ケータイ Watch
SHOWCASE
バックナンバー
ソフトバンク iPhone 3GS
[2009/06/26]

au G’zOne CA002
[2009/06/24]

NTTドコモ T-01A
[2009/06/19]

ソフトバンク 933SH
[2009/06/12]

ソフトバンク 831SH
[2009/04/28]

au G9
[2009/04/21]

NTTドコモ F-04A
[2009/04/17]

NTTドコモ F-03A
[2009/04/16]

NTTドコモ N-04A
[2009/03/31]

NTTドコモ P-02A
[2009/03/26]

au T001
[2009/03/25]

au S001
[2009/03/24]

au K001
[2009/03/23]

au NS02
[2009/03/19]

au NS01
[2009/03/18]

au SH001
[2009/03/17]

NTTドコモ P-03A
[2009/01/22]

NTTドコモ SH-02A
[2009/01/21]

NTTドコモ L-01A
[2009/01/20]

NTTドコモ N03A
[2009/01/07]

au W63CA
[2009/01/07]

NEW PANTONE 830SH
[2008/10/31]

SH706iw(White)
[2008/09/30]

NTTドコモ L706ie
[2008/08/31]

NTTドコモ N706ie
[2008/08/31]

NTTドコモ らくらくホンV
[2008/08/31]

P706ie(Silver)
[2008/08/31]

ソフトバンク 824SH
[2008/08/08]

ソフトバンク 923SH
[2008/07/31]

W62H(レーザーブルー)
[2008/07/31]

NTTドコモ SO706i
[2008/07/31]

ソフトバンク 825SH
[2008/07/31]

W62SH(ロイヤルパープル)
[2008/07/31]

au G’zOne W62CA
[2008/07/29]

ソフトバンク 824P
[2008/07/26]

ソフトバンク iPhone 3G
[2008/07/16]

ソフトバンク 823P
[2008/07/09]

NTTドコモ F706i
[2008/07/02]

NTTドコモ SH906iTV
[2008/06/30]

NTTドコモ F906i
[2008/06/30]

NTTドコモ HT1100
[2008/06/30]

W63K(マジェスティックブラック)
[2008/06/30]

NTTドコモ N906iL onefone
[2008/06/30]

ウィルコム WILLCOM 03
[2008/06/27]

au Sportio
[2008/06/24]

NTTドコモ PRADA Phone by LG
[2008/06/11]

NTTドコモ SH906i
[2008/06/11]

イー・モバイル S11HT
[2008/05/21]

NTTドコモ らくらくホン プレミアム
[2008/05/07]

ソフトバンク 922SH
[2008/04/24]


バックナンバー
ケータイ新製品SHOW CASE
W21K(アメージングブルー)
2004年8月7日発売

写真で見るW21K



キー配列 本体左サイド

イヤホンジャックは本体右サイド 外部接続端子

背面のサブディスプレイ

特徴的な機能の1つであるムービングクロック ゲームのような動きを見せる「INVADE」 水の中を漂うイメージの「FLOAT」

メインメニュー メニューのデザインは3種類用意されている

上下2列で構成されたメニュー メニュー第2階層。これは「機能」メニュー

上下キーでメールやEZチャンネルなどのメニューにすぐアクセスできる これはEZwebのメニュー

日本語変換機能としてAdvanced Wnnを搭載 10字×11行表示 12字×13行表示

15字×16行表示 20字×22行表示 例文表示

有効画素数131万画素のCMOSカメラ ライトも装備

リンク先は1280×960ドットのサンプル画像。無加工 リンク先は640×480ドットのサンプル画像

リンク先はQVGA(240×320ドット)サイズのサンプル画像 これは120×160ドットのサンプル画像

仕様で見るW21K

 最大2.4Mbpsのデータ通信が可能で、「ダブル定額」も利用できるCDMA 1X WINに対応した京セラ製端末。今夏に登場した1X WIN端末の中でもスタンダードクラスに位置づけられており、大容量のBREWアプリやFlashはサポートしているが、EZナビウォークや外部メモリカードには対応していない。

