ケータイ Watch
連載バックナンバー
Bluetoothで音楽を飛ばして楽しむ。ヤマハ「NX-B02」
[2009/06/26]

サンワサプライのWeb限定商品「Miniトラックボールマウス」
[2009/06/25]

コンパクトな光学ディスク専用プリンター「CW-E60」
[2009/06/24]

長すぎるマウスケーブルをがっちり固定「マウスアンカー」
[2009/06/23]

ポートの見分けやすさはピカイチ「表彰台USBハブ」
[2009/06/22]

ずっと使いたいカメラケースはオーダーメイドで
[2009/06/19]

クリック専用デバイス? 指先で使う超小型トラックボール
[2009/06/18]

「光センサースイッチ」で暗いときに電源をオン!
[2009/06/17]

天井と壁面、どちらにも取り付けられるロジテックのLANカメラ
[2009/06/16]

サルでも使える? amadanaのポケットビデオカメラ「SAL」
[2009/06/15]


2009年6月

2009年5月

2009年4月

2009年3月

2009年2月

2009年1月

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

本日の一品タイトルGIF
聖地にあった意外なおみやげ「携帯サブレー」

 携帯電話がらみのおみやげというと、やはりストラップということになるだろう。ご当地モノのハローキティや加トちゃんのストラップが浮かぶ。しかし、携帯電話の聖地(?)とも言えるあの横須賀に、我々の想像を絶する携帯がらみのおみやげがあった。

 その名も「YRP携帯サブレー」。このYRPとは横須賀リサーチパークのこと。ここにはNTTドコモなどの研究施設があり、もちろんW-CDMAなどの基礎技術もここで研究開発されている。「YRP+携帯」と「サブレー」という全く異質なこの組み合わせが何とも絶妙だ。

 まずは包装に注目してほしい。「YRP Yokosuka Research Park 携帯電話発祥の地 横須賀 携帯サブレー」と書かれている。「携帯サブレー」の部分の題字が何とも形容のしがたい“味”を出している。しかし、「携帯電話発祥の地」とまで言われてしまうと、正直、「それはどうなんだろ?」と思ったりもする。

 箱を開けてみると、どちらかというとワイヤレス電話の子機に近いような印象を受ける携帯電話風のパッケージが登場。さらにその袋を開けると、「YRP」という3文字が焼き付けられているだけの普通のサブレーが登場。

 いや〜、そもそも折りたたみスタイルとかリボルバースタイルをサブレーに期待するほうが間違っている。世の中そんなもんだ。ひょっとすると「携帯サブレー」というのは「携帯できるサブレー」のことなのかもしれない。……にしても、もう少しブツ単体で携帯電話を連想できるような形にはならなかったものだろうか。少なくともサザエさんのサブレーはもうちょっと頑張っていた気がする。

 まあ、いずれにしろ、「携帯がらみのおみやげ=ストラップ」という既成概念を打ち破ったという意味で、この携帯サブレーの存在意義は大きい。ちなみに横須賀ではYRPブランド製品の第2弾、携帯電話をモチーフにした牛乳とコーヒー牛乳も企画されているらしい。きっと近いうちに「携帯まんじゅう」なんかも登場することだろう。


携帯電話を模したパッケージ サブレーには「YRP」の刻印も

品名 購入価格 購入場所
YRP携帯サブレー 500円(6個入り) 横須賀市役所 地下の売店



URL
  携帯サブレーの情報(横須賀市)
  http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/web-koho/0302/yrp/
  携帯電話風の牛乳・コーヒー牛乳の情報(横須賀市)
  http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/web-koho/0306/yrp_milk/


(湯野 康隆)
2003/09/18 11:09

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2003 Impress Corporation  All rights reserved.