ケータイ Watch
連載バックナンバー
Bluetoothで音楽を飛ばして楽しむ。ヤマハ「NX-B02」
[2009/06/26]

サンワサプライのWeb限定商品「Miniトラックボールマウス」
[2009/06/25]

コンパクトな光学ディスク専用プリンター「CW-E60」
[2009/06/24]

長すぎるマウスケーブルをがっちり固定「マウスアンカー」
[2009/06/23]

ポートの見分けやすさはピカイチ「表彰台USBハブ」
[2009/06/22]

ずっと使いたいカメラケースはオーダーメイドで
[2009/06/19]

クリック専用デバイス? 指先で使う超小型トラックボール
[2009/06/18]

「光センサースイッチ」で暗いときに電源をオン!
[2009/06/17]

天井と壁面、どちらにも取り付けられるロジテックのLANカメラ
[2009/06/16]

サルでも使える? amadanaのポケットビデオカメラ「SAL」
[2009/06/15]


2009年6月

2009年5月

2009年4月

2009年3月

2009年2月

2009年1月

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

本日の一品タイトルGIF
ペットボトルに氷を入れたい方へ「ペットボトル用アイストレー」

とても分かりやすい「ペットボトル用アイストレー」
 これから暑くなる。できればリーズナボーに冷えたドリンクを携帯したいのだ。となると、いっぱしの庶民ならおでかけ前に水を入れたボトルを冷凍庫に入れて半分凍らせてしまうなんて芸当は朝飯前だ。1本分のドリンク代が節約できるし、しばらくはヒエヒエのドリンクが飲めるのだからやめられない。しかし凍結専用のボトルでなければ安全性に問題があることは容易に想像できる。ましてやカチンコチンなどかなり危険。また、凍らせるには時間がかかるため、急いででかけたいときには難しい。

 そこで氷を入れてみたくなるわけだ。しかし、サイズが合わず断念した方もいらっしゃるだろう。考えてみれば、小・中学生時代にも、水筒に氷を入れたくて、半分溶かしながら無理やりねじ込んだり、氷を袋に入れてクラッシュさせたりといった苦労があった。しかしもうこれさえあればOK! その名も「ペットボトル用アイストレー」だ。

 「ペットボトル用アイストレー」は水を入れるとペットボトルの口にすっぽり入る円柱の氷が一度に10本作れるアイストレー。もう名前そのまんまだ。穴の開いていないトレイに水を注ぎいれ、穴が開いた方で蓋をしたら冷凍庫に入れるだけ。

 取り出した氷の直径は約1.8cm。おかげでスルリと氷が入る入る! 冷凍庫内での積み重ねも可能なため、たっぷり作りたい方にもうれしい設計である。これなら急なお出かけでも冷たいドリンクを携帯できるというわけだ。ペットボトルカバーも使えばさらに携帯しやすくなる。もちろんスタンダードに正真正銘の水筒用として使ってもいい。

 円柱という形を利用して、何か料理に利用できないかと考えてみたのだが、「冷たい=そうめん」という図式しか頭に浮かばなかった自分の乏しい発想力のために、冷えたペットボトル飲料でこっそり乾杯しようと思った。


トレイ 受け皿とフタになっている

水を入れて凍らせてみた様子 ペットボトルに入れてみる!

350mlのボトルでもすっぽり入るサイズ ペットボトル用のカバーをすれば、水滴も防げる上に保冷もできてばっちり!写真は筆者お気に入りのカバー「B-FITS」。350ml〜500mlに対応する

商品名 発売元 購入価格
ペットボトル用アイストレー モンパル 399円



(すずまり)
2008/06/23 11:02

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.