ケータイ Watch
連載バックナンバー
この“第三の手”ったら便利!! 「パナバイスジュニア」
[2009/06/22]

BlackBerry Bold用ケース買いまくり
[2009/06/15]

BlackBerry Boldちょ〜好き!!
[2009/06/08]

ArduinoをShieldで遊ぼう
[2009/06/01]

2009年、Arduinoの現在
[2009/05/25]

SSDを使うニャ!! とか焦ってプチ失敗
[2009/05/18]

オリオスペックの静音PCを購入
[2009/05/11]

WILLCOM NSに興味津々!!
[2009/04/27]

ScanSnap最新型、S1500がイカシてる件
[2009/04/20]

カメラ周りをワイヤレスに!!
[2009/04/13]

電脳フィギュアARisで、話題の“拡張現実感”体験!
[2009/04/06]

6万円でお釣りがくる4TB NAS
「リンクステーション LS-Q1.OTL/1D」
[2009/03/30]

とても便利な“撮影スタンド"「WISTA サブスタンド88」
[2009/03/23]

イケてるiLife '09
[2009/03/16]

ワイヤレスマイクで音を撮る! ハンディカム「HDR-CX12」
[2009/03/09]

こんな雲台を連日使っとります
[2009/03/02]

WFT-E4がナイと拙者の生産性が激低下!!
[2009/02/23]

USB接続のサブモニターがアツい!?
[2009/02/16]

やっぱり気になる“まめカムHD”
[2009/02/09]

アクトビラってどーなのよ?
[2009/02/02]

電源回りにウルサい拙者
[2009/01/26]

ニコン謹製「メディアポートUP」を使ってみた!!
[2009/01/19]

無線LANで写真転送!! なSDメモリカード
[2009/01/05]


2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

モバイルセントラル
モバイルセントラル一覧へ
スタパトロニクスタイトルGIF
気にすれば気にするほど……「空気清浄機 エアーリフレnanoe」
スタパ齋藤 スタパ齋藤
1964年8月28日デビュー。中学生時代にマイコン野郎と化し、高校時代にコンピュータ野郎と化し、大学時代にコンピュータゲーム野郎となって道を誤る。特技は太股の肉離れや乱文乱筆や電池の液漏れと20時間以上の連続睡眠の自称衝動買い技術者。収入のほとんどをカッコよいしサイバーだしナイスだしジョリーグッドなデバイスにつぎ込みつつライター稼業に勤しむ。フォトエッセイのスタパデイズをAlt-R(http://www.alt-r.com/)にて連載中。


気にすれば気にするほど……

今回の主なお題がコレ。ニオイを強力に分解するのがウリの空気清浄機、松下電工の「エアーリフレnanoe(ナノイー)」。 写真のモデルは18畳用のEH-3010Wで、実売価格は2万円台前半くらい
 外見的には大雑把でも、実はけっこー神経質な俺の場合、何事においても一度気になったらもー気になりまくって気になり過ぎて気が狂……とまでは行かないが、気になってしょーがねえタチなのだ。そんな俺が最近マグナム気になったのが、俺んチの生活臭だ。

 実は、ねこを飼い始めたのだが、非常にかわいいのだが、いやむしろ死ぬほどカワイイので一時は可愛死にしそうになったっていうかたまらねえわけだが、さておき、ねこは生き物なので、排泄とゆー行為を行なう。また、拙宅在住のねこ様におかれましては、いわゆるひとつの“家猫”なので、そういった行為を室内で行なう。

 臭いわけですな。ウンチ臭い。可愛さと臭さを天秤にかけると、当初は可愛さが上回ったので臭さOKな心意気であったが、そこはやはり肉食獣。成長するに従ってソレのニオイも増したりする。

 なので、各種消臭用品を試した。結局、シリカゲル配合のねこ砂や、スプレー式消臭剤で、ソノ瞬間の臭いに関してはだいたい解消できた。いや〜この結論にたどり着くまでにかなり試行錯誤したんですけど、とにかくかなりイイ感じでねこトイレ対策ができたんで満足!!

