ケータイ Watch
連載バックナンバー
Bluetoothで音楽を飛ばして楽しむ。ヤマハ「NX-B02」
[2009/06/26]

サンワサプライのWeb限定商品「Miniトラックボールマウス」
[2009/06/25]

コンパクトな光学ディスク専用プリンター「CW-E60」
[2009/06/24]

長すぎるマウスケーブルをがっちり固定「マウスアンカー」
[2009/06/23]

ポートの見分けやすさはピカイチ「表彰台USBハブ」
[2009/06/22]

ずっと使いたいカメラケースはオーダーメイドで
[2009/06/19]

クリック専用デバイス? 指先で使う超小型トラックボール
[2009/06/18]

「光センサースイッチ」で暗いときに電源をオン!
[2009/06/17]

天井と壁面、どちらにも取り付けられるロジテックのLANカメラ
[2009/06/16]

サルでも使える? amadanaのポケットビデオカメラ「SAL」
[2009/06/15]


2009年6月

2009年5月

2009年4月

2009年3月

2009年2月

2009年1月

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

本日の一品タイトルGIF
変色したアクセサリーを「シルバーキラッシュ」で磨く!

ユニークなネーミングでおなじみの小林製薬の「シルバーキラッシュ」
 人並みにアクセサリーなど身につけているのだが、いざ使おうとしてびっくりするのはシルバーである。購入当初は涼しげなきらめきで魅了してくれていたのに、久々に見るそれらのその変貌ぶりたるや、学生時代の筆者と現在の筆者ほどの差!(誰もわかりませんね)。

 激しく太っちゃった……もとい、激しく黄ばみ、黒ずんでしまっているのだ。これらの原因は、空気中の硫化水素や亜硫酸ガスと銀が化合してできる硫化銀の皮膜によるものだとか。つまり、空気に触れている間は防ぎようがない変化らしい。さらに手で触れずに晒しっぱなしなため、取れる皮膜も取れなくなってしまうのだろう。特に硫黄系の温泉などは、湯につけずとも現地に持ち込むだけであっという間に変色するというから要注意なのだ。

 そんなメンテナンスに手間のかかるシルバーだが、やはりその輝きは魅力的。「あの日の輝きをぜひ取り戻したい!!」とばかりに買ってきたのが「シルバーキラッシュ」である。シルバーキラッシュは、超微粒子の研磨剤とツヤ出し剤が配合されたツヤ出し用のシートで、24金を除く銀、プラチナ製品に使え、アクセサリーだけでなく、ベルトや時計、メガネフレームなどにも活用できるという。使い方は簡単。これで“拭くだけ”。

 さっそく1枚取り出して指輪の表面をひと拭きしてみたところ、面白いように黒ずみが落ちた。効果がはっきりわかる単純作業が大好きなため、一瞬にして拭き掃除のとりこに。夢中になってしまい、気が付いたら自分の手が真っ黒になっていたほどだ。

 3枚をフルに使ってせっせと磨いた結果、かなり輝きを取り戻せたような気がする。ネックレスのチェーンは細かいため、あくまでも表面的なものに過ぎないが、拭く前に比べたら身につけて出歩けるレベルにはなったと思われる。もっと磨く対象はないか!! と探してみたが、あいにくシルバーキラッシュのほうがボロボロになり断念した。

 ひと仕事を終えたような、軽い達成感、充足感に満ちつつも、放置しっぱなしだったことを反省した。変色しがちなシルバー製品は、空気に触れないよう、密閉パックに入れておくことが長持ちさせるコツらしい。

 とりあえず、当分はシルバーキラッシュのお世話になりながら、輝きを楽しんでみたい。と同時に、かつての自分を取り戻すための「自分磨き」に関しては、現在方法を検討中。やはり現在巷でウワサの「入隊」しかないのだろうか。毎夜ケーブルテレビで見かけるタレ目の“彼”の視線が妙に熱い。いや、熱いのはこちらの視線か……。


みがきシートは3枚入り。1枚で指輪2〜3個は磨けるという これが拙宅の哀れなシルバーたち……。冗談抜きでこんな色になっていたから恐ろしい せっせと磨いた結果、かつての面影を95%ほど取り戻したような気がするシルバーアクセたち。複雑な形状なため、隙間がなかなか難しかった。スティック状のシルバーキラッシュがあるとうれしいかも

どの程度差が出るのか、同じく変色したバングルで改めて実験。磨いたところと変色した箇所が明らかに! 明確に現れるその成果は実に気持ちよい アクセサリーの復活とは反比例して、無残な姿に変貌したシルバーキラッシュ。しかしその功績は偉大であった。もう1セット購入してさらに磨いてみたい

商品名 発売元 購入価格 購入場所
シルバーキラッシュ 小林製薬 299円 クイーンズドラッグ



URL
  商品情報
  http://www.kobayashi.co.jp/seihin/sks/


(すずまり)
2007/06/07 10:32

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.