ケータイ Watch
SHOWCASE
バックナンバー
ソフトバンク iPhone 3GS
[2009/06/26]

au G’zOne CA002
[2009/06/24]

NTTドコモ T-01A
[2009/06/19]

ソフトバンク 933SH
[2009/06/12]

ソフトバンク 831SH
[2009/04/28]

au G9
[2009/04/21]

NTTドコモ F-04A
[2009/04/17]

NTTドコモ F-03A
[2009/04/16]

NTTドコモ N-04A
[2009/03/31]

NTTドコモ P-02A
[2009/03/26]

au T001
[2009/03/25]

au S001
[2009/03/24]

au K001
[2009/03/23]

au NS02
[2009/03/19]

au NS01
[2009/03/18]

au SH001
[2009/03/17]

NTTドコモ P-03A
[2009/01/22]

NTTドコモ SH-02A
[2009/01/21]

NTTドコモ L-01A
[2009/01/20]

NTTドコモ N03A
[2009/01/07]

au W63CA
[2009/01/07]

NEW PANTONE 830SH
[2008/10/31]

SH706iw(White)
[2008/09/30]

NTTドコモ L706ie
[2008/08/31]

NTTドコモ N706ie
[2008/08/31]

NTTドコモ らくらくホンV
[2008/08/31]

P706ie(Silver)
[2008/08/31]

ソフトバンク 824SH
[2008/08/08]

ソフトバンク 923SH
[2008/07/31]

W62H(レーザーブルー)
[2008/07/31]

NTTドコモ SO706i
[2008/07/31]

ソフトバンク 825SH
[2008/07/31]

W62SH(ロイヤルパープル)
[2008/07/31]

au G’zOne W62CA
[2008/07/29]

ソフトバンク 824P
[2008/07/26]

ソフトバンク iPhone 3G
[2008/07/16]

ソフトバンク 823P
[2008/07/09]

NTTドコモ F706i
[2008/07/02]

NTTドコモ SH906iTV
[2008/06/30]

NTTドコモ F906i
[2008/06/30]

NTTドコモ HT1100
[2008/06/30]

W63K(マジェスティックブラック)
[2008/06/30]

NTTドコモ N906iL onefone
[2008/06/30]

ウィルコム WILLCOM 03
[2008/06/27]

au Sportio
[2008/06/24]

NTTドコモ PRADA Phone by LG
[2008/06/11]

NTTドコモ SH906i
[2008/06/11]

イー・モバイル S11HT
[2008/05/21]

NTTドコモ らくらくホン プレミアム
[2008/05/07]

ソフトバンク 922SH
[2008/04/24]


バックナンバー
ケータイ新製品SHOW CASE
703SH(グリーンタグ)
2005年8月5日

写真で見る703SH



130度の角度でいったん止まるヒンジ キー配列

左側面にイヤホンジャックや上下キー、赤外線ポート 右側面にminiSDカードスロット

右側面上部に「703SH」と記されている 外部接続端子

ヒンジ部 背面液晶周辺

サブディスプレイは1桁全角6文字(72×12ドット)のモノクロ液晶 130万画素CMOSカメラ

メインメニュー メニュー第2階層 カスタムスクリーン機能でアイコンなどを一括変更できる

待受画面で数字キーを押すと、メニューが表示される 「ツール」メニュー カレンダー

ストップウォッチ 世界時計 地図を見ながら設定する

ボイスレコーダー キッチンタイマー 「外部接続」メニュー

Bluetoothメニュー 3G(W-CDMA方式)とGSM方式を選択する「ネットワーク設定」 「自動」を設定しておけば、海外でのローミング中も自動的に切り替わる

