデザインが採用されている

背面液晶の待受画面にカレンダーを表示させられる 背面液晶用のメインメニュー。閉じたまま実行できる操作のみ表示される 背面液晶でのメール表示画面

シンプルモードでの撮影画面(背面液晶を使った対面撮り時) プロモードでの撮影画面(背面液晶を使った対面撮り時) デジタルズームを使うと撮影解像度が下がっていく

背面液晶での撮影時もシーン別設定などを変更できる 背面液晶でのカメラサブメニュー。カメラ撮影時同様、横位置で表示される

最大解像度撮影サンプル(リンク先は無加工画像、505KB) 最大解像度撮影サンプル(リンク先は無加工画像、657KB)

最大解像度撮影サンプル(リンク先は無加工画像、498KB) 最大解像度撮影サンプル(リンク先は無加工画像、385KB)

仕様で見るD506i

 三菱電機製のmova端末506iシリーズ。506iはmovaでは上位に位置づけられるシリーズで、iアプリなどに対応している。テレビ電話やデコメールといったFOMA向けの機能は搭載されておらず、対応する機能・サービスは前モデルの505iSシリーズとほぼ同等。

 カメラには有効画素数100万(記録画素数200万)のスーパーCCDハニカムを搭載。カメラはヒンジ部の液晶側に液晶と同じ向きで搭載されていて、開いて自分撮り・閉じて対面撮りという三菱端末独特の撮影スタイルを継承している。対面撮り時は背面液晶をファインダーとして用いるが、背面液晶には1.5インチと大きめのものが搭載されていて、普通のコンパクトデジタルカメラのように横に構えて撮影可能。撮影モードの切り替えなどの操作も本体を閉じたまま行なえる。対応メモリカードはメモリースティックDuo。

 側面には上下カーソル、メニューボタン、決定ボタン、バックボタンが搭載され、閉じたまま背面液晶でメール閲覧などの操作ができる。日本語変換には予測変換や連想変換に対応するATOKを搭載。

【おもな仕様】
サイズ
(高×幅×厚)
105×49×23mm
重量 約115g
連続通話時間 約135分
連続待受時間 約500時間
充電時間 約120分
ディスプレイ 26万色表示2.2型TFDカラー液晶
240×320ドット
表示文字数 8字×7行、10字×9行、15字×13行、20字×17行
メモリダイヤル 1000件
データ通信速度 最大28.8kbps(iモード時)
ボディカラー アースブロンズ、エーゲホワイト、アドリアンブルー

【iアプリ】
iアプリ件数 78〜200件
登録済みiアプリ iアニメっちゃメーラーDX、どこでもチョコボ3倒せ!虹色大魔王編、BATTLE GEAR D、格闘遊技、ウゴクフォトミラクル、珍さんのTVリモコン

【インターネットメール】
サービス名 iモードメール
利用料 送信・受信ともに全角20文字程度で0.9円
メール受信機能 最大全角250文字
メール送信機能 最大全角250文字
メール保存件数 受信:2000件
送信:200件

【着信メロディ】
和音数 48和音
着信音 ・パターン:5種類
・登録済み効果音:10種類
・アラーム:3種類
・登録済みメロディ:11曲
・ダウンロードメロディ:最大400件
登録メロディ曲名 発車メロディ 車掌。
カルメン
凱旋行進曲
おもちゃの兵隊。
聖者の行進
Rhapsody in Blue
森のくまさん
勝手にシンドバッド
天空の城ラピュタ
Irresistiblement
刑事コロンボのテーマ
和音着メロダウンロード 対応

【カメラ(静止画)】
撮影可能フォーマット JPEG
撮影可能解像度 120×120、288×352、240×320、480×640、960×1280、1200×1600、1224×1632
撮影可能容量 内蔵メモリ(最大1000枚)もしくはメモリースティックDuoに保存

