ケータイ Watch
SHOWCASE
バックナンバー
ソフトバンク iPhone 3GS
[2009/06/26]

au G’zOne CA002
[2009/06/24]

NTTドコモ T-01A
[2009/06/19]

ソフトバンク 933SH
[2009/06/12]

ソフトバンク 831SH
[2009/04/28]

au G9
[2009/04/21]

NTTドコモ F-04A
[2009/04/17]

NTTドコモ F-03A
[2009/04/16]

NTTドコモ N-04A
[2009/03/31]

NTTドコモ P-02A
[2009/03/26]

au T001
[2009/03/25]

au S001
[2009/03/24]

au K001
[2009/03/23]

au NS02
[2009/03/19]

au NS01
[2009/03/18]

au SH001
[2009/03/17]

NTTドコモ P-03A
[2009/01/22]

NTTドコモ SH-02A
[2009/01/21]

NTTドコモ L-01A
[2009/01/20]

NTTドコモ N03A
[2009/01/07]

au W63CA
[2009/01/07]

NEW PANTONE 830SH
[2008/10/31]

SH706iw(White)
[2008/09/30]

NTTドコモ L706ie
[2008/08/31]

NTTドコモ N706ie
[2008/08/31]

NTTドコモ らくらくホンV
[2008/08/31]

P706ie(Silver)
[2008/08/31]

ソフトバンク 824SH
[2008/08/08]

ソフトバンク 923SH
[2008/07/31]

W62H(レーザーブルー)
[2008/07/31]

NTTドコモ SO706i
[2008/07/31]

ソフトバンク 825SH
[2008/07/31]

W62SH(ロイヤルパープル)
[2008/07/31]

au G’zOne W62CA
[2008/07/29]

ソフトバンク 824P
[2008/07/26]

ソフトバンク iPhone 3G
[2008/07/16]

ソフトバンク 823P
[2008/07/09]

NTTドコモ F706i
[2008/07/02]

NTTドコモ SH906iTV
[2008/06/30]

NTTドコモ F906i
[2008/06/30]

NTTドコモ HT1100
[2008/06/30]

W63K(マジェスティックブラック)
[2008/06/30]

NTTドコモ N906iL onefone
[2008/06/30]

ウィルコム WILLCOM 03
[2008/06/27]

au Sportio
[2008/06/24]

NTTドコモ PRADA Phone by LG
[2008/06/11]

NTTドコモ SH906i
[2008/06/11]

イー・モバイル S11HT
[2008/05/21]

NTTドコモ らくらくホン プレミアム
[2008/05/07]

ソフトバンク 922SH
[2008/04/24]


バックナンバー
ケータイ新製品SHOW CASE
SH506iC(メロウシルバー)
2004年7月16日発売



ボタン配置はオードソックスなもの 右側面、下の方に2段押しに対応するシャッターボタン

左側面にはカーソルボタン、決定ボタン、クリアボタンがある ヒンジ部付近に赤外線ポート、ストラップ穴、カメラと照明が集中。アンテナは伸びないタイプ

液晶を表に出した状態で折りたたむ「ビューアポジション」。液晶下にボタンが並んでいる 液晶の裏にFeliCaマークがある

メインメニュー第1階層はアイコンランチャー式 ショートカットメニューもアイコンランチャー式 基本機能のみを表示させるズームメニューも搭載

メインメニュー第2階層以降はリスト式の表示 サイドボタンに機能を割り当てることも可能。ただし開いているときのみ有効 標準の待受画面

20字×19行表示 12字×12行表示 10字×10行表示

予測変換に対応したケータイShoin3を搭載 人名のあとには敬称などを自動で予測候補に挙げる 英単語も候補に表示。長い単語は2行に分けて表示

メール閲覧中などにほかの機能を呼び出すアシスタントビュー機能がある 電子書籍ビューア用の英和辞書が内蔵されている PDFやWordのファイルなどを閲覧できるドキュメントビューア機能も搭載

日付として認識できる数字を待受状態で打ち込むと、決定ボタンでスケジューラ呼び出しもできる 時刻として認識できる数字だった場合は、次の日のアラーム設定もできる

カメラ撮影時画面。本体を閉じても縦横は変わらない 撮影時サブメニュー 撮影時のショートカットボタン一覧

サムネイルは9件のほかに12件でも表示可能 画像は加工前と加工後を比較しながら編集できる

1224×1632ドットでの撮影サンプル。リンク先は無加工画像(210KB)。撮影時は晴天時夕刻 1224×1632ドットでの撮影サンプル。リンク先は無加工画像(176KB)