 ……だったのだが、その臭気に対する試行錯誤中、俺の臭覚はずいぶん敏感になってしまったようだ。要は、前に使っていた(消臭)製品と、新たに使い始めた製品の効果を比べるべく、精神集中モードでニオイをかぎまくる生活を送っていた。ので、些細なニオイに対してかな〜り敏感になってしまい、その些細なニオイが気になってしょうがないとゆー体質に。

 そんな体質となって新たに感じたのが、あー海がやや近い都心部って潮の香りが漂ってるよな〜とか、この野池からはブラックバスっぽいニオイがしてくる!! 釣れそう!! とか、まあ楽しい臭覚体験もあるわけだが、それ以上に家の中のニオイがヤケに気になり始めた。

 朝起きて感じる、ビミョーなたばこの残り香。外から帰ると、なんとなく焼き魚のニオイ……あぁそう言えば3日ほど前に魚焼いて食ったっけ。前述のねこ関連臭も然りで、ウンチ臭さなどは一瞬で判明であるうえ、ねこの体から出る油分が発する、いわゆるひとつの“ねこの体臭”も嗅ぎ取る拙者。なんか家ん中にいろんなニオイがしてて気になるよーん、と。


買って正解、エアーリフレnanoe!!

nanoe操作部。風量は自動・手動から選べて、タイマーによる自動電源オフも可能。センサーが空気のニオイや汚れを関知すると、その度合いに合わせてクリーンモニター部が光り、空気清浄動作が行なわれる。青く光るナノイーユニットランプの横にあるスリットがセンサーだ。ナノイーユニットランプは、水をイオン化・放出しているときに点灯する
 気合入れて換気すれば、まあだいたいは取れるのだ、ニオイは。しかし、それでも“してくる”のだ、ニオイってヤツは。室内にこびりついてるから。特に、臭気に対してウルサくなってしまった俺は、まるでタンスの上に残ったホコリの存在を嫁に指摘する小姑のように、神経質に臭気を見いだしてしまう。

 てなモードで入った家電店で、現在の俺にジャストミートしそうな製品を発見。これが俺の問題を解消するかも!! と思って衝動買い。そのブツはナショナルの空気清浄機、エアーリフレnanoe(ナノイー)である。なお、エアーリフレnanoe(以下nanoe)の詳細ついてはナショナルのプレスリリースをご参照いただきたい。

 春先あたりの家電店では、花粉症景気ってんでしょうか、空気清浄機コーナーが増設されたりしてますな。98%のアレルゲンを吸着除去!! 花粉症の方や赤ちゃんのあるご家庭にオススメ!! みたいな感じで、花粉や菌の除去・不活性化をウリとした製品がズラリと並ぶ。あーウチにもカビ菌や花粉が飛んでんだろーなーウチの空気も清浄していきたいなぁと思わせてくれる季節モノ売り場である。そんな中にnanoeがあったわけだが、俺を強く惹き付けたのがnanoeの“脱臭効果”であった。

 nanoeは他の空気清浄機と同様、カビ菌や花粉を除去・不活性化してくれる製品だが、ソレが最大のウリではなかった。ていうか最強に強まった肉体によってカビも花粉も自ら除去する俺は、そーゆーモノを装置で除去しようという気がないので、POPに“カビ”とか“花粉”って書いてある製品は最初からパスであった。

 nanoeのいちばんのウリは“カーテンや衣類に染み付いたニオイを強力分解”なのである。カビとか花粉は二の次で、最大の着眼点がニオイ。えっ、染み付いたニオイを分解!? ……これだ!! これは松下電工改めナショナルが俺のために企画・設計・製造・販売した製品に違いない!! とか思って買ったわけだが、購入&使用開始の翌日、いきなり効果が体感できたからコーフンした。

 コレかなり凄いっス。ていうか前述のニオイ関連がだいたい消えましたマジで。例えば料理のニオイ。炒め物したり魚焼いたりすると、その日はもちろん、場合によっては2〜3日ニオイが残るっしょ!? しかし拙宅においては翌日にはニオイがほとんど残っていないっていうか気合いれて嗅いでもニオイ発見は難しい。

 ねこちゃん関連のニオイも激減。前述、ウンチ関連の脱臭関連製品で「ソノ瞬間の臭いに関してはだいたい解消」っつってますが、nanoeを使ったら「ウチは実はねこ臭かったのだ」ということがわかった。


 nanoeを使い始めたら、なんかこー、いつもねこがいる部屋の雰囲気が違うわけですよ。おかしいな!? なんで? クンクン。と。もしかしたらnanoeの脱臭効果……とか思って、試しにしばらくnanoeを停止してみたんですよ。そしたらですね、他の部屋と、ねこがいる部屋と、ニオイが違うことを(改めて)認識した。ウンチ臭ではないのだが、なんつーかこー、動物特有の、微妙な油っぽいニオイあるでしょ? あれが部屋の中にうっすら漂っている感覚。だが、その後nanoeを再度稼働させると、数日でその“うっすらしたニオイ”もなくなったような感じ。すげーよnanoeと思った。