【カメラ(動画) 】
撮影可能フォーマット 独自形式
撮影可能画質 120×120(5fps)
撮影可能容量 内蔵メモリもしくはメモリースティックDuoに保存


スタッフが見たD506i

コメント
湯野  ヒンジ部にあるカメラがあり、端末の開閉で通常撮影用と自分撮り用とに使い分けられるという基本的な構造はD505iやD505iSと同じだが、D506iにはレンズカバーが付いてスッキリしたデザインになった。
 使っていて非常に便利に思えるのは、メニュー操作の至る場面で呼び出せるヘルプ機能だ。「?」マークが出ている箇所でサイドキーを押すことで呼び出せる。たしかに端末の操作に慣れてしまえば不要かもしれないが、特に初めて三菱製の端末を触る人にとっては便利な機能だろう。
 もう1つ感心したのはボイスレコーダー機能だ。メモリースティックDuoにWAV形式で保存できるようになっており、パソコンに取り込むのも楽々。さらに、録音中や再生中に話題の切れ目や重要な箇所にマーキングできる機能も用意されている。端末内蔵のスピーカーでは音が割れてしまうが、イヤホンを繋いで聴けば音質も結構クリアだったりする。
 惜しむらくは、FOMA端末でないところ。とはいえ、トータルバランスも良く、実用性はイマイチかもしれないが、あらかじめ登録しておいた自分の声でカメラのシャッターが切れる「音声シャッター」という面白い機能も用意されているので、幅広いユーザー層にオススメできる端末だ。
白根  三菱電機製のiモード端末、movaの最新ハイエンドの506iシリーズ。シリーズとしての共通機能は505iSからほとんど進化していなくて、メールの容量や動画機能でFOMAの900iシリーズがより上位といえる。しかしD900iはまだ発売していないので三菱電機製のiモード端末としてはD506iが最新・最上位機種ということになる。
 デザインはD505iやD505iSと同じ「自分撮りは端末を開く、対面撮りは端末を閉じる」というスタイル。新たにレンズバリアが設けられたが、ボタン配置などのデザインもほぼ同じだ。ただし、外見は同じだが中身はしっかりと進化している。閉じたままメールを読めるなど背面液晶用のメニューが充実したり、操作方法ヘルプが側面ボタンで呼び出せるなど、使い勝手は地道に向上。日本語変換のATOKも進化していて、標準の予測辞書が大幅に拡充されたほか、連想変換にも対応した。ATOK+APOT相当、ということだろう。メニュー画面にタブ表示やアイコンが多用されグラフィカルでわかりやすく、受信メールを見ながら返信メールを書けるなど、全般的に使い勝手よくまとめられている。
 カメラの使い勝手もよい。ホワイトバランスなども細かく調整できる「プロモード」と、撮影シーン設定だけを調整できる「シンプルモード」の2種類が用意されているなど、幅広いユーザーが満足できるように作られている。撮影シーン設定はたくさん用意されているので、それだけでもほとんどのシチュエーションに対応できそうだが、プロモードも使いやすい。対面撮りは端末を閉じて行なうが、液晶も大きく、側面ボタンも多いので操作はしやすい。といっても、開いて自分撮りするときの操作性がかなりよいので、対面撮りをメインに考えるとちょっと悔しい印象も。どうせならばauのA5505SAのように背面にも十字ボタン(ついでにゲームコントローラー風にAボタンとBボタン)を搭載し、閉じても開いても同レベルの高い操作性を目指して欲しいくらいだ。
 506iシリーズは「まだFOMAに移れない」というユーザー向けのハイエンドシリーズ。「まだmovaを使いたい」というのであれば、D506iは悪くない。使い勝手もカメラ画質もmovaでは最高レベルだ。ただ、本当にハイエンドを求めるならば、FOMAに移行するべき時期だ。D506iはメールの使い勝手がよいが、送受信できるのが250文字では物足りない。まぁ三菱端末のファンにしてみると、D900iの登場が大幅に遅れているのでFOMA移行のタイミングが難しいところだが……。


関連記事
UI変更で使い勝手が向上した「D506i」
ドコモ、「D506i」「F506i」を19日より発売


URL
  ニュースリリース(NTTドコモ)
  http://www.nttdocomo.co.jp/new/contents/04/whatnew0517a.html
  製品情報(NTTドコモ)
  http://506i.nttdocomo.co.jp/d506i/index.html
  製品情報(三菱電機)
  http://www.mitsubishielectric.co.jp/mobile/mova/d506i/



2004/06/01 14:53

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2004 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.