ケータイ Watch
SHOWCASE
バックナンバー
ソフトバンク iPhone 3GS
[2009/06/26]

au G’zOne CA002
[2009/06/24]

NTTドコモ T-01A
[2009/06/19]

ソフトバンク 933SH
[2009/06/12]

ソフトバンク 831SH
[2009/04/28]

au G9
[2009/04/21]

NTTドコモ F-04A
[2009/04/17]

NTTドコモ F-03A
[2009/04/16]

NTTドコモ N-04A
[2009/03/31]

NTTドコモ P-02A
[2009/03/26]

au T001
[2009/03/25]

au S001
[2009/03/24]

au K001
[2009/03/23]

au NS02
[2009/03/19]

au NS01
[2009/03/18]

au SH001
[2009/03/17]

NTTドコモ P-03A
[2009/01/22]

NTTドコモ SH-02A
[2009/01/21]

NTTドコモ L-01A
[2009/01/20]

NTTドコモ N03A
[2009/01/07]

au W63CA
[2009/01/07]

NEW PANTONE 830SH
[2008/10/31]

SH706iw(White)
[2008/09/30]

NTTドコモ L706ie
[2008/08/31]

NTTドコモ N706ie
[2008/08/31]

NTTドコモ らくらくホンV
[2008/08/31]

P706ie(Silver)
[2008/08/31]

ソフトバンク 824SH
[2008/08/08]

ソフトバンク 923SH
[2008/07/31]

W62H(レーザーブルー)
[2008/07/31]

NTTドコモ SO706i
[2008/07/31]

ソフトバンク 825SH
[2008/07/31]

W62SH(ロイヤルパープル)
[2008/07/31]

au G’zOne W62CA
[2008/07/29]

ソフトバンク 824P
[2008/07/26]

ソフトバンク iPhone 3G
[2008/07/16]

ソフトバンク 823P
[2008/07/09]

NTTドコモ F706i
[2008/07/02]

NTTドコモ SH906iTV
[2008/06/30]

NTTドコモ F906i
[2008/06/30]

NTTドコモ HT1100
[2008/06/30]

W63K(マジェスティックブラック)
[2008/06/30]

NTTドコモ N906iL onefone
[2008/06/30]

ウィルコム WILLCOM 03
[2008/06/27]

au Sportio
[2008/06/24]

NTTドコモ PRADA Phone by LG
[2008/06/11]

NTTドコモ SH906i
[2008/06/11]

イー・モバイル S11HT
[2008/05/21]

NTTドコモ らくらくホン プレミアム
[2008/05/07]

ソフトバンク 922SH
[2008/04/24]


バックナンバー
ケータイ新製品SHOW CASE
F900iC(オレンジ)
2004年8月7日発売



ボタン配置。最下部にスライド式の指紋読み取りセンサがある 右側面にボタンがある。シャッターボタンは2段押しに対応

背面にカメラを搭載。背面画面は有機EL メイン画面上に自分撮り・テレビ電話用のサブカメラを搭載

ヒンジ部裏にストラップ穴がある F900i(左)とF900iC(右)。大きさなどは良く似ている

メインメニュー第1階層はアイコン、リスト、3Dの3つのデザインから選べる。これはアイコンランチャー式のもの メインメニュー第1階層。これは3Dタイプのデザイン。カーソルボタンでアイコンがアニメーションする メインメニュー第1階層。これはリスト式。

メインメニュー第2階層まではアイコンランチャー式になっている部分が多い 「外部連携」のメニューにICカード機能や赤外線機能がある メインメニューのカスタマイズメニュー。1画面で各種設定を行なう、パソコン的な構造

カスタムメニュー。連絡先や各種機能、連絡先グループを登録できる カスタムメニューのサブメニュー。各種カスタマイズ操作を行なう TASKボタンで呼び出されるメニュー。メール機能実行中などに、ほかの機能を呼び出せる

