ケータイ Watch
連載バックナンバー
Bluetoothで音楽を飛ばして楽しむ。ヤマハ「NX-B02」
[2009/06/26]

サンワサプライのWeb限定商品「Miniトラックボールマウス」
[2009/06/25]

コンパクトな光学ディスク専用プリンター「CW-E60」
[2009/06/24]

長すぎるマウスケーブルをがっちり固定「マウスアンカー」
[2009/06/23]

ポートの見分けやすさはピカイチ「表彰台USBハブ」
[2009/06/22]

ずっと使いたいカメラケースはオーダーメイドで
[2009/06/19]

クリック専用デバイス? 指先で使う超小型トラックボール
[2009/06/18]

「光センサースイッチ」で暗いときに電源をオン!
[2009/06/17]

天井と壁面、どちらにも取り付けられるロジテックのLANカメラ
[2009/06/16]

サルでも使える? amadanaのポケットビデオカメラ「SAL」
[2009/06/15]


2009年6月

2009年5月

2009年4月

2009年3月

2009年2月

2009年1月

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

本日の一品タイトルGIF
USBメモリみたいな超小型ハードディスク「USBギガメモリ」

製品パッケージと本体。今回試用したブルーシルバーのほかにブラックもラインナップされている
 USBメモリの大容量化が進み、1GBは当たり前、2GBも珍しくないという今日この頃。だが、そのひとつ上の容量帯、4〜20GBの範囲は、USBメモリやハードディスクも含め、決め手になるストレージが存在しないのが現状だ。

 例えば、DVDのマスターデータを別のパソコンにコピーしたい場合、ネットワーク経由では重過ぎるし、USBフラッシュメモリは割高だ。かといって、USBの外付けハードディスクを持ち歩くのは大げさすぎる。現実的には40〜80GBクラスのポータブルハードディスクを用いるのがベターだが、ドライブが2.5インチということもあり、USBメモリに比べると持ち運びにかさばるサイズとなってしまう。

 エレコムの「USBギガメモリ」は、ちょうどこれらの間を埋める、容量4GBのストレージだ。0.85インチのハードディスクを内蔵しているので、USBフラッシュメモリではなく、正確にはUSBポート直結の超小型ハードディスクということになる。デザインもスタイリッシュで質感も高く、物欲をそそる一品である。

 4GBのUSBメモリが実売5〜7万円ほどするのに比べ、本製品は2万円台で購入できるので、コストパフォーマンスは高い。筐体は一般的なUSBメモリよりは太くゴツいが、ポータブルハードディスクに比べると1/10以下の体積で持ち運べることになる。価格・容量・サイズいずれを取っても、既存製品とは競合しないユニークな製品だ。

 本来なら、もうひとつ上のクラス、つまり6GBや8GBといった容量帯のラインナップを期待したいところだが、本製品は本稿執筆時点で限定製品としてアナウンスされてしまっている。このままラインナップ自体がなくなるのか、リニューアルされるのかは不明だが、10GB前後のコンパクトかつリーズナブルなストレージが決め手に欠ける現在、今後のさらなる展開に期待したいところだ。


キャップをはずした状態。本体後部のホールにはストラップが取り付け可能 サイズはライター並み。適度に手になじむ重量感がある

0.85インチのハードディスクドライブを内蔵しているため、一般的なUSBメモリに比べるとやや大柄 USBポートに装着したところ。コネクタの配置上、左右にUSBポートがある場合はやや干渉しやすい

製品名 発売元 購入価格
USBギガメモリ「MF-DU204GBS」 エレコム 26,800円



URL
  製品情報
  http://www2.elecom.co.jp/data-media/usb-flash/mf-du204g/


(kizuki)
2006/09/19 11:10

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.