240×320ドットでの撮影サンプル。リンク先は無加工画像(38KB)。ワイヤレスジャパン、ドコモブースにて撮影

仕様で見るSH506iC

 シャープ製のiモード FeliCa対応mova端末。オートフォーカス対応の2メガピクセルカメラを装備し、電子書籍の閲覧機能も搭載するハイエンド志向の強い端末。

 液晶が2軸で回転するデザインを採用していて、液晶を表に出した状態で折りたたむ「ビューアポジション」がある。側面にカーソルボタンと決定ボタン、クリアボタン、2段階押し込みに対応するシャッターボタンを搭載し、さらに液晶の上にもボタンを搭載していて、折りたたんだ状態でも様々な操作が可能となっている。

 非接触IC機能のiモード FeliCaに対応。好きなiモード FeliCaサービスのiアプリを自分で選んで端末に取り込み、複数の非接触IC機能を内蔵させられる。電子マネーの「Edy」のアプリがプリインストールされ、簡単な手続きで100円分のギフトをチャージできる。

 カメラはビューアポジションでコンパクトカメラのように構えられるほか、ふつうに開いた状態で構えたり、液晶をカメラ側に向けて自分撮りもできる。カメラは202万画素のCCDで、最大で1224×1632ドットまでの画像を撮影可能。スイッチ付きイヤホンマイクを使ったレリーズ撮影機能や、明るさとピクチャーライトの設定を変えて連続撮影するブラケット撮影機能も搭載する。添付メールには対応しないmovaのため、撮影画像の送受信にはiショットを利用する。

 XMDF形式の電子辞書、電子書籍の閲覧機能を搭載。電子辞書、電子書籍ともにシャープのスペースタウンからパソコンでダウンロード購入してminiSDカードに保存したり、書き込み済みのminiSDカードを購入してコンテンツを追加することが可能。このほか、Microsoft WordやExcel、Power Point、PDFや画像ファイルなどパソコン向けのファイルを表示する「ドキュメントビューア」も搭載する。iモードやメールといった通信でXMDFファイルやPDFファイルなどを端末に取り込むことはできない。

 日本語入力には予測変換などに対応するケータイShoin3を搭載。通話中やメール中にスケジューラなどほかの機能を起動させるアシスタントビュー機能がある。

【おもな仕様】
サイズ
(高×幅×厚)
103×49×26mm
重量 約136g
連続通話時間 約135分
連続待受時間 約350時間
充電時間 約130分
ディスプレイ 26万色表示2.2型TFTカラー液晶
240×320ドット
表示文字数 20字×19行、12字×12行、10字×10行
メモリダイヤル 750件
データ通信速度 最大28.8kbps(iモード時)
ボディカラー メロウシルバー、ブリリアントブラック、スパークリングピンク

【iアプリ】
iアプリ件数 20〜200件
登録済みiアプリ Dimo i 絵文字メール、電子マネー「Edy」、ブンコビューア、ピクチャリモコン、モンスターファームLife

【インターネットメール】
サービス名 iモードメール
利用料 送信・受信ともに全角20文字程度で0.9円
メール受信機能 最大全角250文字
メール送信機能 最大全角250文字
メール保存件数 受信:1000件
送信:100件

【着信メロディ】
和音数 64和音
着信音 ・パターン:10種類
・登録済みメロディ:10曲
・ダウンロードメロディ:最大60件
登録メロディ曲名 Oriental Energy
Better Days
ラ・クンバルシータ
風の吹く島
情熱のアンダルシア
Beat On Motion
王家の末裔
The Valley
愛のあいさつ
Silver Bow
和音着メロダウンロード 対応

【カメラ(静止画)】
撮影可能フォーマット JPEG
撮影可能解像度 1224×1632、768×1024、480×640、240×320、288×352、144×144
撮影可能容量 内蔵メモリに約670枚。miniSDカードも利用可能

【カメラ(動画) 】
撮影可能フォーマット NANCYコーデック(120×88、160×120、240×176)
撮影可能画質 最大10fps
撮影可能容量 miniSDカードに最大25分。本体メモリには保存不可