14字×15行表示 11字×12行表示 9.5字×10行表示

予測変換に対応する日本語入力システムを搭載

カメラ撮影時の画面。アイコンを消す設定もある カメラの撮影設定は、カーソル左右で設定アイコンを選び、カーソル上下で設定内容を変更する サムネイル表示は12件

最大解像度(960×1280ドット)の撮影サンプル。リンク先は無加工画像(190KB、オリジナルままで縦長) 最大解像度(960×1280ドット)の撮影サンプル。リンク先は無加工画像(158KB、オリジナルままで縦長)

スペックで見るF900iC

 非接触IC機能「iモード FeliCa」に対応する初のFOMA端末。指紋認証機能など、セキュリティやプライバシー保護のさまざまな機能が搭載されている。

 iモード FeliCaは交通機関や決済で使われている非接触ICカードの機能をケータイに搭載したもの。たとえば電子マネー「Edy」のiモード FeliCa版は、ケータイの画面で残高を確認したり、ケータイの通信機能でそのままEdyにチャージするなど、カードにはないサービスも提供される。F900iC特有の機能として、iモード FeliCa機能を指紋認証機能やリモートでロックする機能がある。

 カメラには対面撮り用にオートフォーカス対応の128万画素CCD、自分撮り用に11万画素CMOSを搭載。最大で960×1280ドットの静止画撮影が可能。動画の最大解像度は176×144ドットで、外部メモリに連続最大89分の録画が可能。

 デコメール、キャラ電、着モーション、iモーション、Flashなど、900iシリーズ相当の機能を搭載。メモリカードはminiSDに対応。

【おもな仕様】
サイズ
(高×幅×厚)
104×51×26mm
重量 約128g
連続通話時間 約160分
連続待受時間 約450時間
充電時間 約140分
ディスプレイ 2.4型26万色表示TFTカラー液晶
240×320ドット
表示文字数 14字×15行、11字×12行、9.5字×10行
メモリダイヤル 700件
データ通信速度 最大下り384kbps(パケット通信時)、最大下り64kbps(回線交換時)
ボディカラー オレンジ、レッド、パープルシルバー、チタンブラック

【iアプリ】
iアプリ件数 最大100件
登録済みiアプリ Dimo i絵文字メール、電子マネー「Edy」、ルーインエクスプローラーplus、フリーセル、マイリモコン

【インターネットメール】
サービス名 iモードメール
利用料 料金プランに依存(パケットパックにより1パケット0.02〜0.2円)
メール受信機能 最大全角5000文字
メール送信機能 最大全角5000文字
メール保存件数 受信:1000件
送信:200件

【着信メロディ】
和音数 最大64和音(着うた、着モーション対応)
着信音 ・パターン:24種類
・登録済みメロディ:13曲
・ダウンロードメロディ:最大500件
登録メロディ曲名 タッチ
VALENTI
未来予想図II
きらきら星
大きな古時計
静かな湖畔
一週間
アイーダより凱旋行進曲
英雄ポロネーズ
愛の挨拶
紅葉
展覧会の絵
ENTERTAINER

【カメラ(静止画)】
撮影可能フォーマット JPEG
撮影可能解像度 960×1280、640×480、480×640、352×288、240×320、176×144、128×96、96×72
撮影可能容量 内蔵メモリに最大960枚。miniSDカードも利用可能

【カメラ(動画) 】
撮影可能フォーマット MP4形式
撮影可能画質 128×96、176×144
撮影可能容量 内蔵メモリに110秒。miniSDカードも利用可能