 他、たばこの臭いを始めとする、いわゆる物理的臭気の“生活臭”も非常に少なくなった。多くの人がうっすら感じていると思うが、外から戻って家に入ると“自分チのニオイ”ってのがあるでしょ? あれがかなり減っちゃった感じ。自分の家に帰ってきた感覚が薄れたようで、微妙になんかヘンな感じもするが、ほとんど無臭っぽい感覚ってのは結局気分がイイと言えよう。

 ちなみに、現在nanoeを導入しているのは、ねこがいるリビング兼キッチンのみ。他の部屋では未導入。なので、そのリビング兼キッチンから他の部屋に行くと、昔懐かしっていうか我が家特有っていうか、よく知ってるよーなニオイを感じる。この特有のニオイが低減されたら気分一新かも!! てなわけで、いずれ全室nanoeを導入したいと思う。……けど高いんですよねnanoe。


気分を害するnanoe!?

テレビの横に設置してみた!! の図。結果、テレビの音をnanoeが掻き消すケースが多いのであった。場所移動しないとネ。ちなみに、nanoeは本体前面の左右と下から吸気し、本体上面後部から排気するので、床以外でも腰高の棚の上などに置いても良さそうだ
 nanoeには2機種あり、センサーやフィルターや対応畳数の違いでEH3000とEH3010となる。俺が使っているのは、下位機種(!?)のEH3010だが、現在のところこの製品に対する不満は非常に少ない。

 前述のとおりけっこー驚ける脱臭効果があるし、ホコリもビシバシ吸着してくれる───ねこの毛や、ねこが舞い上げる細かなホコリがフィルターにビッシリついているのだ。また、ねこがnanoeの近くを駆け抜けただけでファンが全開で回転し始めるあたり、センサーの感度も非常に良いのだと思う。センサーの感度については、たばこや料理等々、多くのニオイに敏感に反応してくれる。

 メンテナンスに関しては、フィルターの掃除とnanoeユニットへの給水程度。フィルター面にホコリ等が多量に付いちゃったら掃除機で吸い取り、nanoeユニットの水が減ったら水道水を注ぎ足す───nanoeは水をイオン化して放出することにより脱臭等を行なうので、徐々にタンクの水が減るのだ。てなわけで、メンテナンスは特に面倒って感じではなく、フツーですな。


 でも不満も少々。ひとつはやや高価であること。俺が使っているEH3010だと、実勢価格が25,000円前後って感じ。安いところなら2万円チョイで買えるようだが、空気清浄機の相場からするとけっこー高級品!?

 ていうかですね、nanoe、マジで拙宅全室に導入したい心意気なんですよ。ビシッと脱臭してくれるから。でも、この価格だと一気に全室導入!! てなことをやりにくい。また、他の空気清浄機を見ると場合によっちゃあ半額以下だったりしつつも、スペック・機能的には十分高かったりして。俺の場合、脱臭に関してはnanoeをかな〜り信頼しているが、空気清浄機としてのコストパフォーマンスを考えると、他の製品に目移りするケースが多いよーな気がする。

 もうひとつ、nanoeは、ちょっとウルサいのだ、動作音が。EH3010の場合、通常時の運転音は20dB(50Hzの場合)。なので、特にヘンなニオイがしていない状態では、かなり静か。顔を近づけないと動作しているかどうかわかんない程度だ。が、センサーがニオイを検知すると、動作音が32〜45dBに高まる。ファンの音ですな。これがけっこー耳障りである。

 俺の場合、EH3010をテレビの真横に置いて使っているのだが、ニオイ検知後、nanoeが最強に活発に動作している時はテレビの音が掻き消される感じ。まあ他の空気清浄機(のdB値等)もそうなんでしょーけど、ニオイ処理中は決して静音ではないっていうか騒音源ですな。また、nanoeの場合、センサーが敏感なのか、ちょっとしたことでわりあいスグに最強に活発化する。前述どおり、ねこが前を走っただけでセンサーが働いたりする。結果、この騒音状態を日に何度も体験するわけで。……人(の耳)から遠い位置に設置するが吉ですな。

 俺の使用状況(テレビ横に設置)では、例えば酒呑みつつテレビ観てて、ため息ついたり笑ったりすると、(恐らくその酒臭い息がnanoeに感知されて)nanoeが活発化。食べ物持ってnanoeの前を通り過ぎただけで動き出すことも少なくない。俺がnanoeの前を歩いただけで動くことも。……おいnanoe、俺がそんなに臭いのか? 臭いのかっ!? 臭いのかーッ!! 時としてnanoeにムカついたりして。コレって逆ギレ?