「メモリカード」メニュー メディアプレイヤー。音楽と動画を楽しめる ミュージックプレーヤー機能のメニュー

音楽再生画面 バックグラウンド再生も可能 音楽再生中にボーダフォンライブ!にアクセスしようとしたところ

端末を閉じたまま音楽再生すると、背面液晶に音符マークが表示される

ムービープレーヤー 動画データの一覧画面 携帯動画変換君でエンコードしたデータを再生したところ

メールメニュー フォルダ振り分け条件の設定画面 メール作成画面

日本語変換として「ケータイShoin3」を搭載 9字×8行 11字×10行

14字×11行 例文表示

静止画撮影画面 サブメニュー 撮影画像の一覧画面

動画撮影画面

曇天の都内を撮影したサンプル画像。リンク先は1,280×960ドットの画像 サンプル画像。リンク先は無加工

仕様で見る703SH

 130万画素CMOSカメラや2.0インチ、240×320ドット、26万色表示のTFT液晶を搭載した3G端末。W-CDMA方式とGSM方式に対応しており、海外でも利用できる。

 主な機能として、Bluetoothや音楽・動画プレーヤー機能、着うたフルなどに対応。外部メモリカードとしてminiSDカードに対応し、256MBまでのminiSDカードの動作が確認されている。

 ユーザーインターフェイスは、日本のユーザーに向けた仕上がり。圏外やオフライン時に作成したメールを通信圏内に入った時に自動送信する「自動再送メール」機能なども用意されている。

【おもな仕様】
サイズ
(高×幅×厚)
47×99×23mm
重量 約107g
連続通話時間 日本国内(W-CDMA):約150分
GSM:約240分
連続待受時間 日本国内(W-CDMA):約300時間
GSM:約290時間
充電時間 約140分
ディスプレイ 2.0インチ、240×320ドット、26万色表示TFT液晶
表示文字数 14字×11行、11字×10行、9字×8行
メモリダイヤル 500件(1件につき電話番号3件/メールアドレス3件)
リダイヤル・着信履歴 各10件
データ通信速度 国内(W-CDMA):下り最大384kbps/上り最大64kbps
海外(GSM):下り最大48kbps/上り最大12kbps
ボディカラー オレンジタグ、グリーンタグ、ホワイトタグ、ブラックタグ
備考 着うたフル対応、Vアプリ(最大1MB)、Vodafone live! BB、音楽プレーヤー機能(SD-Audio/AAC)、動画プレーヤー(SD-Video)、国際ローミング、TVコール、Bluetooth、電子コミック、Flash対応、ボイスレコーダー、カスタムスクリーン

【インターネットメール】
サービス名 MMS、SMS
利用料 月額利用料金はボーダフォンライブ!に含まれ、月額315円
通信料金は0.21円/パケット(国内通常契約時)
SMS:送信3.1円/1通、受信無料(宛先はボーダフォン端末のみ)
1.5KBのMMS送信時3.15円/1通〜300KBのMMS送信時210円/1通
パソコン・他社携帯からの全角128文字相当までのメールは受信無料。ボーダフォン機種からのメールは容量にかかわらず受信無料。

【着信メロディ】
和音数 最大40和音(着うた・着うたフル対応)
着信音 ・パターン:5種類
・効果音:15種類
・登録済みメロディ:8曲
登録メロディ曲名 Carnival du Brazil
Dancing in the Basement
Summer Dream
Groovy Sensation
Raga Song
Seven Seas
SWEETRANCE
森のくまさん
和音着メロダウンロード 対応。「データフォルダ」内に保存

【データフォルダ】
データフォルダ容量 8MB

【Javaアプリ】
保存件数 データフォルダに保存

【カメラ(静止画)】
撮影可能フォーマット JPEG
撮影可能解像度 960×1,280、768×1,024、480×640、240×320、120×160
撮影可能画質 ハイクオリティ、ファイン、ノーマル
撮影可能容量 データフォルダもしくはminiSDカードに保存

