ケータイ Watch
SHOWCASE
バックナンバー
ソフトバンク iPhone 3GS
[2009/06/26]

au G’zOne CA002
[2009/06/24]

NTTドコモ T-01A
[2009/06/19]

ソフトバンク 933SH
[2009/06/12]

ソフトバンク 831SH
[2009/04/28]

au G9
[2009/04/21]

NTTドコモ F-04A
[2009/04/17]

NTTドコモ F-03A
[2009/04/16]

NTTドコモ N-04A
[2009/03/31]

NTTドコモ P-02A
[2009/03/26]

au T001
[2009/03/25]

au S001
[2009/03/24]

au K001
[2009/03/23]

au NS02
[2009/03/19]

au NS01
[2009/03/18]

au SH001
[2009/03/17]

NTTドコモ P-03A
[2009/01/22]

NTTドコモ SH-02A
[2009/01/21]

NTTドコモ L-01A
[2009/01/20]

NTTドコモ N03A
[2009/01/07]

au W63CA
[2009/01/07]

NEW PANTONE 830SH
[2008/10/31]

SH706iw(White)
[2008/09/30]

NTTドコモ L706ie
[2008/08/31]

NTTドコモ N706ie
[2008/08/31]

NTTドコモ らくらくホンV
[2008/08/31]

P706ie(Silver)
[2008/08/31]

ソフトバンク 824SH
[2008/08/08]

ソフトバンク 923SH
[2008/07/31]

W62H(レーザーブルー)
[2008/07/31]

NTTドコモ SO706i
[2008/07/31]

ソフトバンク 825SH
[2008/07/31]

W62SH(ロイヤルパープル)
[2008/07/31]

au G’zOne W62CA
[2008/07/29]

ソフトバンク 824P
[2008/07/26]

ソフトバンク iPhone 3G
[2008/07/16]

ソフトバンク 823P
[2008/07/09]

NTTドコモ F706i
[2008/07/02]

NTTドコモ SH906iTV
[2008/06/30]

NTTドコモ F906i
[2008/06/30]

NTTドコモ HT1100
[2008/06/30]

W63K(マジェスティックブラック)
[2008/06/30]

NTTドコモ N906iL onefone
[2008/06/30]

ウィルコム WILLCOM 03
[2008/06/27]

au Sportio
[2008/06/24]

NTTドコモ PRADA Phone by LG
[2008/06/11]

NTTドコモ SH906i
[2008/06/11]

イー・モバイル S11HT
[2008/05/21]

NTTドコモ らくらくホン プレミアム
[2008/05/07]

ソフトバンク 922SH
[2008/04/24]


バックナンバー
ケータイ新製品SHOW CASE
ジュニアケータイ A5520SA(そらいろ)
2006年2月25日発売

写真で見るジュニアケータイ A5520SA



ボタン配置はオーソドックスなもの。フォントのテイストが他の端末と異なる 右側面にメモなどのボタンがある

ボタン側背面の左側ヒンジ近くにストラップ穴がある ディスプレイ側の背面にカメラを搭載。側面にマクロ切り替えスイッチがある

メインメニュー第1階層。デフォルトのデザインは子ども向けの可愛いデザイン 機能メニューなどはリスト式の表示 時間割やおこづかい帳など子ども向けツールが搭載されている

基本的な機能のみのメニュー「スマートモード」 ティーンズモードやジュニアモードでは一部のメニューが利用できなくなる 通常のメニューデザインは変更が可能

15字×13行表示 12字×10行表示 10字×9行表示

6.5字×6行表示 予測変換に対応したATOK+APOTを搭載 次単語の推測にも対応している

カメラ撮影画面。VGA以上の解像度では横に構えて横長の画像を保存する カメラのサブメニュー

最大解像度(1280×960)での撮影サンプル。リンク先の画像は無加工(255KB) 最大解像度(1280×960)での撮影サンプル。リンク先の画像は無加工(260KB)

仕様で見るジュニアケータイ A5520SA

 三洋電機製のCDMA 1X端末。通称「ジュニアケータイ」で型番はA5520SA。安心ナビや防犯機能、発信制限機能など子供向けのセキュリティ機能を多数搭載している。