 メニューアイコンのデザインは3種類用意されるほか、ユニークな時計表示を実現した「ムービングクロック」を搭載する。

 有効画素数131万画素のCMOSカメラを搭載し、最大1,280×960ドットの静止画を撮影できるようになっている。

【おもな仕様】
サイズ
(高×幅×厚)
約49×98×25mm
重量 約115g
連続通話時間 約170分
連続待受時間 約200時間
充電時間 約130分
ディスプレイ メインディスプレイ:2.2インチ、240×320ドット(QVGA)、約26万色表示、TFTシステム液晶
サブディスプレイ:1.1インチ、104×67ドット、4,096色表示、STN液晶
表示文字数 20字×22行、15字×16行、12字×13行、10字×11行
メモリダイヤル 500件(1件につき電話番号・メールアドレス各2件)
リダイヤル・着信履歴 各20件
データ通信速度 下り最大2.4Mbps
ボディカラー アメージングブルー、リーセントシルバー、メリーピンク

【インターネットメール】
利用料 EZ WINコースに含まれ月額315円
メール受信機能 最大全角5,000文字
メール送信機能 最大全角5,000文字
メール保存件数 受信:500件
送信:200件
添付制限 最大約206KB

【着信メロディ】
和音数 64和音
登録メロディ曲名 着うた:just
和音着メロダウンロード 対応

【データフォルダ】
データフォルダ容量 約15MB(最大500件)

【カメラ(静止画)】
撮影可能フォーマット JPEG
撮影可能解像度 ケータイ(120×160)、壁紙(240×320)、VGA(640×480)、 SXGA(1280×960)、連写(240×320)、顔変形(240×320)
撮影可能画質 ファイン、ノーマル、メール

【カメラ(動画) 】
撮影可能フォーマット AMC、3gp、3g2
撮影可能画質 標準S(96×80)、標準M(128×96)、高品質M(128×96)、 高品質L(176×144)、長時間L(176×144)

【EZアプリ(BREW)】
EZアプリ件数 EZアプリ(BREW):最大3MB
登録済みEZアプリ 写モジめ〜る、EZメモリーポケット

スタッフが見たW21K

コメント
湯野  典型的なカメラ付きの折りたたみ型端末のスタイルを踏襲したW21K。保守的で、ある意味派手さには欠けるが、そのぶんコンパクトで気取らない感じがいい。
 やはり同時期に発売されたW21S、W21SAの2機種と比べると、ややスペック的に見劣りする部分があるのも確か。メモリカードスロットが省略されてしまったのも残念だが、EZナビウォークが利用できないというところを気にするユーザーも多いのではないだろうか。
 細かいところで言うと、他の2機種と比べると、どういうわけかFlashコンテンツの中のフォント表示が汚く、文字が読みづらい。また、データフォルダ内の画像データなどを再生する際、「次へ」ボタンはあるが、「前へ」ボタンがないのはちょっと不便に感じる。
 W21Kについては、いろいろと不満に思う部分もあるが、他の2機種は機能満載なだけに、とにかくサイズが大きい。その点、一回り小さく感じるW21Kは非常に持ちやすい。販売価格も安く、端末を購入する上でサイズや価格を重視する人にとっては悪くない端末だと思う。
関口  スタンダードクラスに位置づけられた「W21K」だが、確かに「定額制って?」「WINって?」と、深くauのサービスを知らなくてもいつの間にかWINユーザーだったという図式を成り立たせる端末だ。そういう意味では、ムービングクロックやユニークなメニューアイコンなど、ユーザーインターフェイスでのデザインに対するアプローチは興味深い。
 今夏のWIN端末の中では、あっさりした仕上がりだが、有効画素数131万画素のCMOSカメラは充分使えるレベル。ただし撮影したデータを活用する際は、外部メモリカードがないため、少々手間取るかもしれない。
 少々メニュー周りでキー操作に表示が追いつかない場面もあるが、いらつくレベルではない。直感的な操作も可能だし、高速化したEZwebを充分楽しめる。端末の販売価格も手頃なレベルとなっており、何はともあれ「ダブル定額に移行したい」という人にとってはうってつけの端末だ。



URL
  製品情報(au)
  http://www.au.kddi.com/seihin/kinobetsu/seihin/w21k/
  製品情報(京セラ)
  http://www.kyocera.co.jp/prdct/telecom/consumer/w21k/

関連記事
メニューカスタマイズが可能なスタンダードモデル「W21K」



2004/09/14 14:09

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2004 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.