 ちなみに、nanoe、水をイオン化して放出してるわけだが、この時に非常に小さく「カッ」という音を出すようだ。真夜中の静寂時には、この音がクォーツ時計の秒針の音のようにやや聞こえてくる。昼間は全然気にならない。が、ねこ様におかれましては非常に気になるらしく、またこの「カッ」が威嚇音に聞こえるらしく、nanoe導入当初は“ねこがnanoeイオン放出音にビビる様子”が見られた。けど、数日したら、このねこ問題は解消。慣れちゃったようだ。


喫煙者とヤニ汚れ

愛用中……だったhamaのcleanic。いろーんな汚れがサッと落ちる便利なクリーナーだ。が、カメラ用品系の製品ってことで、少々お高い

hamaのcleanicを超えたかもしれない的製品、水落ちくん。cleanicと比べると、家庭用品売り場で売られる製品ってことで、わりあい安価。の割には効果抜群。油汚れもよく落ちる
 ニオイ問題が片づいて久々にスッキリしている俺だが、同時にもうひとつの問題が片づいたのでそちらのほーもご報告したい。てのは、たばこ絡みの汚れ問題である。

 俺は喫煙者で、1日にだいたい10〜20本程度吸う。なので、コンピュータおよびその周辺機器をはじめ、家の中もけっこーたばこのヤニとかで汚れちゃう。で、そのヤニ関連の汚れをどーやって落としているか?

 これまでずっと使っていたクリーナーは、カメラ用品でおなじみ、hamaのcleanicという製品だ。酵素とイオンの力でクリーンナップするらしく、除菌・脱臭効果もあるとか。カメラ用クリーナーとして売られていて、ホコリ等からくる汚れや手あか、そしてたばこのヤニもスッキリ落としてくれる。とりわけ、表面に微細な凹凸のあるプラスチック用品の汚れがスッキリ落ちるってことで、なんだかんだで愛用していた。

 だが、ここに来てさらに凄い感じのクリーナーを発見。その名も『水落ちくん』(レック株式会社)。水だけで汚れが落ちるスポンジ型クリーナーでおなじみの会社ですな。ソコが出してる“電解アルカリ水100%のクリーナー”が水落ちくんで、要は水だけでいろんな汚れを落としちゃうゼという製品だ。

 で、コレが非常にイケてる。ホコリから来る汚れから手あかから油汚れまで、けっこービックリするほど落ちるのだ。コレでコンピュータ関連の(外装)を拭いてごらんなさいアータ!! マジかよ!! と手を引っ込めるほど汚ねぇ汁となって汚れがダダ落ちっスよ。まあ、たばこのヤニが染み込んでしまったようなプラスチックからは、色が取れませんけど、例えばキーボードとかスピーカーとかPCケースなんかに使えば、新品同様レベルのキレイさが戻る。

 単なる水から作った液、とか考えるとお値段少々高め!? な気がするものの(ドラッグストアとかにあるから値段見てネ!!)、スプレー式で使いやすかったり、ガラス拭きや釣り道具掃除なんかにも使えたりして、なんだかんだで用途が広い。身近で手軽に買えるってあたりもナイスなので、現在はこの水落ちくんを愛用中である。

 ところがしかし、最強に強まったたばこ関連汚れは、この水落ちくんを使っても、前述のcleanicを使っても、はたまたより強力な家庭用洗剤を使っても、全然落ちやがらねえのでありガッデム。

 うっすら黄色くついた程度のヤニ汚れなら、cleanicや水落ちくんでサッと落ちるのだ。さらにベタベタと積み重なった感じのヤニなら、ゴム手袋必須で混ぜるな危険系の強力洗剤を使えば落ちる。がッ!! 最強に強まった積年のヤニ汚れだけは落ちねえ!! カッターナイフで削ぎ落とすクラスの最終ボス的ヤニ汚れは、そんじょそこらの洗剤で手軽に落とせるほどヤワじゃねえんだよアニキ!! だから俺が長年使ってる灰皿には、黒く固まった汚れ=ヤニの集大成がこびりついていてキモチワルイんだよアネキ!!


