ケータイ Watch
連載バックナンバー
この“第三の手”ったら便利!! 「パナバイスジュニア」
[2009/06/22]

BlackBerry Bold用ケース買いまくり
[2009/06/15]

BlackBerry Boldちょ〜好き!!
[2009/06/08]

ArduinoをShieldで遊ぼう
[2009/06/01]

2009年、Arduinoの現在
[2009/05/25]

SSDを使うニャ!! とか焦ってプチ失敗
[2009/05/18]

オリオスペックの静音PCを購入
[2009/05/11]

WILLCOM NSに興味津々!!
[2009/04/27]

ScanSnap最新型、S1500がイカシてる件
[2009/04/20]

カメラ周りをワイヤレスに!!
[2009/04/13]

電脳フィギュアARisで、話題の“拡張現実感”体験!
[2009/04/06]

6万円でお釣りがくる4TB NAS
「リンクステーション LS-Q1.OTL/1D」
[2009/03/30]

とても便利な“撮影スタンド"「WISTA サブスタンド88」
[2009/03/23]

イケてるiLife '09
[2009/03/16]

ワイヤレスマイクで音を撮る! ハンディカム「HDR-CX12」
[2009/03/09]

こんな雲台を連日使っとります
[2009/03/02]

WFT-E4がナイと拙者の生産性が激低下!!
[2009/02/23]

USB接続のサブモニターがアツい!?
[2009/02/16]

やっぱり気になる“まめカムHD”
[2009/02/09]

アクトビラってどーなのよ?
[2009/02/02]

電源回りにウルサい拙者
[2009/01/26]

ニコン謹製「メディアポートUP」を使ってみた!!
[2009/01/19]

無線LANで写真転送!! なSDメモリカード
[2009/01/05]


2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

モバイルセントラル
モバイルセントラル一覧へ
スタパトロニクスタイトルGIF
パソコンでBluetoothを使ってみる
スタパ齋藤 スタパ齋藤
1964年8月28日デビュー。中学生時代にマイコン野郎と化し、高校時代にコンピュータ野郎と化し、大学時代にコンピュータゲーム野郎となって道を誤る。特技は太股の肉離れや乱文乱筆や電池の液漏れと20時間以上の連続睡眠の自称衝動買い技術者。収入のほとんどをカッコよいしサイバーだしナイスだしジョリーグッドなデバイスにつぎ込みつつライター稼業に勤しむ。フォトエッセイのスタパデイズをAlt-R(http://www.alt-r.com/)にて連載中。


パソコンでBluetooth

 ポータブルオーディオプレーヤーを使う。でもヘッドホンからプレーヤーに伸びるコードが邪魔。じゃあワイヤレスに……Bluetoothヘッドホンが便利っぽい、てなノリで各種Bluetoothヘッドホンを試してみたのが前回のレポート。

 オーディオ向け(というか専用)のBluetoothヘッドホンは数があまり多くなく、またHi-Fiを“追求”するほど高音質と言えるような製品は少ない。拙者環境にて各種Bluetoothヘッドホンを試した結果、多かれ少なかれ微細なノイズが乗ったりする(乗らないこともたまにある)点も含め、超気合入れて音楽聴くにはそーんなに向かないBluetoothヘッドホンかもしれない。

 が、PCで使うとけっこー便利。特に音楽鑑賞向けヘッドホンにもなるし通話等用ヘッドセットにもなる製品は何かと非常に快適だったりする。また、場合によってはPCの音楽聴取環境が向上するケースもある。

 てなわけで今回は、前回紹介したいくつかのBluetoothヘッドホンおよびBluetoothヘッドセット(ステレオで音楽を再生できるもの)を含め、PCとBluetooth機器を併用した感触なんかをレポートしてみたい。


前回主にレポートした4機種。今回はこれらをパソコンに接続していくッ!! ついでにBluetoothマウスも接続してゆくッ!! ていうかBluetoothマウスって製品数少ないっスねぇ。もっとガンガン出て欲しい。便利だから

