ケータイ Watch
SHOWCASE
バックナンバー
ソフトバンク iPhone 3GS
[2009/06/26]

au G’zOne CA002
[2009/06/24]

NTTドコモ T-01A
[2009/06/19]

ソフトバンク 933SH
[2009/06/12]

ソフトバンク 831SH
[2009/04/28]

au G9
[2009/04/21]

NTTドコモ F-04A
[2009/04/17]

NTTドコモ F-03A
[2009/04/16]

NTTドコモ N-04A
[2009/03/31]

NTTドコモ P-02A
[2009/03/26]

au T001
[2009/03/25]

au S001
[2009/03/24]

au K001
[2009/03/23]

au NS02
[2009/03/19]

au NS01
[2009/03/18]

au SH001
[2009/03/17]

NTTドコモ P-03A
[2009/01/22]

NTTドコモ SH-02A
[2009/01/21]

NTTドコモ L-01A
[2009/01/20]

NTTドコモ N03A
[2009/01/07]

au W63CA
[2009/01/07]

NEW PANTONE 830SH
[2008/10/31]

SH706iw(White)
[2008/09/30]

NTTドコモ L706ie
[2008/08/31]

NTTドコモ N706ie
[2008/08/31]

NTTドコモ らくらくホンV
[2008/08/31]

P706ie(Silver)
[2008/08/31]

ソフトバンク 824SH
[2008/08/08]

ソフトバンク 923SH
[2008/07/31]

W62H(レーザーブルー)
[2008/07/31]

NTTドコモ SO706i
[2008/07/31]

ソフトバンク 825SH
[2008/07/31]

W62SH(ロイヤルパープル)
[2008/07/31]

au G’zOne W62CA
[2008/07/29]

ソフトバンク 824P
[2008/07/26]

ソフトバンク iPhone 3G
[2008/07/16]

ソフトバンク 823P
[2008/07/09]

NTTドコモ F706i
[2008/07/02]

NTTドコモ SH906iTV
[2008/06/30]

NTTドコモ F906i
[2008/06/30]

NTTドコモ HT1100
[2008/06/30]

W63K(マジェスティックブラック)
[2008/06/30]

NTTドコモ N906iL onefone
[2008/06/30]

ウィルコム WILLCOM 03
[2008/06/27]

au Sportio
[2008/06/24]

NTTドコモ PRADA Phone by LG
[2008/06/11]

NTTドコモ SH906i
[2008/06/11]

イー・モバイル S11HT
[2008/05/21]

NTTドコモ らくらくホン プレミアム
[2008/05/07]

ソフトバンク 922SH
[2008/04/24]


バックナンバー
ケータイ新製品SHOW CASE
F900iT(ブラック)
2004年6月19日発売

写真で見るF900iT



回転2軸機構のヒンジが採用されている ディスプレイを露出して折り畳んだ「タッチスタイル」

左:F900i、右:F900iT

タッチパネルに関する注意書き 背面には指紋認証に関する注意書き

キー配列
本体右側面。miniSDカードスロットとイヤホンジャック

本体左側面。最もヒンジ寄りのボタンを長押しするとカメラが起動する
外部接続端子

ヒンジの動きはスムーズで扱いやすい ヒンジすぐそばに赤外線ポート

サブディスプレイは有機EL
卓上ホルダ

USBポートを備える F900iTを載せたところ

メインメニュー
メニュー第2階層。これは「設定」メニュー メニュー第3階層。これは「音/バイブ」メニュー

セキュリティメニュー。指紋登録やシークレットモードの設定を行なえる スケジュール機能 スケジュールでは、その内容や時間帯、アイコンを設定できる

ディスプレイを露出させた状態で、タッチパネルでの操作が可能 開いた状態でもスタイラスで操作できる

付属のスタイラス スタイラスは、ストラップとして携帯できる

「タッチスタイル」に変形させると表示されるメニュー。開いた状態でもこのメニューを呼び出せる 「タッチメニュー」のサブメニュー スタイラスの操作を補正する機能も用意されている

手書きメモは、機能が充実している 手書きメモで作成したデータは、メール送信できる 撮影画像を取り込んで、編集することも可能だ(リンク先は無加工)

「外部連携」メニュー。赤外線通信やminiSDカード、Bluetoothに関する機能を設定できる Bluetoothメニュー。サポートされている3種類のプロファイルごとにメニューが用意されている ダイヤルアップに関する設定画面

ハンズフリーに関する設定画面 ヘッドセットに関する設定画面

Bluetooth全般に関する設定画面 Bluetooth経由で接続している機器の参照も可能

「メール」メニュー メール設定画面 振り分け条件は、アドレスや題名など細かく設定可能だ

9字×10行表示 11字×11行表示

14字×15行表示 例文表示

メインディスプレイ上部に有効画素数11万画素(記録画素数10万画素)のCMOSカメラ 有効画素数128万画素(記録画素数123万画素)のCCDカメラ。オートフォーカス機能はない