 最大98dB(10cmから)、1mの距離でも80dBという大音量の防犯ブザー機能が搭載されている。防犯ブザーは「#」の長押しで起動し、同時にペア機能に登録されている5件までの連絡先に自動でGPSで測定した場所の地図メールを送信することもできる。このほか、GPSを利用したセキュリティサービスの安心ナビ、ココセコム、ヘルプネットのアプリがプリインストールされる(それぞれの利用には別途料金が必要)。遠隔オートロック機能も搭載している。

 子供向けに各種発信・アクセス制限機能を搭載。ペア機能に登録された連絡先以外への発信を制限したり、発信やEZweb接続、アドレス帳編集などを制限する機能などがある。メニューやマニュアルも子供向けのデザインを採用。ディスプレイ側背面のサブディスプレイ周辺に貼るシールも付属する。

 カメラには131万画素CMOSを搭載。最大で1280×960ドットの画像を撮影できる。マクロは手動切り替え式。メモリカードには対応しない。動画はauでいうLサイズ(176×144)まで撮影可能。

 auの標準的な機能に加え、声de入力やケータイアップデート、Hello Messenger、赤外線通信機能に対応。着うたフルやEZブックといったWIN向けの機能には対応していない。日本語入力システムにはATOK+APOTを搭載。

【おもな仕様】
サイズ
(高×幅×厚)
94×48×21mm
重量 約105g
連続通話時間 約190分
連続待受時間 約290時間
ディスプレイ メイン:2.2型240×320ドット液晶
サブ:1.0型カラー96×64ドット液晶
表示文字数 15字×13行、12字×10行、10字×9行、6.5字×6行
メモリダイヤル 1000件
データ通信速度 最大下り144kbps
ボディカラー そらいろ

【インターネットメール】
サービス名 eメール
利用料 EZwebmultiに含まれ、月額300円
通信料0.27〜0.2円/1パケット
メール受信機能 最大全角5000文字
メール送信機能 最大全角5000文字
メール保存件数 受信:1000KBまたは700件
送信:500KBまたは350件
添付制限 5件まで。受信は1件あたり500KBまで、送信は合計500KBまで

【着信メロディ】
和音数 最大64和音。着うた対応
着信音 ・パターン効果音:16件
・登録済みメロディ:9曲
・ダウンロードメロディ:データフォルダに保存
登録メロディ曲名 ダンシングスター
ツゴイネルワイゼン
ホルン協奏曲
テンペスト
星に願いを
スカボローフェア
ドロップ
ドロップ(Flash)
はしご(Flash
和音着メロダウンロード 対応。「データフォルダ」内に保存

【データフォルダ】
データフォルダ容量 18MBまたは2000件(BREW保存エリア兼用)
保存/閲覧が可能な
ファイルの種類
・メロディ/着うた
・ピクチャー
・ムービー
・BREWアプリ
・PIM情報など

【カメラ(静止画)】
撮影可能フォーマット JPEG
撮影可能解像度 1280×960、640×480、240×320、120×160
撮影可能容量 データフォルダに保存