 なお、PC側のBluetooth環境は、BluetoothアダプタとしてUSB接続の小型アダプタであるBluetake BT007Exと、ソニーのVAIO typeT内蔵のBluetoothアダプタを使っている。Bluetooth接続等の設定ユーティリティとしては東芝Bluetooth Stack(Windows版)を使用。このユーティリティ、BT007Exに付属していたものなんスけど、VAIO typeTにも同じと思われるモンがプリインストールされていた。


Bluetake社のBT007Ex。Bluetooth Version 2.0およびEDR(Enhanced Data Rate)に対応している。対応プロファイルも豊富 100円ライターと比べるとこんな感じ。このタイプのBluetoothアダプタとしては非常に小さい部類になる BT007Exに付属していた東芝Bluetooth Stackソフトウェアの表示。VAIOにもこれと同じものが入っていた。使いやすいユーティリティですな

 ちなみに、Bluetoothアダプタやヘッドセット等を購入・使用する場合、それぞれの機器が対応するプロファイルに要注意。例えばちょいと古いUSB接続Bluetoothアダプタの中にはA2DPやAVRCPといった(AV機器向けの)プロファイルに対応していない製品がある。音楽聴取用にも携帯電話のハンズフリー通話にも使えるような今時的ヘッドセット(つまりA2DPやAVRCPプロファイルを持つ)製品をそういったアダプタと組み合わせても、本来の目的で使えない。

 Bluetoothヘッドセット製品購入時、ヘッドセットとアダプタがセットになっている製品で、それら機器のみ使う場合は問題ない。が、ヘッドセットを別のアダプタと併せてPCでも使うとかいう場合は、それぞれの機器(ヘッドセット等とUSB接続BluetoothアダプタあるいはBluetoothアダプタ内蔵PC)のプロファイルがマッチしているか確認すべしってコトですな。


Bluetoothヘッドホンで音質向上!?

 唐突ですけど、拙者が使用中のDELL製ノートPCことInspiron 9300に、少々の問題がある。最近はこのInspiron 9300でサウンド系ソフトウェアをいじくりまくり中なのだが、このマシン、ヘッドホン端子にけっこーノイズが乗っている。サーッって感じのノイズで、常にちゃんと出ちゃってる感じ。

 Inspiron 9300は本体内蔵スピーカーの音質もそんなに悪くなく、ヘッドホンをつないでちょいと音楽を聴くかナというライトな使い方なら、上記のノイズはさほど気にならない。が、リニアPCMファイルを編集したり、ソフトウェアシンセサイザーの音を確認するような時には、そのサーッとかいう音が、ファイルに混ざったりシンセが出しているノイズなのかもーわかんない〜っ!! てな感じで混乱する。

 ま、よくあるコトですな。パソコンのアナログ音声出力端子からの音には多かれ少なかれあるいは盛大にノイズが乗っていたりする。このノイズを回避してサウンドファイル等が本来持つ音を聴くには、例えばある程度高品位なUSB接続のオーディオインターフェイスを接続し、その音声出力からの音を聴けばいい。

 というコトで、Inspiron 9300でサウンドをどーこーするような場合は、そうしていた。例えばInspiron 9300にローランドのUA-25をつなぎ、UA-25にヘッドホンを接続して聴いていた。でまあ、これはこれで、Inspiron 9300からクリアな音を聴くための解とはなっていた。


ローランドのUA-25。USBバスパワーで動作するオーディオインターフェイスで、小型軽量だったりもする Inspiron 9300にUA-25およびヘッドホンを接続したの図。邪魔ではないがコードが増えて煩雑な雰囲気になってしまう

 が、若干の煩雑さはある。UA-25はコンパクトでありかつUSBバスパワーで動くものの、超小型って感じではない。また、UA-25とPC、UA-25と耳をつなぐコードも邪魔。室内ならイイんですけど、出先でとなると、持ち歩く機材も増えてしまう。