ライトを使えば、ある程度暗いところでも撮影可能だ 横撮り時の撮影画面。ここでもスタイラスでの操作が可能

SXGA(960×1280ドット)サイズのサンプル画像 こちらはVGA(480×640ドット)サイズのサンプル画像

仕様で見る「F900iT」

 NTTドコモのFOMA 900iシリーズの中でもハイスペッククラスに位置付けられる富士通製端末。最新製品に強い関心を持っているユーザー層がメインターゲットとなっており、タッチパネルディスプレイやBluetooth機能を搭載している。

 ディスプレイを露出したまま折り畳む「タッチスタイル」では、カメラ操作や手書きメモの作成、メール閲覧などが可能。基本的にスタイラスでほとんどの部分を操作できる。

 Bluetooth機能では、Dial-Up Networking、Headset、Hands-Freeの3種類がサポートされている。パソコンなどとBluetooth経由で接続してインターネットへアクセスした場合、下り通信速度は最大250kbps程度になる。ハンズフリー機能を活かす別売のオプション製品として「Bluetoothヘッドセット」も提供されている。

【おもな仕様】
サイズ
(高×幅×厚)
110×53×32mm(高×幅×厚)
重量 約154g
連続通話時間 約160分(音声通話)、約100分(テレビ電話)
連続待受時間 約450時間(静止時)、約340時間(移動時)
充電時間 約140分
ディスプレイ メイン:約2.4インチ、QVGA(240×320ドット)、26万2,144色表示TFT液晶
サブ:約1.0インチ、96×38ドット、3色表示有機EL
表示文字数 90文字(9文字×10行)
132文字(11文字×12行)
210文字(14文字×15行)
メモリダイヤル 700件(1件につき最大5番号・5アドレス登録可、画像設定可)
リダイヤル・着信履歴 各30件
データ通信速度 最大下り384kbps(パケット通信時)、最大下り64kbps(回線交換時)
ボディカラー ブラック
備考 タッチパネルディスプレイ、指紋認証機能、Bluetooth(Ver.1.1準拠、対応プロファイル:Dial-Up Networking/Headset/Hands-Free)

【iアプリ】
iアプリ件数 最大100件
登録済みiアプリ Dimo i絵文字メール、ちびわんふれんず2、麻雀牌パズルF、ルーインエクスプローラー、人生ゲームF版、フリーセル、マイリモコン

【インターネットメール】
サービス名 iモードメール
利用料 料金プランに依存
(パケ・ホーダイは定額、パケットパック各コース利用時で1パケット0.02円〜0.1円)
メール受信機能 最大全角5,000文字
メール送信機能 最大全角5,000文字
メール保存件数 受信:最大1,000件(保護件数:最大500件)
送信:最大200件(保護件数:最大100件)
添付制限 メロディと画像合わせて10個(10,000バイト)まで添付可能。
大容量の静止画およびiモーションメールはどちらか1つで最大100KBまで。

【着信メロディ】
和音数 最大64和音
着信音 ・パターン・効果音:26種類
・登録済みメロディ:16曲
・ダウンロードメロディ保存件数:最大500件
登録メロディ曲名 RIDE ON TIME
True Blue
DSCHINGHIS KHAN
第三の男
アイーダより凱旋行進曲
カノン
ハバネラ
トッカータとフーガ ニ短調
フニクリフニクラ
猫ふんじゃった
アイネクライネナハトムジーク
展覧会の絵
さくら
ます
ピアノ協奏曲第1番
ENTERTAINER

【カメラ(静止画)】
撮影可能フォーマット JPEG
撮影可能解像度 960×1280ドット(SXGA)、640×480ドット(横長VGA)、480×640ドット(縦長VGA)、352×288ドット(CIF)、240×320ドット(縦長QVGA)、176×144ドット(QCIF)、128×96ドット(Sub-QCIF)、96×72ドット(電話帳サイズ)
※SXGA/VGA/QVGAはアウトカメラのみ
撮影可能画質 エコノミー、スタンダード、ファイン
撮影可能容量 本体:約224枚(VGAサイズ、スタンダード)
miniSDカード(16MB):約360枚(VGAサイズ、スタンダード)

【カメラ(動画) 】
撮影可能フォーマット MP4(MobileMP4)
撮影可能画質 176×144ドット(QCIF)、128×96ドット(Sub-QCIF)
長時間モード、標準モード、高品質モード
95KB(メール添付可能サイズ、高品質で約14秒、標準で約22秒、長時間で約34秒)
300KB(高品質で約40秒、標準で約70秒、長時間で約110秒)
撮影可能容量 最大100件(iモーションのダウンロード件数含む)

【iモーション】
iモーション件数 最大100件(プリインストール3件、撮影した動画データと共有)

