ケータイ Watch
連載バックナンバー
Bluetoothで音楽を飛ばして楽しむ。ヤマハ「NX-B02」
[2009/06/26]

サンワサプライのWeb限定商品「Miniトラックボールマウス」
[2009/06/25]

コンパクトな光学ディスク専用プリンター「CW-E60」
[2009/06/24]

長すぎるマウスケーブルをがっちり固定「マウスアンカー」
[2009/06/23]

ポートの見分けやすさはピカイチ「表彰台USBハブ」
[2009/06/22]

ずっと使いたいカメラケースはオーダーメイドで
[2009/06/19]

クリック専用デバイス? 指先で使う超小型トラックボール
[2009/06/18]

「光センサースイッチ」で暗いときに電源をオン!
[2009/06/17]

天井と壁面、どちらにも取り付けられるロジテックのLANカメラ
[2009/06/16]

サルでも使える? amadanaのポケットビデオカメラ「SAL」
[2009/06/15]


2009年6月

2009年5月

2009年4月

2009年3月

2009年2月

2009年1月

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

本日の一品タイトルGIF
スパイラルヘッドが優しい「ミミダス」で至福のひと時を

グッドデザイン賞も獲得した「ミミダス」
 知人宅に2歳になるお嬢さんがいるが、耳掃除が嫌いらしい。寝てる間を狙って掃除しようとしても「ヤッダー! もぅ〜」と言って、耳を押さえたまま眠るので、なかなか掃除できないそうだ。「随分溜まっていると思うんだけどどうしたものか……」と知人は悩む。

 逆に、筆者が子供のころは耳掃除が大好きだった。母親の膝に頭を乗せて、コソコソしてもらうとうっとり眠くなる。それが気持ち良いのだ。本当は毎日してもらいたいのだが、一度掃除してもらったら当分お預け。それでも強引に耳かきをお願いしたものだ。すると母はマッチ棒の柄の部分でコソコソしてくれた。これぞ至福の瞬間だ。

 大人になってさすがに人にやってもらうことはなくなったが、今でも耳かきは大好きだ。耳垢を駆逐する満足感と、耳かきそのものの心地よさを追求するにあたり、耳にフィットする優しい耳かきは必須アイテム。なぜなら無心で耳かきをしていて、知らぬ間に流血沙汰になることもあり得るからである。そんなわけで、頻繁に耳かきしたい人にはぜひお勧めしたいのが、グッドデザイン賞受賞商品である21世紀の耳かき「ミミダス」なのだ。

 「ミミダス」は先端がステンレス製のスパイラルヘッドになっており、形からして非常に特徴的。従来の耳かきは、先端を外耳道の壁にあててかき出すスタイルだが、この場合、耳かきの先端が鋭利になっていたり、力を入れすぎると外耳道に傷をつけてしまう恐れがある。しかし「ミミダス」のスパイラルヘッドは根元が柔軟で、指先の力が直接加わらない仕組み。従って「かき出す」というより「撫でる」感覚に近い。スパイラルヘッドにたまった耳垢は、柄の反対側に内蔵されているブラシで除去するのだ。スパイラルヘッド自体着脱式で(別売で交換可能)、ブラシともども内部に収納することもできるため、さりげない携帯も可能なのだ。

 耳の中のコンディションは人によって異なるため、必ずしも万人向けとはいえないが、優しく優しく耳かきを楽しみたい人には、ぜひ試していただきたい一品である。耳かきをおねだりできる状態の方は、スキンシップの口実としても役に立つであろう。


ヘッド部はケースから着脱可能 スパイラルヘッドでの耳掃除は、掻き出すというより「撫でる」感じだ

品名 発売元 購入価格 購入場所
ミミダス アクアクロス 1,280円 紀伊国屋書店



(すずまり)
2004/10/29 11:16

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2004 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.