 そこで、Inspiron 9300に前述のUSB接続BluetoothアダプタことBT007Exを接続し、手持ちのBluetoothヘッドホンで音を聴いてみた。ら、コレがイイ感じなのである。問題のサーッというノイズはなくなり、ずいぶんクリアな音を聴けるようになった。また、機器もケーブルも最小限となって室内・出先ともに気楽に使えるように。あるいはパソコンからけっこー盛大なノイズが出ててアタマ来てるって人には、ちょいとオススメできる方法と言えよう。


Inspiron 9300に前述のUSB接続BluetoothアダプタBT007Exを挿し、Bluetoothヘッドホンを使うの図。USBオーディオインターフェイスを使った時ほどは高音質ではないが、Inspiron 9300のアナログ音声出力端子から出ていたノイズはなくなった。しかもコードレスでスッキリ


 ただし、ノイズの少なさや音質の良さを求めるなら、UA-25のようなUSBオーディオインターフェイス等とある程度高品位なワイヤードヘッドホンを使うほーがずっと良い。Bluetoothヘッドホンを使うとワイヤレスだしコンパクトだし、パソコンが出してくれちゃうアナログ的ノイズも激減だし、とは言え、シビアにサウンドをいじくるような用途にはちょいと向かないかも。

 例えば、拙者がこないだ買ったソニーのVAIO typeTの場合、ヘッドホンを繋いで音を聴いても、Inspiron 9300のよーなノイズは出ていない。このtypeTにBluetoothヘッドホンを接続して聴いてみると、本連載前回にてレポートした“Bluetoothヘッドホン特有(!?)のノイズ”が聞こえてきたりする。まぁホンのちょっとなんですけど。でもこの場合は、Bluetoothヘッドホンを使ったがために、結局は音が悪くなったってわけですな。


もともとアナログ音声出力端子にノイズがほとんど乗っていないVAIO typeT。ワイヤードヘッドホンで使っていた Bluetoothアダプタを内蔵するtypeTに、Bluetoothヘッドホンを接続。コードレスでスッキリ!! だが、Bluetooth特有(!?)の微細なノイズが聞こえてきちゃったりして。気にならないレベルではあるが、この場合はワイヤードのヘッドホンのほーが良い音で聴けたってわけですな

 ケースバイケースだが、アナログノイズをなるべく回避しつつ手軽でコンパクトでウザさ減で音楽を聴く、という要求に対し、BluetoothヘッドホンとUSB接続等のBluetoothアダプタはアリだなぁと思う。


BluetoothでラクにSkype

 Bluetooth関連かつSkype関連で、最近かなり気になっているのがPLANEXのスカイプ内蔵USBアダプタであるSKP-US01だ。以前に紹介したスカイプハンドセットHUD-SKH01を便利に使ってたりする俺なんスけど、このSKP-US01はSkype内蔵でありかつ無線(Bluetooth)で通話できる。待ってましたって感じですな、ケーブル嫌い野郎にとっては。発売と同時に買いそうな予感。


ハギワラシスコムのスカイプハンドセットHUD-SKH01。本体内にSkypeを格納しており、どのPCでも“自分のデータ入りSkype”を使えるという便利モノ。だが、ワイヤードなハンドセットなのであった


ご存じSkype。結論から言うと、下のほーの写真にある各ヘッドセットで通話すると、Skypeをより良い音で楽しめたりする。声の通りも良いので快適だヨ!! Bluetoothヘッドセットを接続した場合、Skype上でオーディオデバイスの変更をする必要がある。ちなみに拙宅環境では、PC内蔵のサウンドカード、スカイプハンドセットHUD-SKH01(つまりUSB接続ハンドセット)、Bluetoothヘッドセットの3系統の音声入出力があるので、Skype上のオーディオデバイス表示も3系統となっている

 ていうか何でSkype向けのハンドセットってワイヤレスがなかったのか!? 家の電話がコードレスって時代に、パソコンの電話機がワイヤードって……。家の電話よりイケてる感アリのSkypeなのに、ハードウェア的な環境がイケてないよーん。