スタッフが見たF900i

コメント
湯野  タッチパネルとBluetooth。またまた富士通が一風変わった端末を出してきた。さすがにF900iと比較すると、大きさ・重さがアップしてしまっているが、新しい物が好きな人にとっては注目の1台だ。
 個人的には、なんといってもBluetooth対応が嬉しい。ヘッドセットでハンズフリー通話というスタイルは、日本ではまだまだ珍しいものだが、クルマを運転しているときは本当に便利。Bluetoothヘッドセットは、ドコモ純正の「F01」やプラントロニクスの「M3000」など、徐々にバリエーションも増えてきた。いずれも耳にかけるタイプのものだが、運転中に装着するのはかなり危険。そういう意味ではスピーカーホンタイプが便利なのだが、さすがに、そのためだけにG-BOOKというのはお金がかかりすぎる。ドコモにはスピーカーホンタイプのBluetoothユニットなど別のバリエーションも用意してほしいところだ。
 この端末のもう一つの特長はタッチパネル。富士通製のFOMA端末はSymbian OSを採用しているということもあって、以前から画像編集系の機能が非常に充実していた。今回のF900iTでは、タッチパネルを利用することで、この辺りの機能がより使いやすくなった。ちょうどプリクラが手のひらに乗ったような感覚で、シールは出てこないが、機能的にはプリクラ以上だ。
 ただ、少し残念なのは、「Touch Style」にして「iメニュー」にアクセスしたときのナビゲーションだ。HTMLで記述されているサイトについてはリンク部分をタップして次のページに移動できるのだが、Flashの場合は画面下部の「選択」ボタンの上下にある小さな▲▼マークをタップしてフォーカスを上下に移動させた上で「選択」ボタンをタップすることになる。このため、頻繁にアクセスするであろう「iメニュー」がこの上なく使いづらくなってしまっているのだ。端末を開いて利用すれば済む話ではあるが、できればF900iT用に別のメニューを用意してほしい。
 いずれにしても、F900iTは、SH2101V以来、久々に“次世代”を感じさせる機能と外見を持った端末と言えるだろう。繰り返しになるが、そのぶん大きく、重くなってしまったのはやや残念なところ。とはいえ、もちろんスタイラスなしでも利用できるし、USBクレードルでパソコンとのシンクロも楽々で、とにかく存在感は抜群だ。
関口  昨年12月に催された900iシリーズの発表会で、その存在が明らかにされていた「F900iT」。タッチパネルやBluetoothといった機能は、それぞれ過去の携帯電話でも搭載していた機種は存在したが、「F900iT」の外観はサイバー感に溢れ、「テクノロジーってカッコイイ!」という気持ちにさせてくれる。私にとっては、「これこそ21世紀のケータイでしょ」と言いたくなる仕上がりだ。
 特にタッチパネルでの操作感は、「F900iT」の購入を後押しする気持ちよさ。「タッチスタイル」ではiモードサイトにアクセスするときにやや不便な点はあるが、端末全般の操作をポチポチッとできるのは快適。メニューを選択してから、次の画面が表示されるまでの瞬間は、以前の同社製FOMA端末に比べるとかなり向上しているので、ストレスなく利用できるだろう。
 動作面で「F900i」と比較すれば、iアプリの起動時間は若干速くなったと感じるし、静止画撮影時のフレーム選択はかなりスピードアップしている。このあたりの改善は非常に嬉しいところだ。
 Bluetoothに関しては、対応機器同士でサクサク接続できる感覚は楽しく、車の運転時にもヘッドセットをつけようという気持ちになる。PDAやノートパソコンでインターネット接続する際も非常に手軽に行なえるだろうが、「パケ・ホーダイ」の適用は携帯電話単体での通信のみなので、ちょっと残念なところだが、こればかりは仕方ない。
 スケジュール表示や細かなカスタマイズが可能な点、充実したメール機能など満足できるポイントに事欠かない一方で、個人的にはカメラの位置がちょっと辛い。キー側ボディの背面にあるということで、端末を開いた状態での撮影はなんだか感覚が狂ってしまうということもあるのだが、私は左利きなので、左手でホールドした場合はカメラに指がかかってしまうのだ。逆に右手で持っているとさほど困らない。左利きユーザーは店頭でよくチェックした方が良いだろう。
 この時期にFOMA端末を購入しようと考えている人にとって、検討対象に充分値する端末だが、最先端の機能に注目している人は近日登場予定の「F900iC」とどっちにしようか悩むことになるかもしれない。



URL
  製品情報(NTTドコモ)
  http://foma.nttdocomo.co.jp/terminal/cell/f900it/
  製品情報(NTTドコモ、900iシリーズ専用Webサイト)
  http://900i.nttdocomo.co.jp/f900it.html
  製品情報(富士通)
  http://www.fmworld.net/product/phone/f900it/

関連記事
タッチパネルとBluetoothでケータイに新たな可能性を
ドコモ、「F900iT」「P900iV」「N900iS」を19日より順次発売
Bluetooth対応でタッチパネル液晶の「F900iT」
ドコモ、新機能を追加した900iシリーズ3機種



2004/06/23 21:06

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2004 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.