【カメラ(動画) 】
撮影可能フォーマット 3GP、ASF
撮影可能画質 メール添付:大(QCIF)、小(SubQCIF)
長時間撮影:QVGA(3GP)、QVGA(ASF)、大(QCIF)、小(SubQCIF)
撮影可能容量 データフォルダもしくはSDカードに保存

スタッフが見た703SH

コメント
湯野  902Tが登場してからというもの、ボーダフォンの3G端末の使い勝手がだいぶ良くなったように思える。この703SHも同様に、従来のPDC端末のユーザーインターフェイスを意識して作り込まれているようで、日本のユーザーにとっては馴染みやすい。もちろん、従来のPDC端末から乗り換えた場合は多少の違和感を感じることになるだろうが、それでも今までのボーダフォンの3G端末と比べれば、その差は歴然としている。
 703SHについては、さらにサイズもコンパクトで、デザイン的にもポップかつスッキリしており、スマート。3G=ハイスペックというイメージがあるためか、必要以上に機能を詰め込んでサイズが大きくなる傾向がある中、マニアではない一般ユーザーにとってジャストサイズの3G端末がようやく出てきたという感じだ。
 もちろん、だからと言って機能的に物足りないかというとそうではなく、メガピクセルカメラやテレビ電話、着うたフル、ミュージックプレイヤー、ボイスレコーダー、電子ブックなど、ハイエンド端末に匹敵する機能を備えている。GSMも900/1800/1900MHzのトライバンド対応で、Bluetoothもしっかりサポートしている。
 そろそろ3G端末にしたいけど、どうしても端末の大きさが気になって……、という人は店頭で703SHに触れてみるといいだろう。
関口  まずは「軽い! 小さい!」という2点が強く印象に残る「703SH」。個人的には、一癖持たせた外観やカラーバリエーションも結構気に入っている。デザイン、ボディサイズともに性別を問わず、幅広いユーザー層に受け入れられるのではないだろうか。
 日本向けユーザーインターフェイスを採用した、とされる「703SH」は、幅広いユーザーにとって、すんなりと使える端末だろう。基本的なメニュー構成や、メール関連の操作体系などはわかりやすく、困ることはなかった。
 ディスプレイサイズや、モバイルカメラ用ライトがないことなど、コストダウンのためか、多少気になる面があることは否定できないが、個人的には納得できる範囲。ただ、QRコードの読み取り機能がサポートされていないのは、ちょっと残念なポイント。現在でこそ、多くの場面で見かけるようになったQRコードだが、携帯電話の世界へ最初に持ち込んだのはシャープと言っても過言ではないのだから、なんとか対応して欲しかったところだ。
 Bluetooth対応でGSM方式にも対応するなど、シャープらしい多機能さを備えている。さまざまな機能の中でも、気に入ったのは音楽再生機能。SD-Audioのほか、AACの再生にも対応しており、端末を閉じた状態だけではなく、バックグラウンド再生も可能だ。シャープのWebサイトでは、256MBまでのminiSDカードの動作を確認しているとのことだが、手元にあったGoldFlashの1GB版miniSDカードも利用可能だった。1GBも音楽や動画を持ち運べるとなると、結構なボリュームのコンテンツを楽しめることになり、「毎日音楽データを入れ換える」といった手間から開放されることにもなるだろう。
 他キャリアから乗り換える人にもお勧めできる、バランスの取れた同機種だが、上位機種として「903SH」がほぼ同時期に登場している。大きく異なるポイントはカメラ機能と外観になるだろうか。機種変更の方は、価格差なども見た上で、「903SH」と悩むことになるかもしれない。



URL
  製品情報(ボーダフォン)
  http://www.vodafone.jp/japanese/products/model_3G/v703sh/
  製品情報(シャープ)
  http://k-tai.sharp.co.jp/products/v/703sh/

関連記事
ボーダフォン、シャープ製3G端末「703SH」を5日発売
ポップなカラーでコンパクトなシャープ製3G端末「703SH」



2005/08/10 13:26

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.