スタッフが見たSH506iC

コメント
湯野  「いったい何個付ければ気が済むんですか?」と言いたくなるほどボタンが付いたSH506iC。たしかに各々のボタンの位置や機能の割り当てなどはよく考えられているのだが、だいぶデザインが犠牲にされてしまったように感じてしまうのは私だけだろうか?
 iモード FeliCa対応端末第2弾ということになるわけだが、遠隔ロックができるF900iCを除けば、機能的な部分での差は基本的に無い。しかし、現時点で発表されている4端末の中では、唯一FeliCaチップの搭載位置が異なり、これが使い勝手の面での差を生んでいるように思える。
 普段ケータイを手にする時というのは、電池蓋の側から側面にかけて手のひらで包むように持つのが自然なスタイルだろう。ところが、他の3機種では電池蓋側にFeliCaチップを搭載しているため、FeliCaを利用しようとしたときに必ず一旦持ち替えるという作業が必要になる。今はまだまだ利用機会も少ないので、そんなに気にすることでもないかもしれないが、来年になってSuicaが使えるようになった暁には、どこにFeliCaチップを搭載しているか、ということも端末を選ぶ上で重要なポイントになるのではないだろうか。
 もっとも、SH506iCのようなスタイルの場合、ビューアポジションでFeliCaが使えなくなってしまうという欠点もあったりするので、一概にこれがいいとも言い切れない。
 その他の部分では、メニューが一般的な9分割アイコン方式に変更され、カスタマイズの自由度が高まっていたり、日本語変換エンジンが「ケータイShoin3」にバージョンアップし、メールが入力しやすくなっていたりと、いまや主流ではなくなりつつあるPDC端末ながらも基本機能のブラッシュアップにも抜かりはない。
 当然、出版社で働く人間としては、電子ブックや電子辞書に対応しているところにも注目しているわけだが、利便性を考えると、やはり定額制のあるFOMAでダウンロード購入できるようになってくれたほうが嬉しい。ただ、ペイパービューの仕組みがないiモードでそれを実現するには、課金システムを拡張するとか、それこそFeliCaを利用するとか、何らかの工夫が必要だろう。
白根  シャープ製のiモード FeliCa端末。SH505iSに比べると、iモード FeliCaだけでなくドキュメントビューアやら2軸回転構造など、いろいろな点で強化・変更がなされている。
 2軸回転構造により、液晶を表に出した状態で折りたためる。側面のカーソルボタンや液晶脇のソフトボタンなど、折りたたんだ状態でも開いた状態と同じメニュー画面で操作できるのがわかりやすい。しかしカーソルボタンとソフトボタンが離れているなど、ちょっと使いづらい面もある。基本的な操作は開いてやるもの、と考えておいた方がよいかもしれない。そもそもボタンロックがボタンの長押しになっていて、場合によっては開いたり閉じたりした方が素早く操作できる。どうせなら、スライド式のボタンロックスイッチと、液晶脇にソフトボタンだけでなくカーソルボタンまでも搭載してしまうくらいの覚悟を決めたデザインにチャレンジしても良かったとも思う。
 使い勝手は全般的に優秀。メニューはオーソドックスなアイコンランチャー式だが、カスタマイズできるショートカットメニューもiアプリが登録できるなど、実用的。開いた状態での側面カーソルボタンにショートカットも登録できるのも便利。電子書籍リーダー機能があるが、これがアシスタントビューボタンにより、メール作成中などにも呼び出せるのも便利。日本語入力はケータイShoin3。従来のケータイShoin2は、頭出し予測の候補表示が1行=1単語だったが、ケータイShoin3では1行=2単語になったなど、使いやすく進化している。
 カメラも良くできている。画像サイズやシーン設定などさまざまな撮影設定項目を一括で「オリジナルモード」として2種類保存できるのは面白い。ただ、個人的にはブラケット撮影はありがたいが、ライト色のブラケティングよりもWBのブラケティングをした方が失敗が減るような気もする。あとはD506iのように、さまざまな設定をカーソルだけで簡単に行なえるインターフェイスも良かったのでは、とも思う。決して使いにくくはなく、どちらかというと良くできているカメラ機能だが、シャープにはもっと、「これは使いやすいっ!」とパッションを感じるほどのカメラを作って欲しいとも思ってしまう。
 ドキュメントビューアなど、機能は満点。使い勝手も全般的に良い。液晶は2.4型ではなく2.2型だが、別に不便さを感じる部分ではない。購入時に気を付けるべきは「FOMAではない」ところか。movaではパケット代も安くならないし、メールの文字量も少ないし、画像の添付受信もできない。ただ、逆に言えば欠点はそのくらいで、むしろFOMAはエリアがちょっと狭いなどデメリットもある。総合的に見て、FOMAを買おうかと迷いつつも、あえてmovaのSH506iCを選ぶのも悪くないだろう。


関連記事
ドコモ、iモード FeliCa対応の「SH506iC」を16日発売


URL
  ニュースリリース(NTTドコモ)
  http://www.nttdocomo.co.jp/new/contents/04/whatnew0714.html
  ニュースリリース(シャープ)
  http://www.sharp.co.jp/corporate/news/040714-a.html
  製品情報(NTTドコモ)
  http://www.nttdocomo.co.jp/p_s/service/felica/f/sh506ic.html
  製品情報(シャープ)
  http://www.sharp.co.jp/products/sh506ic/



2004/07/29 12:51

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2004 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.