 じゃあ、ってコトで、BluetoothヘッドセットでSkypeしてみた。ら、単純に非常に快適であった。手持ちのBluetoothヘッドセットでそれぞれ試したが、どのヘッドセットでも相手の声が十分よく聞こえるし、こちらの声もしっかり通る。ヘッドホンのように装着するので、外見的には若干大袈裟感がある。が、片耳にかけるタイプのヘッドセット(イヤホンマイク系製品ですな)と比べると、耳への“当たり”がソフトで音質も良いので、長時間通話がヒジョーにラクだ。


mBand(左)、Pulsar 590A(中央)、BT420EX(右)はそれぞれ、通話用ヘッドセットとしても使える。各機種ともマイクを内蔵している


 でも、Skype超重視!! で“ない”人には若干不便かも。てのは、Bluetoothではヘッドホン(オーディオ)とヘッドセットの同時使用ができないからだ。いつもはヘッドセットで音楽を聴いて、Skype使用時には音楽消してそのヘッドセットで通話、というコトは一応デキるが、快適ではない。

 例えば、Plantronics Pulsar 590A BluetoothヘッドセットBluetake BT420EX(i-PHONO)mobilecast mBandは、どれも音楽向けBluetoothヘッドホンとしても通話用Bluetoothヘッドセット(もしくはハンズフリー通話機器)としても使える。

 が、同時に両方のプロファイルを使って通信することはできない。つまり、音楽向けのヘッドホン兼ハンズフリー通話向けのヘッドセットとして同時には使えない。結果、それぞれの音源に適した音質や必要な機能を用いて同時に使うことはできない。各製品付属のポータブルオーディオプレーヤー接続用アダプタを使って音楽を聴き、時にはBluetooth対応ケータイで通話する、ということは(ヘッドセットが通信先を切り替えるため)できるが、PCで使用時はそういう便利さ手っ取り早さはないのだ。


東芝Bluetooth Stackソフトウェアの表示。Bluetooth機器は同時に最大7台まで接続できる。この場合、マウス2台とヘッドセット1台を接続している プロファイルによっては複数台の同時接続はできないもよう。例えばヘッドセットとヘッドホン(オーディオ)は同時に使えない

ヘッドセットとヘッドホンでは使われるプロファイルが異なり、音質やボタン等の機能も変わる


 ただ、プロファイルを切り替えずに音楽もSkypeも楽しむ方法はある。例えば使用するプロファイルをヘッドセットとして、PCとヘッドセットを常時接続しておく。こうすれば音楽もSkypeも同時に楽しめたりはするが、モノラルでありかつ音質もあんまし良くない(通話のための品質としては良い)。ちなみに、プロファイルをヘッドホン(オーディオ)でつないでいると、Skypeからの音は聞こえるが、ヘッドセットのマイクからの音が相手に伝わらない。ヘッドセットをヘッドホンとして使い、別途マイクを使うって方法もありますな。

 てなわけで、PC上の音楽を高音質で聴きたいし、スマートにSkypeを使いたい、と欲張ると一手間かかるBluetoothヘッドセット。だが、音楽も通話もけっこーイイ音で無線環境になるという点で、やはりキモチイイと言えよう。


いろいろ“楽しめる”Bluetooth

 拙者が現在使っているBluetooth機器は、ヘッドホンやヘッドセットやマウスやポータブルプリンタあたり。これらを使っていて便利なのは、やはり結局はコードレス化。無結線で各種機器を使えるのは、単純なコトではあるが、スッキリして痛快なのである。

 また、各種機器をコードレス化するにあたり、それぞれの機器専用のアダプタ等が必要ないという点。PCと各種機器をBluetooth接続する場合、PC側にBluetoothアダプタさえあれば(あとプロファイルが各種機器と合致すれば;古い機器でなければさほど心配する必要はナイかも)、繋がってくれる。ちなみにBluetooth機器は最大7台までの機器を接続できる。例えばPCのBluetoothアダプタに対して、ヘッドセットと、マウスと、ケータイと、プリンタと、みたいに同時接続・使用できるわけですな。