スゴっ!! 使ってわかったその実力!!

深夜の通販番組とかで見ると、なんかこー胡散臭い印象のあるクリーナーではあったが、使ってみたらそのド凄ぇ洗浄力に驚いた。喫煙家でありかつねこ愛好家であってもOK。オレンジの香りはさわやかだが、原液で使うと強烈なオレンジの香りであり強烈にさわやかであり過ぎるのでかえってキモチ悪いかも。ただ、掃除後、ほのかに漂うオレンジの香りはナイス
 しかし、この意固地なほど強くこびり付いている汚れを、あっさり落としてくれたお手軽洗剤があった。オレンジクオリティ社オレンジXである。

 例のアレですよ、オレンジの皮から抽出した液であらゆる油汚れを即座に云々……とかいう方面の洗剤ですよ。俺の場合、このテの製品の存在・触れ込みは大好きなわけだが、その効能に関してはやっぱり眉唾っていうか信じ切れていなかった。やや穿った見方で「天然とか無害とか言っときゃ売れる時代だしねえ」とも思ったりして。

 だが!! このオレンジXすげぇ!! 半ば興味&冗談で買ってみたんですよ奥さん!! そんで俺の積年のたばこのヤニに適用してみたんですよお母さん!! そしたら旦那さん!! 驚くじゃないですかお嬢ちゃん!! スコッとあっさり、カンペキにこびりついたたばこのヤニが除去されやがったオーマイガッ!! 神降臨かも奇跡かも。

 やや冷静に。前述のたばこのヤニの集大成───灰皿の表面に付きがちな、黒く焦げたような付着物は、落とそうと思えば落とせた。例えばマジックリンなどの強力な洗剤に漬け置くとか、カッターナイフでゴリゴリ落とすとかすれば。だが、そうすると、灰皿表面に傷が付いたり、灰皿の金属質感が変わったり(って変わっても別にいーんですけど)する。また、そこまで気合いれてヤルことか、灰皿掃除なんて? 買い換えたほーが早くない? と。

 で、まさか落ちねえだろと思って、その灰皿汚れにオレンジXを使ってみた。ら、強靱にこびりついていた汚れが、なんつーか酸で金属を溶かすかのように、見る見る間に溶け出すのだ。あら凄いとか思って指で擦ってやると、さらに速攻でとろけるとろける……そしてかつて見た気がする、灰皿表面の懐かしき金属質感が蘇った。オレンジXって凄い……けど俺の手は大丈夫か!? と思ったほど、強烈な“たばこのヤニ除去性能”を実装していたのだ。

 ちなみにその灰皿はブリキ製。こーゆー素材の灰皿って、洗剤によっては真っ白く変色しちゃったりするが、オレンジXでは何ら問題なかった。また、オレンジXはその名の通りオレンジのニオイなのでわりかしイイ香り。掃除後は表面がコーティングされたような輝きが出る、が、触った感じは“油分が完全に除去されてキュッキュッとする”というもの。ついでに、オレンジXの原液(フツーは何倍かに薄めてつかうそうだ)で灰皿を処理し、その時、この原液に素手で触ったが、手のほーは何ともナシ。強力でありかつお手軽度の高い製品だなぁと思い、早速予備購入に走りそうな俺だ。

 余談だが、オレンジXは一部の人が悩んでいる油汚れを一発で落とす力もあった。それは“ねこの足跡”である。ステンレス流し台とかを歩くの好きじゃないですか、ねこ。歩かれると、ねこの足跡がばっちり付くじゃないスか、ねこの足から出てると思われる油で。通称ねこ油? ステンレス流し台の表面がヘアライン仕上げだったりすると、なかなか落ちないねこの足跡。だが、オレンジXの10倍希釈液で足跡拭いたら一発でキレイになりました。ピカピカ。流し台大好きねこちゃんがいるご家庭にもナイスな洗剤だなぁと思った。



URL
  「エアーリフレnanoe(ナノイー)」製品情報
  http://www.mew.co.jp/press/0308/0308-2.htm
  「水落ちくん」製品情報
  http://www.lecinc.co.jp/
  「オレンジX」製品情報
  http://www.orange-quality.co.jp/1.html

2004/05/10 16:40

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2004 Impress Corporation  All rights reserved.