ケータイ Watch
連載バックナンバー
Bluetoothで音楽を飛ばして楽しむ。ヤマハ「NX-B02」
[2009/06/26]

サンワサプライのWeb限定商品「Miniトラックボールマウス」
[2009/06/25]

コンパクトな光学ディスク専用プリンター「CW-E60」
[2009/06/24]

長すぎるマウスケーブルをがっちり固定「マウスアンカー」
[2009/06/23]

ポートの見分けやすさはピカイチ「表彰台USBハブ」
[2009/06/22]

ずっと使いたいカメラケースはオーダーメイドで
[2009/06/19]

クリック専用デバイス? 指先で使う超小型トラックボール
[2009/06/18]

「光センサースイッチ」で暗いときに電源をオン!
[2009/06/17]

天井と壁面、どちらにも取り付けられるロジテックのLANカメラ
[2009/06/16]

サルでも使える? amadanaのポケットビデオカメラ「SAL」
[2009/06/15]


2009年6月

2009年5月

2009年4月

2009年3月

2009年2月

2009年1月

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

本日の一品タイトルGIF
iPodの操作が上面ボタンで快適に! 「iTop」

iTop本体。iPod本体に直付けするデザイン
 初めてこの「iTop」を見た時、その存在価値をいまいち理解することができず、頭の中が「???」でいっぱいになった。一応リモコンと呼べるジャンルの製品でありながら、iPodの本体直付けという特異なデザイン。しかも本製品で行なえる操作といえば、クリックホイールで実現している操作のほんの一部分のみ。単にiPodの上部にボタンがついたに過ぎず、本当にこんな製品でiPodの使い勝手がよくなるのか? と疑問に思った。

 しかし、その評価は実際に使ってみて一変した。ポケットにiPodを入れたまま、上部ボタンで再生/停止、早送り/巻き戻しといった各種操作が行なえるのは、予想をはるかに上回る快適さをもたらしてくれたのだ。iPodをポケットに入れて使うスタイルが前提となるものの、操作ボタンの位置を上面に持ってきただけで操作性が激変したことに、素直に驚かされた筆者であった。

 本製品最大のメリットは、曲のスキップや再生/停止よりも、周囲の環境に応じて音量を小刻みにコントロールできる点にあると思われる。例えば、騒音の大きい電車内と、比較的静かな路地裏を歩いている場合では、ヘッドホンから流れてくる音量は変えざるを得ない。そんな場合でも、わざわざiPodを取り出さずに、上面のボタンだけで簡単に音量調整ができるのだ。ヘッドホン自体に音量調節機能がついた製品もあるが、周りの音に応じて頻繁に音量調整をしている場合は、本製品を利用するというのも、また1つの解決方法だ。

 もちろん、任意のプレイリストを呼び出したり、曲名確認のために液晶を見る場合はiPod本体を取り出さなくてはならないが、日常操作のほとんどにおいてiPod本体をポケットから取り出す必要がなくなるのは大きい。iPodをポケットに入れて使っている人には是非試してもらいたい便利アイテムだ。


リモコン端子に差し込むことで、iPodの上面に取り付けて使用する 第3〜4世代のiPodに対応する。製品の幅はiPodと同じ

左から音量の大小、一時停止/再生、早送り、巻き戻しボタンが並ぶ。右はホールドボタンとイヤホン端子 胸ポケットにiPodを入れたまま、スキップや一時停止、音量調整が可能

品名 発売元 購入価格
iTop アスク 3,980円



URL
  製品情報
  http://www.ask-corp.jp/products/XX334.html


(kizuki)
2006/01/19 10:38

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.