ケータイ Watch
連載バックナンバー
Bluetoothで音楽を飛ばして楽しむ。ヤマハ「NX-B02」
[2009/06/26]

サンワサプライのWeb限定商品「Miniトラックボールマウス」
[2009/06/25]

コンパクトな光学ディスク専用プリンター「CW-E60」
[2009/06/24]

長すぎるマウスケーブルをがっちり固定「マウスアンカー」
[2009/06/23]

ポートの見分けやすさはピカイチ「表彰台USBハブ」
[2009/06/22]

ずっと使いたいカメラケースはオーダーメイドで
[2009/06/19]

クリック専用デバイス? 指先で使う超小型トラックボール
[2009/06/18]

「光センサースイッチ」で暗いときに電源をオン!
[2009/06/17]

天井と壁面、どちらにも取り付けられるロジテックのLANカメラ
[2009/06/16]

サルでも使える? amadanaのポケットビデオカメラ「SAL」
[2009/06/15]


2009年6月

2009年5月

2009年4月

2009年3月

2009年2月

2009年1月

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

本日の一品タイトルGIF
ケータイやモバイル機器を充電できるコンパクトな電源ユニット

ポケパワー BQ-600K/F
 ケータイをはじめとするモバイル機器は、その名の通り、移動中や外出先など、いろいろなところで利用できるが、これらの機器を動作させるには当然、電源が必要になる。そのため、モバイル機器にはバッテリーが内蔵されていたり、電池を装着できるようになっているが、本体に内蔵された電源だけでは事足りないといったことが起きてくる。

 そこで、モバイル製品に付属するACアダプタを持ち歩いたりするわけだが、持ち歩く機器が増えてくると、いくつもACアダプタを持ち歩くハメになってしまう。何とか、可能な範囲で複数のモバイル機器を充電できるものはないだろうか……。

 そんなニーズに応えてくれるのが松下電器の「USBモバイル電源 Pocket Power(ポケパワー)」だ。ポケパワーは本体に単3ニッケル水素電池2本を内蔵できる電源ユニットで、パッケージには2,000mAhの単3ニッケル水素電池が付属する。本体はケータイの卓上ホルダに似た専用充電台に載せることで充電ができるため、単3ニッケル水素電池を取りはずし、デジタルカメラやオーディオ機器に装着して利用することが可能だ。ちなみに、専用充電台は電圧がAC100〜240Vに対応しているため、海外でも利用できる。

 また、本体の右側面にはUSBポートを備えている。付属のUSB充電ケーブルを接続し、ケータイと接続すれば、本体に内蔵されている単3ニッケル水素電池を使って、ケータイを充電することも可能だ。今回、筆者が購入した「BQ-600K/F」という型番のパッケージには、FOMAとソフトバンク3Gに共通したコネクター付きの充電ケーブルが付属されていたが、auのCDMA 1X/1X WIN用共通コネクター付きのパッケージも販売されている。パッケージの表記によれば、ケータイ型のコネクタはいずれも純正品と同じものを採用しているという。


パッケージには単3ニッケル水素電池2本を含む本体、専用充電台、USB-携帯コネクタ変換コード、電源ケーブルが含まれる。USBケーブルの長さはコネクタ部分を含まずに約20cmと短め。ニッケル水素充電池は「HHR-3MPS」という型番の2000mAhのもの 付属の単3ニッケル水素電池2本を装着し、本体を専用充電台で充電。卓上ホルダやクレイドルのようなスタイルなので、扱いやすい。付属の単3ニッケル水素電池(HHR-3MPS)は約240分でフル充電できる

 ポケパワーのUSBポートは、ケータイだけでなく、他のUSB給電による充電に対応した機器にも利用できる。別途、それぞれの機器に対応したUSBケーブルは必要になるが、iPodなどの音楽プレーヤーをはじめ、スマートフォンやBluetoothヘッドセット、Bluetooth対応GPSモジュールなど、さまざまな機器がUSB給電による充電に対応しているため、かなり利用範囲は広い。

 もし、付属の単3ニッケル水素電池が放電してしまったときは、ポケパワー本体にアルカリ電池やオキシライド電池を装着することで、USBポートから他の機器の充電をすることもできる。このとき、ポケパワーは本体に装着された電池の種類を判別し、自動的に出力を切り替える機能が搭載されているため、ケータイやモバイル機器のバッテリーを傷めないように充電できる。

 実際に、ケータイを充電するときに掛かる時間だが、付属のニッケル水素電池を利用したときは約70分間、連続的に給電される仕様となっている。今回は「P903iX HIGH-SPEED」で試してみたが、端末が起動しない状態から充電を開始して、約20分後には端末の電池残量の目盛りは2つになり、その後も継続して、ポケパワーを接続しておくと、端末の電池残量の目盛りがフルになっていた。

 ケータイをはじめとする、モバイル機器を充電できる機器もいろいろな種類があるが、ポケパワーはUSBポート経由と単3ニッケル水素電池という2つの手段を用意することで、複数のモバイル機器を充電できるのが特徴だ。バッテリー残量が不安なユーザーだけでなく、旅行などに複数のモバイル機器を持っていくユーザーにもおすすめできる製品だ。


ケータイは付属のUSB充電ケーブルで充電する。付属のニッケル水素電池の場合、約70分間の連続出力が行なわれる。欲を言えば、ケーブルをたばねて、格納できるようにして欲しかったところ 本体右側面に装備されたUSBポートにケーブルを接続して、ケータイや他のモバイル機器を充電する

※純正品以外での充電は、各製品における保証の対象外となります。皆様の自己責任において、ご利用ください。

製品名 発売元 購入価格 購入場所
ポケパワー BQ-600K/F 松下電器産業 3,980円 ヨドバシカメラ



URL
  製品情報
  http://ctlg.national.jp/product/lineup.do?pg=03&scd=00005544
  対応機種一覧
  http://national.jp/product/conveni/battery/pocketpower/conform/

関連記事
松下、USBによるモバイル機器向け充電装置


(法林岳之)
2007/09/18 10:39

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.