【カメラ(動画) 】
撮影可能画質 96×80(Sサイズ)、128×96(Mサイズ)、176×144(Lサイズ)
撮影可能容量 データフォルダに保存


スタッフが見たジュニアケータイ A5520SA

コメント
湯野  新入学シーズンということもあり、子供向け端末が注目される昨今、auから出たジュニアケータイ(A5520SA)。外観は、NTTドコモのキッズケータイ(SA800i)やウィルコムとバンダイのキッズケータイ(papipo!)と異なり、ごくごく一般的なスタイルだ。ボディカラーが若干派手なものの、付属のオリジナルシールを貼らなければ、普通の端末に見える。これは、おそらくターゲットとして想定されている年齢層が異なるからで、papipo!<SA800i<A5520SAという感じだろう。
 実際に使ってみた感想としては、アイコンのデザインなどのインターフェイスが子供向けにアレンジされているものの、外観同様、際だって子供向けと感じる部分は少ない。スペックとしても、メモリカードスロットは装備しないものの、メガピクセルカメラを搭載し、大人向けのエントリーモデルと全く遜色はない。
 SA800iと比べてみて評価できるのは、親向けのマニュアルがきちんと整備されているところ。いざ子供に携帯電話を買い与えるとなったときには、通話、メール、ウェブなどの機能制限をはじめ、安心ナビ(GPS)の設定・利用方法など、親が学ぶべきことも多い。
 一方、子供サイドがこの端末を欲しがるかというと、少々疑問に感じるところもある。例えば遊び心。親としてはゲーム禁止のスタンスを崩したくないところだが、子供としては譲れないポイントだ。もちろん、必要ならBREWアプリをダウンロードすればいいのだが、自然に携帯の使い方が学べるようなゲームアプリをプリセットするなどして、多少なりと子供を満足させるような工夫が欲しいのだ。今後の話で言えば、おサイフケータイに対応して「おこづかい帳」と連携するなど、多少の目新しさも欲しい。
 次に子供向けの端末が登場するのは1年後になるのかもしれないが、来年の今頃、どれだけ進化しているのか楽しみなシリーズだ。
白根  子供向け機能に特化した三洋電機製のCDMA 1X端末。WIN向け機能には対応しないが、ケータイアップデートや遠隔ロックなど最新のユーティリティ機能に対応している。
 アンチエイリアスのかかったフォントやメニューのデザイン、ATOK+APOTを搭載することからも、中身のソフトは鳥取三洋系のようだ。メニューのカスタマイズ機能はそれほどないが、子ども向けメニューやシンプルなメニューなどが選べ、ユーザーごとに使いやすく設定できる。メニュー構造ボタン配置ともにオーソドックスなのものなので、他端末からの移行にも迷うことはないだろう。
 デザインは昨年10月発売のグローバルパスポート機「A5514SA」とよく似ている。ヒンジ部に特殊なデザインを採用していて、端末を開いた状態でのでっぱりがないのが面白い。ボタンの文字も可愛くデザインされているのがユニークだ。端末の重さは105gと超軽量というほどではないが、手に持った感じはかなり軽量コンパクトで、子供の手にもなじむだろう。ボタン部も最近のauではおなじみのフレームレスデザインで押しやすい。
 使い勝手も機能も子供向け。WIN向けのリッチコンテンツには対応していないが、GPSを利用したセキュリティ機能やアクセス制限機能など子供に適したスペックとなっている。エンターテイメントはニンテンドーDSにでも任せておけば良い。ヘビーメーラーな中高生にはWINの方が良い気もするが、そこはアクセス制限をして学割の使えるCDMA 1Xを使わせよう、ということだろう。防犯ブザーやティーンズモードなどは同時期発売のSweets pureも搭載しているので、小中学生に持たせるケータイを探しているのならば、Sweets pureかジュニアケータイを選択肢に入れるべき。デザインで選んで良いだろう。WINでないこと以外は一通りの機能を搭載しているので、大人がコンパクトなケータイとして選ぶのも悪くない(W41SAと3gしか違わないが)。デフォルトのメニューは子ども向けだが、大人が使ってもおかしくないメニューデザインも用意されている。
 しかし、すごいのは三洋か。ドコモ、au、ウィルコムに端末を供給しつつ、A5518SA、Sweets pure、ジュニアケータイ、W41SAの4台をほぼ同時期に発売。今後、三洋のCDMA2000端末開発はノキアとの合弁会社に移管されるが、この三洋のパワーならば海外でも伸びていけるのではないかと期待している。



URL
  ニュースリリース(KDDI)
  http://www.kddi.com/corporate/news_release/2006/0112a/
  製品情報(KDDI)
  http://www.au.kddi.com/seihin/kinobetsu/seihin/a5520sa/
  製品情報(三洋電機)
  http://www.sanyo-keitai.com/au/junior/feature/convenient.shtml

関連記事
防犯ブザー付きのジュニアケータイ「A5520SA」
au、「ジュニアケータイ A5520SA」を25日発売



2006/03/29 13:42

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.