東芝Bluetooth Stackソフトウェアを使って新しいBluetooth機器とのペアリングを始めたところ。機器側のペアリング操作は機種によって異なるが、ボタンを長押しにするとかメニューの接続を選ぶ程度で容易。PC側もほとんどウィザード任せで済む 東芝Bluetooth Stackソフトウェアで用意されているアイコン。冷蔵庫っぽいアイコンまである。けど月と星は意味わかんないんでヤメて欲しい気が……例のビデオレコーダーのほうも

 Bluetooth機器を使いまくるにおいて当初若干心配していた点として、電子レンジや無線LANとの干渉があるが、実際はほとんど問題は起きなかった。マウスに関しては一度も問題を起こしていない。ていうか気づかないだけ? ヘッドホン関連では、接続がうまく行かないとか、一瞬ブツッとかプチッとかいうノイズ(というか瞬間的な切断!?)があったが、これもごくごく希なこと。実用上問題ないレベルだと思う。

 あと、無線で繋ぐ情報機器として安心感もありますな。機器どうしを接続する場合、最初に一度だけペアリングという操作をするが、このペアリング操作、総じて「他の誰かが無断でペアリングはできねーだろ」という感触だ。

 ペアリング時にはそれぞれの機器を意識的に操作したり、あるいは暗証番号となるPINコードを入力する必要があったり(機器による)、あるいはある程度機器どうしを近づける必要がある。ので、そーとーな偶然が重なりまくらない限り、悪意からもしくはたまたまペアリングしちゃった、てな状況にはならないと思う。

 なお、Bluetoothはスゲく多彩な機器で利用可能で、マウスやヘッドセットを始め、キーボードにPDAにデジタルカメラに携帯電話にと、対応機器(というか用意されたプロファイル)がメチャ多い。機器どうしを直接接続することも容易で、PDAどうしを接続してファイル交換したり、PCとケータイを繋いでネットに接続したり、PC同士を繋いでワイヤレスLANよろしくデータ交換ができたりする。


東芝Bluetooth Stackソフトウェアのヘルプ表示。その詳細さとわかりやすさに感動。Bluetooth入門書として発売したら売れるんじゃないかとか思ったりした。非常に守備範囲が広いぶん、わかりにくさもあるBluetooth規格だが、こういうヘルプがあると敷居が激低くなってジョリーグッドである


 でまあ、非常に幅広く利用できるBluetoothだと思うのだが、残念ながら、現状ではBluetooth対応機器があまり多くない&製品毎に規格は別だけれど他の無線接続機器のほーが広まっている感じ。手軽なBluetoothだが、肝心のBluetoothアダプタ内蔵機器にお目にかかるケースが少ないってのが残念だ。

 また、Bluetoothよりも効率的な機器があったりもする。例えばBluetoothのEDR対応製品だと、通信速度が2Mbps以上になるんであってBluetoothとしては速いんであるが、ファイル共有とかするんなら無線LANのほーが断然速いと言える現在。対応機器が少ないうえに他の通信機器のほーが実用性が高かったりして、んーむ。まぁヘッドセットやマウスやプリンタなんかは、Bluetooth対応機器であれば分け隔て無く接続できるし、パフォーマンスの面でも十分実用的ですけどね。

 てなわけで、ヘッドセットを中心にここしばらくBluetooth機器をいじくってきた俺であるが、ぶっちゃけかなり便利で実用性が高いので、もっと流行って欲しいですなBluetooth。流行らなくても既にBluetooth代替え(!?)になる無線機器があったりするわけだが、しかし、パソコン野郎的に“いろいろ遊べて楽しい”というトコロで、もっと多彩なBluetooth対応製品が出てきてくれればなぁと思う。


2006/04/03 10:30

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.