スタッフが見たF900iC

コメント
湯野  今のところ唯一のiモード FeliCa対応FOMA端末ということになるF900iC。比較的地味な感じのボディカラーが多いiモード FeliCa対応端末の中では、F900iCの特にこのオレンジのモデルやレッドのモデルはひときわ目を引く。
 カメラにオートフォーカス機能が追加されるなどしているが、基本機能や使い勝手はベースとなっているF900iとほとんど同じ。やや動作にもたりを感じる部分もあるが、カメラまわりの機能も十分。なので、やはり注目どころはiモード FeliCa関連の部分ということになるだろう。
 まず嬉しいのは、他のPDC方式のiモード FeliCa対応端末と比べて便利、というか安心して使えるセキュリティ関連の機能である。もともと富士通はプライバシーモードや指紋認証などの機能をいち早く携帯電話の世界に取り込んだメーカーだが、その考え方はiモード FeliCaの時代になっても変わらない。指紋認証をパスしないとiモード FeliCaが使えないように設定できるので、寝ているお父さんのおサイフケータイを持ち出し、息子がエッチな本を買いにコンビニに走る、なんていうことも避けられる。
 ただ、この端末の問題というか、iモード FeliCaそのものの仕組みの問題も浮かび上がってくる。というのも、iモード FeliCaの実際の利用データは、個々の端末上にあるiアプリ用のメモリ領域の中に格納されている。つまり、FeliCaの機能が端末と紐づけられてしまうので、FOMAの場合、USIMカードを差し替えて使えるというメリットが極端に小さくなってしまうのだ。この点は何とかしてもらわないと辛い。
 いずれにしても、iモード FeliCaに興味がある人にとっては、対応する唯一のFOMA端末というところは大きな魅力だろう。パケ・ホーダイのように、FOMAならではのメリットもある。FOMAのネットワークやiモード FeliCaを使う環境がそれなりに整備されている首都圏に在住する人にとっては悪くない端末だと思う。
白根  iモード FeliCa対応の唯一のFOMA。富士通にとってはF900i、F900iTに続く3機種目の900シリーズだ。iモード FeliCa以外の基本的なスペック、操作性はF900iとほぼ同じだ。
 カメラは128万画素CCD。画質はそれなりで、使い勝手は良い。明るさや撮影サイズなど、撮影時の設定項目をカーソル左右で選び、上下で変更する。ショートカットに比べるとわかりやすいと思う。側面ボタンは2段押しによるフォーカスロックに対応するが、対面撮りはケータイを開いた状態で行なうため、コンパクトカメラのように構えることはできない。また、最大解像度の960×1280ドットで撮影する場合、縦長で保存されるなど、あまり横に構えることを想定していない印象もある。カメラ機能は使いやすいが、デジタルカメラ代わりの機能を重視しているわけではない、といったところか。
 カメラ以外の使い勝手は良い。カスタムメニューに連絡先のショートカットも設定可能など、カスタマイズ性も高い。また、ほかのiモード FeliCa対応機と異なり、指紋認証や遠隔からのダイヤル操作でiモード FeliCa機能をロックする機能が搭載されている。ほかの富士通端末同様、特定のメールフォルダのみを隠すプライバシー保護機能も搭載する。個人情報のかたまりであり、財布にもなるiモード FeliCa対応ケータイにとって、非常に頼もしいセキュリティ・プライバシー保護機能だ。
 ただのFOMAとしてみるならばF900iと大差はない。堅実に良くできている機種だが、カメラ重視とかビデオ重視とかそういった面がなく、遊びが少ないようにも思える。しかし、やはりiモード FeliCa対応というのが大きい。iモード FeliCaはまだまだ対応サービスは少ないが、今後、発展が期待される機能。iモード FeliCaを目的にするならば、セキュリティ・プライバシー保護機能が充実したF900iCはオススメだ。


関連記事
ドコモ、iモード FeliCa対応の「F900iC」を8月7日発売


URL
  ニュースリリース(NTTドコモ)
  http://www.nttdocomo.co.jp/new/contents/04/whatnew0804.html
  製品情報(NTTドコモ)
  http://www.nttdocomo.co.jp/p_s/service/felica/lineup/f900ic/index.html
  製品情報(富士通)
  http://www.fmworld.net/product/phone/f900ic/



2004/08/18 18:18

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2004 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.