ケータイ Watch
連載バックナンバー
Bluetoothで音楽を飛ばして楽しむ。ヤマハ「NX-B02」
[2009/06/26]

サンワサプライのWeb限定商品「Miniトラックボールマウス」
[2009/06/25]

コンパクトな光学ディスク専用プリンター「CW-E60」
[2009/06/24]

長すぎるマウスケーブルをがっちり固定「マウスアンカー」
[2009/06/23]

ポートの見分けやすさはピカイチ「表彰台USBハブ」
[2009/06/22]

ずっと使いたいカメラケースはオーダーメイドで
[2009/06/19]

クリック専用デバイス? 指先で使う超小型トラックボール
[2009/06/18]

「光センサースイッチ」で暗いときに電源をオン!
[2009/06/17]

天井と壁面、どちらにも取り付けられるロジテックのLANカメラ
[2009/06/16]

サルでも使える? amadanaのポケットビデオカメラ「SAL」
[2009/06/15]


2009年6月

2009年5月

2009年4月

2009年3月

2009年2月

2009年1月

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

本日の一品タイトルGIF
新型iPodは、写真が、ビデオが、超た〜のしい!

これが新型iPodのパッケージ。コンパクトで邪魔にならない

付属品はCD-ROM、Dockコネクタ(USB 2.0ケーブル用)、アップル製イヤホン、Dockアダプタ、オリジナルケースとなっている
 久しぶりに快晴の日曜日、アレが届いた。ダンボール箱を開け、クッションを取り除く。相変わらず、ここの製品はパッケージがクールだ。封を切る。中から出てきたのは黒光した小さな物体。そう。新しいビデオ対応のiPodが届いたのであった。

 実は当初、白が欲しかったのだが、ウカウカしていたら軒並み売り切れに。やむなく黒にした感が強いのだが、実際見てみると「いいじゃん黒!」という光沢ぶり。いきなり指紋ベタベタなのは少々難儀だが、化粧直しにも使えるかというほどに仕上げられた背面も、これまでのモデル同様に健在。実に満足のいく外観である。

 コンピュータに接続せずに早速電源を投入すると、現われたのは26万色以上を表示できるというカラー液晶。そういえば初代はモノクロだった……と新たな感動にむせぶ筆者。なにはさておき付属のCD-ROMをセットし、最新のiTunesおよびiPodソフトウェアをインストールする。あとは付属のケーブルを使ってコンピュータのUSBポートに接続。コンピュータがiPodを認識し、iTunesが起動し、あとはお任せの自動更新だ。

 すると、あらかじめ写真も同期する設定にしていたせいか、「写真をiPodに最適化中」といって5,300枚に及ぶ写真データを転送しはじめた。しかし時間がかかりそうだったので、一旦スキップして後で挑戦することに。するとこれまで保存していた曲が次々とiPodに転送されていった。

 曲のシンクロが終われば、やはり肝心のビデオ再生機能が気になる。やはりまずiTunes Music Store(iTMS)でミュージックビデオを購入するしか! というわけで、早速iTMSにアクセス。まだまだ十分とはいえないものの、最新のビデオからクラシックまで順次追加されているようだ。とりあえず記念すべき第1号は、テレビCMでもおなじみのU2の「Vertigo」。すかさずiPodを接続。メニューから「ミュージックビデオ」を選んで、買ったばかりの「Vertigo」を再生。……楽しい!! 楽しすぎる!! 手のひらの中でミュージックビデオというのは良いものだ。願わくばこれで英会話の勉強などできないものか。すでにビデオiPod用に提供されはじめたものもあるようだが、さらに充実させていただきたいところ。


液晶は直射日光が当たっても見やすい
 ちなみに動画フォーマットだが、仕様によれば対応ファイル形式はH.264/M4V/MP4/MOV形式とのことで、残念ながらデジタルカメラ付属の録画機能で記録したオリジナルのMPEG-1ファイルや、キャプチャーツールで録画したMPEG-2ファイルを転送することはできなかった。どうしても持ち歩きたい動画がある場合は前述の形式に変換する必要がある。「QuickTime 7 Pro」などを使用するといいだろう。

 また、写真の同期だが、設定は[iPod オプション]の[写真]で行なう。筆者のWindows環境では「Photoshop Album」「My Picture」「フォルダを選択」のいずれかが同期対象として選択できるようになっていた。このときデフォルト設定が「Photoshop Album」になっていたため、アルバムに登録していた膨大なファイルを転送しようとしたらしい。こちらも特定のフォルダに限定して再転送を試みた。

 これでしょーもない宴会写真などを大量に突っ込んで、知人に見せびらかすことができる。思い出写真の携帯アルバム化もいいが、欲しいものリスト代わりに画像データを転送し、確認しながら買い物なんてことも可能かもしれない。

 さてさて。つつけばつつくほど遊び甲斐のありそうな新型iPod。しかしiTMSのミュージックビデオのコーナーは今後要注意だ。自分でビデオを作成して保存しようとしない限り、手を出し続けてしまうに違いない。危ない。というか、やっぱり好きな動画携帯するにはQuickTime 7 Pro for Windowsにして……と考えたのでライセンスを買ってしまいました。それにボディに傷がつかないように早くなんとかせねば。ここはやはりシールとケースか? と早くも検索を始めてしまいました。

 気のせいか、iPodが軽くなるほど財布も軽くような。またしても新たな地獄の扉が開かれたような気がしているのであった。


初代iPod(筆者所有のモデルは10GB版)と比較すると45%のサイズダウン。にも関わらず、容量は3倍の30GB! しかもバッテリーは10時間から14時間に延長。仕様の詳細はサイトで確認していただきたい iPodロゴ入りのオリジナルポーチが付属

カラーで見やすい設定画面。モノクロも嫌いじゃなかったが、こんなキレイなカラー液晶に見慣れてしまうと…… 残念ながら「Vertigo」の画面はお見せできないが、こちらは音楽とともに十分楽しめる画質となっている。代わりに昔デジタルカメラで撮影したMPEG-1ムービーを「QuickTime 7 Pro for Windows」でm4v形式に変換してみたところ問題なく再生された

品名 発売元 購入価格 購入場所
iPod 30GB(USB) ブラック
MA146J/A
アップルコンピュータ 34,800円 ヨドバシ・ドットコム



URL
  製品情報
  http://www.apple.com/jp/ipod/ipod.html


(すずまり)
2005/10/25 10:44

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2005 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.